塩分濃度計で健康作り☆生活習慣病にならない為の減塩作戦

塩分濃度計で健康作り☆生活習慣病にならない為の減塩作戦

塩分の摂り過ぎは生活習慣病を引き起こすリスクを高め、ひどい場合には命に関わる病気につながることがあるので、塩分濃度計を活用して塩分の摂りすぎを防いでいく必要があります。日本人は他の先進国と比べて塩分の摂取量が多く、一般的な食事を続けているだけでも塩分の摂取量が超過している状態が続いてしまうため、意識的に減塩できるようにしていかなければなりません。

かといって、塩分は少量であれば熱中症の予防になる等の効果が得られるので不必要なものというわけでもありません。気をつけるべきことは、塩分を摂らないようにすることではなく、塩分を摂り過ぎないようにすることです。そこでおすすめしたいのが塩分濃度計。塩分の濃度を計り、塩分の摂りすぎを予防していきましょう。ここでは塩分濃度計を用いて生活習慣病にならない為の減塩作戦をお伝えします。



 

塩分濃度計で健康作り☆
生活習慣病にならない為の減塩作戦

 

一日に摂取する塩分量の上限を超えないようにしよう


一般的に日本国内で定められている一日あたりの塩分摂取量の目安は10g以下とされていますが、これは世界基準と比較すると倍近い数値であり、10g以下にすれば良いと思い込んでしまわないように気を付けましょう。世界基準は5g以下、高血圧の予防には少なくとも6g以下の塩分摂取量に抑えなければならないといわれているので、塩分濃度計を用いて正しく減塩していってくださいね。

 

塩分の摂りすぎが引き起こす生活習慣病について知ろう


塩分を摂りすぎることで引き起こす病気の代表的なものは高血圧と腎疾患。これらの病気を抱えているまたはその予備軍の方は食習慣を見直して塩分の摂取量を抑制するようにもっていかなければ病気が悪化していってしまいます。不健康な状態を継続してしまわないために塩分濃度計を利用して塩分の摂取量を抑えましょう。

 

塩分濃度計を活用しよう


塩分濃度計を活用して料理の塩分濃度を計測しましょう。これによっておおまかな塩分量を把握することができ、減塩するための参考にすることもできます。塩分濃度計を効果的に活用していきましょう。塩分濃度の基準は基本的に0.1%以下。

それ以上に塩分をふくんでいる物を完食することは危険なので、注意してくださいね。特にラーメンのスープ等のようにしょっぱいものには塩分が多く含まれています。試しに計測してみて今までにどれほど多くの塩分を摂取していたのかを知るきっかけにしてみてください。

 

塩分の多い食事の取り方を見直そう


塩分の多い食事を継続的に取っていると、高確率で高血圧等の病気を引き起こします。塩分濃度計を用いて塩分の量を把握し、塩分を摂りすぎている生活を見直していってください。基本的に塩分は朝に摂るようにすると効果的に作用しますが、夜に摂ってもあまり意味がありません。

朝食で塩分を摂取すると夏の暑いシーズンでも熱中症を予防できる等の効果を得られますが、夕食で塩分を摂ってもあまり意味がありません。夕食の塩分量を意識的に減らしていってくださいね。

 

外食時に摂取している塩分量を考慮しよう


外食のメニューは家庭料理に比べて塩分の量が多くなっています。ただこれは塩分を多めにしたほうが日持ちするので、保存することを考慮して塩分が多くなっているだけで、よりおいしくするためのものではありません。また外食では食品添加物が多量に含まれていることもあるので注意が必要しなければなりません。外食時には必要以上に多くの塩分を摂取していると考え、気を付けるようにしましょう。

 

積極的に自炊をしよう


外食をするよりも自炊をしたほうが効率的に塩分の摂取量を抑えることができます。また塩分濃度計を外出先で使用するのは気が引けると思われるので、自炊をしていれば周りの目を気にせずに使用できる点もいいですね。積極的に自炊をしていきましょう。市販されている食品の中にも多くの塩分が含まれているものがあるので、自炊しながら確かめていきましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

塩分濃度計で健康作りをして生活習慣病にならない為の減塩作戦をお伝えしました。塩分の摂取量をシビアに管理し、上限を超えないようにしていってくださいね。塩分の摂取量が6g以下であれば高血圧の方でも安心して生活していけるようになり、病気が改善していきますが、7gになってしまうと病気を悪化させてしまうリスクを生じさせます。たった1gの差で大きく変わってきてしまうので、細かく管理していかなければなりません。

塩分濃度計を用いればそれほど細かな管理をすることが可能になります。特に味噌汁やラーメンスープ等のような液体に含まれている塩分の量を把握することは一日の塩分摂取量を抑えることになるので正しく実践していってくださいね。塩分濃度計を活用して健康になっていきましょう。

 

まとめ

塩分濃度計を使用した生活習慣病予防とは

・一日に摂取する塩分量の上限を超えないようにしよう
・塩分の摂りすぎが引き起こす生活習慣病について知ろう
・塩分濃度計を活用しよう
・塩分の多い食事の取り方を見直そう
・外食時に摂取している塩分量を考慮しよう
・積極的に自炊をしよう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c