Adhdの特徴を学んで、 職場の仕事を円滑にまわす秘訣

Adhdの特徴を学んで、 職場の仕事を円滑にまわす秘訣
adhdの特徴といわれてもなんのことかわからない人のほうが多いですよね。adhdは注意欠陥・多動性障害のことで発達の障害のひとつとして、年齢も様々症状に苦しむ人がいます。

日常のコミュニケーションすらうまくできない場合や、じっとしていられないなど生活に支障があり仕事をするうえでも周囲の理解とサポートがとても重要になっています。adhdの特徴は集中力がない・じっとできない。

考えずに衝動的に行動するという3つの症状があり、子供20人に1人の割合でadhdが生じるといわれています。

しかし難しいのは発達障害としての症状なのか、それとも性格的に注意欠陥なタイプなのか一般の人には判断しにくい点です。そこで本日はadhdの特徴を理解して職場環境で仕事をスムーズに進める方法についてお伝えします。



 

Adhdの特徴を学んで、
職場の仕事を円滑にまわす秘訣

 

簡単なゴール設定を作り達成感を味わおう


adhdの特徴は子供の頃に診断された人のなかには、成長とともに症状が軽くなる場合があるという点です。しかし状況によって症状が悪化する場合もありますので、仕事をする年齢になってadhdの悩みがあるとまずは周囲のサポートが必要ですよね。

自分の特性をうまく生かして仕事を円滑にするためには、挫折感をなくしその代わりに達成感をどんどん増やしていきましょう。

簡単にできるゴールを設定していくことで自信へつながり、ひとつひとつの作業に対しても責任感がわいてきます。大人のadhdの特徴は子供よりも様々な場面で困難を感じることが多いといわれていますので、職場環境は本人にとってチャレンジの場となっています。

 

ミスのチェックをほかの人に頼もう


adhdの特徴のひとつとして注意力が不足し、簡単な作業にも時間がかかる場合や途中でやめてしまうなんてことがあります。そこで仕事上のミスを減らすためには、完成した作業を自分以外のほかの人にチェックしてもらうと安心ですよね。

注意欠陥が症状のひとつであるadhdは、ケアレスミスが多く大切な仕事の場面では周囲の人に迷惑がかかる場合もあります。

全てを任せてしまうと後で失敗につながる可能性がありますので、あくまでもチームワークを大切にし、ミスのチェックはほかの人が担当し間違っている点はわかりやすくメモる、もしくはなんども繰り返し指示をだしましょう。

 

集中できる仕事環境を作ろう


adhdの特徴として自分を取り囲む周辺の環境に大変敏感になる点があります。音がうるさい、人の出入りが激しいなどこんな環境で仕事をするのは誰にとっても大変ですよね。adhdの人の場合はさらに耳や目から入ってくる周囲の情報が多すぎると、集中力が乱され作業ができなくなってしまいます。

そこでうまく仕事ができる環境を作る為には静かな部屋にデスクを置く、またはパーテーションでうるさい場所と区別するなど環境を整えてから仕事をするとよいでしょう。なにが目障りになるか、気が散る原因か本人に直接聞いて改善するなお集中しやすい環境作りにメリットになります。

 

苦手を本人と周囲が正しく理解しよう


adhdの特徴はそれそれが異なり、苦手に感じるものも違っています。たとえば仕事が早いけどミスが多いタイプ、逆にミスは少ないけど仕事量がたくさんこなせないタイプがいますよね。この場合は苦手分野をまずは本人が自覚して、得意を生かせるように周囲との調整が必要になります。

周囲と連携して一日の仕事ぶりを観察すると、どんな作業が得意なのかわかってきますので、はじめはあらゆる種類の仕事に挑戦するのも良いでしょう。

adhdの特徴として同じ作業を長時間続けるのは苦手な傾向があり、飽きるとすぐにほかのことに手を出してしまいます。本人はできるはずだと思って始めても、実際にできることとはギャップがある為まずははっきりと苦手意識がある分野について理解をしましょう。

 

adhdに向いた職業を選び自信をつけよう


adhdの特徴を理解し仕事をスムーズにするためには、adhdに向いた職業を選ぶ点も意識したいですよね。たとえば自分の興味がある分野の仕事、例えばアートなどのクリエイティブ系。またはモノ作りができる人は料理やプログラマーなどの専門的な仕事も向いている可能性があります。

adhdは発想が豊かな才能を兼ねた人も多い為、しっかりと落ち着いてできる職種を選ぶことがスムーズな社会生活を送るうえでも重要なのです。そのためにも自分自身を客観的に見つめ、自身のあるスキルを把握しておきましょう。

 

いかがでしたか。adhdの特徴は気移りしやすい点がありますので、仕事をする上では周囲との連携が必要ですね。症状は人それぞれ異なり、多動性だけの人や衝動性が混合している人など様々です。

しかしadhdだと仕事ができないということはなく、自分の得意をうまく生かせる環境と学ぶ教育システム、そしてなによりも職場の理解力とサポートが欠かせません。

自分ができる範囲を正しく理解し、抵抗なく周囲に助けを求められる仕事環境を作ることで気持ちよく皆が仕事ができるようになるのです。

遅刻が続いたり途中で仕事を投げ出してしまう場合もあるかもしれませんが、自律して社会生活を営むためには勇気つける周囲の応援がなによりも大切になるのです。

まとめ

Adhdの特徴を学び仕事をスムーズにするには

・ 簡単なゴール設定を作り達成感を味わおう
・ ミスのチェックをほかの人に頼もう
・ 集中できる仕事環境を作ろう
・ 苦手を本人と周囲が正しく理解しよう
・ adhdに向いた職業を選び自信をつけよう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c
連記事


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c