肝臓に悪い食べ物が大好きな人必見、大病を防ぐポイント

肝臓に悪い食べ物が大好きな人必見、大病を防ぐポイント
肝臓に悪い食べ物ってすぐに浮かんできませんよね。逆に肝臓に良い食べ物は、テレビや雑誌などでたくさん取り上げられいるので、意外と出てくるものです。

お酒が好きな私でも、肝臓に悪い食べ物の話は友人との話題にのぼりません。このサプリメントが良いとか、あの食品が良いらしいという話は、とても盛り上がるのですが。確かに、肝臓に良いものがあるのであれば、避けたい食べ物があって当たり前です。

しかし、なぜ今まで気にしたことがないのでしょう。自分の大事な肝臓をお酒を楽しみながら守るには、良いことだけでなく、悪い食べ物を意識することが大切です。

ですが肝臓に悪い食べ物が大好物だとしたら、どうすればいいのでしょう。そこで今日は、肝臓に悪い食べ物が大好きな人必見の大病を防ぐポイントを5つ、お伝えします。



 

肝臓に悪い食べ物が大好きな人必見、
大病を防ぐポイント

 

肝臓に悪い食品を食べ過ぎない


大好きなものを我慢して食べないなんて、それだけでストレスが溜まってしまいます。病気療養で、その食べ物を排除しなくてはいけないような場合以外は、我慢する必要はありません。

ですが、今までより少しだけ、あなたの大好きな肝臓に悪い食べ物を摂る量を減らしてください。毎日食べていたのであれば、1回の量を4分の3に、2日に1回食べていたのなら、3日に1回にと、無理が無い程度に摂取する量を減らしましょう。

揚げ物やスナック菓子、パスタなど肝臓に悪い食べ物は、美味しいものが多いですよね。それを我慢するのではなく、量を控えたり、食べ過ぎないようにすれば、肝臓の危機を救うことが出来ます。体に良いことを継続するのは難しいもの。無理は禁物ですがきちんと継続したいですね。

 

食物添加物などの有害物質を避ける


肝臓の主な機能は、代謝、解毒作用、胆汁の生成や分泌です。肝臓は再生能力や代償能力が優れているので、ダメージを受けても、正常な細胞がカバーしてくれるので、機能を維持することが出来ますが、限度というものがありますよね。

したがって大病にならない為に、肝臓の負担を少しでも減らしましょう。食品添加物などの有害物質は、腸から吸収され肝臓にやってきます。そして肝臓で解毒してから体外に排出されるのです。

ということは、食品添加物や農薬など、身体に有害な物質を極力避けるようにすれば、肝臓に悪い食べ物が大好きなあなたの肝臓の負担を減らすことが可能になります。今は無農薬や有機栽培の食品がたくさんありますので、それを活用して、大病を予防しましょう。

 

大豆製品を摂取する


肝臓が弱ってしまった時に必要な成分が必須アミノ酸です。アミノ酸のバランスが良く、消化吸収に優れた食品を摂ることで、肝臓のたんぱく質の補充が出来、弱った肝臓の負担を減らすことが出来ますよ。

様々な食品の中でも大豆製品は、低カロリーでたくさん摂取して、たんぱく質を補充することが可能な為、肝臓に悪い食べ物が好きな人は、積極的に豆腐や納豆などを食べてください。

また、大豆に含まれているサポニンという成分は、肝臓を再生させ、正常な機能に戻してくれるというすごいチカラがあるのです。

もちろん他の肝臓に良いものを食べるのもおすすめ。プラスマイナスゼロにはなりませんが、肝臓に悪い食べ物を食べたら、その分良い食べ物を摂るように心掛けましょう。

 

運動不足を解消する


肝臓に悪い食べ物は、肥満にもなりやすいものが多いのです。食べれば食べただけ、肝臓の疲労も体重も増えていきます。それを解消出来るのが運動です。

肝臓の栄養が過剰になり過ぎる前に、普段の運動不足を解消するように、気をつけることが大切なんですよ。適度な運動は、ストレス解消にも役立ち、その上、肝臓の栄養過多も防げます。

とはいうものの、過剰な筋肉運動も良くはありません。過剰な筋肉運動により、体にとって害のあるアンモニアが発生してしまい、それを肝臓で解毒することになります。

肝臓の為に始めた運動が、肝臓の負担になってしまっては、本末転倒です。肝臓に悪い食べ物を罪悪感を感じることなく食べる為には、適度な運動がピッタリということです。

 

良質な睡眠が取れるように心掛ける


肝臓は、睡眠時間が短ければ短いほど、エネルギーを消耗してしまいます。それに睡眠不足はストレスの原因でもあり、自律神経のバランスを崩してしまうのです。

出来るだけ、睡眠時間を確保し、尚且つ良質な睡眠を取ることで、肝臓の疲労回復が出来ますよ。起きている時間は、睡眠中よりも多くのエネルギーが必要です。

肝臓は、エネルギーを生成して、体に送るという働きも担っているので、起きている時間が長くなれば、その分肝臓が働かなくてはいけなくなります。

肝臓の休息時間は、午前3時から5時の間と言われているので、少なくても2時間以上前には寝始めなくてはいけません。極力、同じ時間にベッドに入り、リラックスすることを心掛け、良質な睡眠を取りましょう。

 

いかがでしたか。

肝臓に悪い食べ物を、少しでも楽しく食べる為には、それなりに対処しなくてはいけません。今の生活を継続していると、いつか大病を患ってしまう可能性があるからです。

肝臓に悪い食べ物だけではなく、お酒も大好きという人は、後悔しない為にも、今回の5つのポイントをぜひ実践してください。

肝臓は「沈黙の臓器」と言われていて、ある程度のダメージではサインを出してはくれません。その為、気付いた時にはすでに手遅れという場合が多いのです。

例えば、お酒を飲みながら、肝臓に悪い食べ物を食べ、深夜に帰宅し、睡眠時間がしっかり取れないなんて、ありがちですよね。

ですが、これこそ、肝臓にとって最悪な事態で、全く休息がとれないだけではなく、代謝と解毒だけで再生や修復に使うエネルギーや時間がなくなってしまいます。

これでは大病を防ぐなんて不可能です。だからこそ、肝臓を労わること、後悔しない為にもぜひ始めましょう。肝臓に悪い食べ物とは

 

まとめ

肝臓に悪いことに気を付けるには

・ 肝臓に悪い食品を食べ過ぎない
・ 食物添加物などの有害物質を避ける
・ 大豆製品を摂取する
・ 運動不足を解消する
・ 良質な睡眠が取れるように心掛ける

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c