股関節痛はストレッチで解決!根本から改善する方法

股関節痛はストレッチで解決!根本から改善する方法

股関節痛はストレッチで治しましょう。子供を産んでから、股関節が痛むようになった。思いっきり走りたいけれども、股関節が痛んで仕方ない。あぐらをかくと、股関節が外れてしまいそうになる。

あまり周りには言えないけれど、股関節に悩みを抱える人は少なくはありません。股関節が痛むと、歩くことにも走ることにも、座ることにも不具合を感じます。そのため、放っておいてはいけない痛みです。

そこで今回は、大きな声では言いたくないけれど、深刻な身体の不調の1つである「股関節の痛み」の改善法についてお伝えします。自宅でできる股関節痛のストレッチなので、出産後の股関節痛でも、今すぐに取り組めます。

そのままにしておいても、痛みが緩和されることはありません!正しい股関節痛のストレッチ方法で、毎日コツコツときちんと股関節痛のストレッチをこなしていくことが、何よりも大切です。

[ 続きを読む… ]

オフィスでこっそりできる7つの肩こり解消ストレッチ

オフィスでこっそりできる7つの肩こり解消ストレッチ

肩こりはとても多くの方が悩んでいますよね。特に女性は10人に1人は肩こりに悩まされているといいます。肩こりというのは、後頭部から肩および肩甲部にかけての筋肉の緊張を中心とする違和感や鈍痛などの症状を伴う言わば病気のようなもの。

肩こりを放っておくと頭痛や吐き気、めまいなどの症状が出てきたり中には変形性頚椎症や頚部椎間板ヘルニアなどの病気が潜んでいたりと油断は禁物です。

そこで今日は、そんな肩こりをオフィスでも簡単に予防・改善できる簡単なストレッチを紹介します。どのストレッチも5ステップ以内でできる簡単なものばかりなので凝ってるなと思ったらぜひチャレンジしてみてください。

[ 続きを読む… ]

広背筋の筋トレで猫背を治して美しい体になる5つの方法

広背筋の筋トレで猫背を治して美しい体になる5つの方法

一般的によく言われている“猫背”ですが、見た目にもあまり綺麗ではありませんし、背中が丸まっていると肩が内側に入り、呼吸が浅くなったり、そのせいで酸素が脳にうまく回らずに頭が働かなくなったり、うまく血液が循環せずになんとなく全身がだるくなったりと、良くないことずくしです。

これを防ぐためには、背中の筋肉の大部分を占める“広背筋”をトレーニングする必要があります。広背筋を鍛えると背中をまっすぐにたもつ筋力がつくため、猫背が治ります。姿勢が良くなることではじめて、体の機能が正常に働くので、猫背を直すだけで体が美しくなります。

今日は、広背筋の筋トレで猫背を治して美しい体になる5つの方法をお伝えします。どれも簡単な方法ですので、ぜひお試しください!

[ 続きを読む… ]

股関節の痛みにストレッチ☆効果テキメンのポーズ7選

股関節の痛みにストレッチ☆効果テキメンのポーズ7選

日常の動作の中で、股関節に痛みを感じることはありませんか?なんとなく人に言いづらい場所ですし、腰痛ほど取り上げられることもない為に知られていませんが、実は、股関節に痛みを感じている方というのは、とても沢山いるのです。

そんな股関節の痛みの原因として一番主に考えられる場所は、腸腰筋という筋肉です。腸腰筋は腰のあたりにあるインナーマッスルで、背骨から大腿骨にかけて上半身と下半身を繋いでいる唯一の筋肉です。

この腸腰筋をほぐすことをメインとしたストレッチを行うと、股関節の柔軟性が出て、股関節の痛みを解消することができます。ちょっとしたストレッチで効果テキメンですので、あなたの股関節の痛み、スッキリと解消するポーズを7つ、ご紹介いたします。

[ 続きを読む… ]

入浴中にできる、便秘解消に効く7つのストレッチ

入浴中にできる、便秘解消に効く7つのストレッチ

入浴中は体が温まりやすく、血行も良くなっているので、ストレッチを行うのにはこの上ないタイミングです。また、身も心もリラックスしている状態は、体のコリをほぐすためには非常に重要で、その効果にも大きく影響してきます。

便秘解消のためのストレッチには2つのポイントがあります。まずは腹筋を刺激して直接腸に作用するストレッチ。腹筋は骨格筋の一部で、自らの意思で動かすことができる筋肉です。

腹筋を鍛えることで、腸の動きを外側からサポートします。ふたつめは全身の血行を良くすることで腸の働きを促したり、自律神経を整えて腸の働きを正常なものにする便秘解消にとても有効なストレッチです。

消化器官の筋肉は平滑筋といって、自らの意思で動かすことのできない筋肉からなります。この平滑筋を動かすのは自律神経です。便秘解消と自律神経はとても密接な関係にあるのです。では、これら2つのポイントから便秘解消に効く7つのストレッチをお伝えします。

[ 続きを読む… ]