足のしびれを感じたら疑うべき7つの病気とは

足のしびれを感じたら疑うべき7つの病気とは
足のしびれという神経症状にお悩みの方多いですよね、足のしびれは痛みほどに生活に支障をきたさない症状であるため、放置されることが多いのですが、重大な病気の前兆症状であることがあるため、早めの受診をお勧めします。

足のしびれがいつどのようにでるのか、そしてどのくらいの時間続くのかなど、しびれに関しての情報を記憶しておくといいでしょう。片側の足だけがしびれるなどの特異な症状も、潜んでいる病気を予想するための大切なポイントです。そこで今日は足のしびれを感じたら疑うべき7つの病気についてお伝えします。



 

足のしびれを感じたら
疑うべき7つの病気とは

 

片側の足先のしびれ


片側の足先のしびれで疑われる代表的な病気は脳梗塞です。脳梗塞とは、脳内の血管が詰まったり、血流が滞って脳細胞が壊死してしまうなどの恐ろしい病気です。脳梗塞の場合は足のしびれとともに、言語障害などの症状も出るといいます。

また、しびれた足と同じ方の手も同時にしびれるという症状もあります。片側の手足が同時にしびれた時は、すぐに受診してください。脳内の梗塞している個所によって、しびれの症状が出る側が右か左かが変わります。

 

パニック障害の前兆症状


「パニック障害」とは原因不明のパニックを突然起こす病気です。ある日突然心臓が苦しくなったり、汗が止まらなくなったりする症状があらわれ、不安に襲われ受診するも病院につくと症状が治まっているといいます。

その症状を何度も繰り返すうちに、怖くなって外に出られなくなるなどの苦痛を抱えていくのです。精神的な原因が考えられますが、そうではなく先天性の病気であるとも言われていますが、現段階では原因不明の病気と言えるでしょう。

パニック障害の前兆症状として、身体が震えたり手足のしびれがあります。検査をしても原因解明できない医師が多く、受診を避けて家にこもる患者が多いのですが、パニック障害の可能性を伝えてきちんと治療した方がいいでしょう。

 

ヘルニアで足の神経を圧迫


背骨の間にある椎間板に亀裂が生じるなどして、神経が圧迫されるなどしてしびれの症状が出る場合があります。椎間板ヘルニアになると「ビリビリと電撃が走るような」足のしびれが起こります。

座っている時や前かがみの時に足のしびれが強くなるため、日常生活にも支障が出ます。ヘルニアは病床経過によっては何年も治療を続けなくてはならないため、良いカイロに巡り合えることが最善策と言えます。病院が「合わないな…」と感じたら、早めに転院する勇気も必要です。

 

喫煙者はバージャー病に注意


バージャー病とは、血管内部の炎症によって血流が滞る病気のことです。大抵は足に発症するのですが、発症原因は不明と言われています。喫煙者にバージャー病患者が多いことから、喫煙も無関係ではないと思われています。

「片方の足だけしびれを感じる。」「冷たさを感じる。」などの症状を感じたら、放置せずに早期発見を目指して受診するといいでしょう。バージャー病を放置すると、炎症の起こった血管が細くなり、益々血流が悪くなります。

進行する前に発見し、治療することで重症化を防げる病気です。喫煙者は喫煙をやめるか控えることで、症状の緩和が見込めます。

 

糖尿病で足がしびれる!?


糖尿病の症状を長く放っておくと、「糖尿病性神経障害」になります。これは、糖尿病に併発する合併症で、末端の神経に痛みやしびれの症状が出ることを指します。悪い生活習慣によって、こう言った合併症は進行を早めるため、生活習慣の改善をするといいでしょう。

飲酒や喫煙も当然、糖尿病の悪化を促進するため、出来るならばやめましょう。糖尿病で足のしびれなどの症状がでたら、神経障害の進行障害を調べるためにも、早めに受診して医師に相談することをおすすめします。

 

動脈硬化の足のしびれ


動脈硬化が進行すると、末端部分のしびれ症状があらわれます。足首などの脈が正常に測れるかをチェックし、脈がとれなかったり弱かったりする時は閉塞性動脈硬化症と思われます。

動脈硬化による足のしびれはバイパス手術などを適切にすることによって解消されます。動脈硬化は進行すると様々な恐ろしい病気に発展するため、生活習慣を改善するなどして早めに治療を進めるべきです。

 

坐骨神経痛で痛む部位


坐骨神経痛とは、お尻から足の後ろ部分全体がしびれる症状を指します。坐骨神経痛には症状の頻度や痛み具合やしびれる範囲に個人差があります。坐骨神経痛で足のしびれなどの症状が酷い時は、コルセットをつけるなどの処置が施されます。

薬を飲む治療法もありますが、副作用に注意が必要です。受診する時は、足のしびれの時間帯や個所をきちんと伝えるようにしましょう。

 

さて、足のしびれが止まらない時に疑われる病気について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。足のしびれ自体は生活に支障のない程度のものもあるのですが、重大な病気の前触れとしてしびれが出ている場合が多いため、無視せずにきちんと受診することをお勧めします。深刻な病気であっても、早期発見することによって重大な事態を避けることができるからです。

 

今日のまとめ

足のしびれを感じたら疑うべき7つの病気とは

・片側の足先のしびれ(脳梗塞)
・パニック障害の前兆症状
・ヘルニアで足の神経を圧迫
・喫煙者はバージャー病に注意
・糖尿病で足がしびれる!?
・動脈硬化の足のしびれ(閉塞性動脈硬化症)
・坐骨神経痛で痛む部位

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c