腸内デトックスを正しく行って健康を取り戻す5つの方法

腸内デトックスを正しく行って健康を取り戻す5つの方法

腸内デトックスとは、腸内にたまった老廃物や毒素を排出し、腸内環境をよくすることです。食の欧米化、野菜不足、便秘などで私たちの腸内環境はボロボロ。

腸内デトックスを行わないでいると、腸内には悪玉菌が増え善玉菌はどんどん減っていってしまいます。すると、便秘や下痢の症状が悪化、消化吸収などの私たちの生命活動の要の部分にも悪影響を及ぼします。

「最近、便秘気味だなあ」「外食ばかりで野菜が不足気味だなあ」という方、ぜひ今日から腸内デトックスを始めてください。

ここでは、腸内デトックスを正しく行って健康を取り戻す5つの方法をお伝えします。どの方法も日常生活の中で簡単に行えるので、今日からすぐに始めることができます。



 

腸内デトックスを正しく行って
健康を取り戻す5つの方法

 

食物繊維を食べて便秘を解消しましょう。


腸内デトックスで最も大切なことは、腸内に余分な便をためないこと!便秘は、腸内の悪玉菌を増やし腸内環境を悪化させます。

とはいっても、便秘の解消はなかなか難しいものですよね。便秘解消には食物繊維を摂取することがおすすめです。食物繊維は胃で消化されないため、腸まで届き便の通りを良くしてくれます。

食物繊維は野菜や果物に多く含まれています。毎日、食べましょう。特にごぼうなどの根菜類がおすすめですよ。

ただし、食物繊維の食べすぎには注意してくださいね。また、食物繊維が大腸検査の妨げになってしまうことがあります。大腸検査前には食物繊維の摂取は控えめにしてください。

 

腸のスイッチを入れるために、起床後にコップ一杯のお水を飲みましょう。


睡眠中、休んでいるのは脳だけではありません。内臓も休んでいます。そして脳同様、起き抜けには内臓もいまいちぴりっとしていない状態です。

朝の便通がないという方、腸がまだ働き始めていませんよ。起床後、コップ一杯のお水を飲んで内臓のスイッチを入れましょう。

冷たいお水がおすすめですが、お腹をこわしやすい方は白湯がよいですよ。また、頑固な便秘に悩んでいる方はお水に1滴、にがりを垂らしてみてください。

朝食前に内臓のスイッチを入れておくことで、胃や腸の朝食の受け入れ態勢が整い、消化吸収・便通がスムーズになります。胃もたれや便秘・下痢などによる腸内環境の悪化がおきにくくなりますよ。

 

腹式呼吸で腸に刺激を与えましょう。


腸内デトックスといえば、食べ物や飲み物を気を付ける方が多いですが、実は外部からの刺激も腸内デトックスには大切です。

このような経験はありませんか。久しぶりに運動をしたら急にお腹が痛くなった、1週間ぶりの便通がきた、ということ。これは体を動かすことで、便を押し出す働きを止めていた腸が刺激されたため。

このように、外部からの刺激で腸の働きが活性化します。便秘気味の方、体を動かしましょう。特に腸を覆っている腹筋を動かすのが効果的です。運動をする時間がない方、腹式呼吸がおすすめです。

腹式呼吸は腹筋を使った呼吸法、リラックスした状態で1日10回ゆっくりと深呼吸してみてください。お腹に手を当てて、腹筋が動いていることを確認しながら行うとよいですよ。

 

プチ断食で腸内の毒素をきれいすっきり掃除しましょう。


プチ断食とは1~2日間という短い期間の断食のことです。断食期間は固形物は摂らず、水分だけを摂取します。こうすることで、腸内にたまった老廃物や毒素を完全に排出することができます。

断食というと苦しそうなイメージですが、腸内デトックスを目的としたプチ断食では、断食期間が短く、且つ断食の間、何も口に入れてはいけないということではないので、体への負担は軽いですよ。

問題は断食期間中の水分ですが、これは酵素ドリンクがおすすめです。酵素ドリンクの他には、青汁や野菜ジュースなどでもよいですよ。

水分補給だけでなく栄養補給も兼ねた水分なので、お茶やお水など、ノンカロリーの飲み物は避けましょう。また、断食明けはステーキやケーキが食べたくなりますが、ここはぐっと我慢。

胃腸に負担をかけないおかゆややわらかめのうどんを食べてください。腸内デトックスを目的としたプチ断食は月に1~2回を目安に行いましょう。

 

食物繊維+乳酸菌+オリゴ糖で腸内の善玉菌を増やしましょう。


これまでは「出す・掃除する」方の腸内デトックスについて書いてきましたが、最後に、「増やす」方の腸内デトックスについてご紹介します。

私たちの腸には自分で腸内環境を整える仕組みがあります。そこで活躍しているのが善玉菌!つまり、善玉菌が多い腸では、腸内環境は自然と整えられていくということです。

では、善玉菌とは何か。有名どころでいえば、ビフィズス菌や乳酸菌ですね。ヨーグルトのパッケージやCMで目にした・耳にしたことがある方も多いでしょう。

これらの善玉菌を増やすには、悪玉菌の増殖を防ぐ食物繊維を摂取する・ヨーグルトなどで乳酸菌そのものを腸に届ける・乳酸菌のえさとなるオリゴ糖を摂取する、この三本柱が大切です。

たとえば、果物にヨーグルトをかけて、最後にオリゴ糖のシロップをたらり、なんて朝食はいかがでしょうか。毎朝食べれば、おいしく腸内デトックスをすることができますよ。

 

いかがでしたか。

以上が、腸内デトックスを正しく行って健康を取り戻す5つの方法でした。腸内デトックスを始めるときは、まずは腸内の老廃物や毒素を排出することから始めましょう。

腸内デトックスとは、つまり腸のお掃除のこと、お掃除の基本は「不要なものを捨てること」ですよね。腸内デトックスも同様です。

特に便秘の方、便秘解消に努めましょう。腸がすっきりきれいになったら、次は腸内の善玉菌を増やしましょう。ヨーグルトやオリゴ糖を毎日食べます。

ヨーグルトに含まれる善玉菌は商品によって違います。腸の中で善玉菌が喧嘩すれば、得をするのは漁夫の利を狙う悪玉菌です。善玉菌が喧嘩しないように、できれば毎日同じ商品のヨーグルトを食べてくださいね。

 

まとめ

腸内デトックスをするには

・ 食物繊維を食べて便秘を解消しましょう。
・ 腸のスイッチを入れるために、起床後にコップ一杯のお水を飲みましょう。
・ 腹式呼吸で腸に刺激を与えましょう。
・ プチ断食で腸内の毒素をきれいすっきり掃除しましょう。
・ 食物繊維+乳酸菌+オリゴ糖で腸内の善玉菌を増やしましょう。

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c