顔にできた湿疹の原因とキレイに治す治療法

顔にできた湿疹の原因とキレイに治す治療法
湿疹の原因がわからないと、イライラしたり気になったりしますよね。特に顔に湿疹ができてしまうと余計に気になり、原因を早く調べて治したいものです。顔の湿疹は痕になったら困るので、治療も慎重になるでしょう。

ニキビではない湿疹の原因はどこからきたのでしょうか。顔に湿疹ができると外に出るのも恥ずかしいですよね。隠そうと試みてもなかなか隠せないのが顔の湿疹です。赤くポツンとできてしまった湿疹は、気になり出すと指で引っ掻いてしまったりと悪化させてしまったなんて経験ありますよね。

市販薬を塗るべきか、それとも皮膚科で診断してもらうべきか悩むところです。今回は、顔にできてしまった湿疹の原因を探り、痕が残らない治療法についてお伝えします。



 

顔にできた湿疹の原因と
キレイに治す治療法

 

洗顔は優しく丁寧にを心掛ける


顔にできた湿疹の原因の多くは「脂漏性湿疹」とよばれています。皮脂をエサに増殖するカビ「マラセチア」が湿疹の原因といわれていますが、皮脂を好むため洗顔をしっかりすることが基本のケアとなります。

まずは「マラセチア」が繁殖しない環境をつくらなければいけません。ゴシゴシ擦るように洗顔をしてしまうと、さらに肌荒れの原因を作ってしまうことになりますので気を付けましょう。優しく洗い流したあとは、湿疹の部分を傷つけないように軽くたたくようにタオルで拭いてください。

薬を使用する前に、薬用の洗顔クリームでしっかり洗顔をすることで、菌の繁殖を抑えることができるのです。薬用の化粧水なども効果がありますので、洗顔後も保湿ケアなどを行って肌を整えましょう。

 

ステロイド剤を上手に使う


湿疹の原因はハウスダストや花粉など、顔は常に外にさらされているので、炎症も起きやすい状態です。アトピー性皮膚炎も顔湿疹では多く見られます。アレルギー体質の場合は、顔に湿疹が出やすく、ステロイド剤を用いてきれいに治す治療がよく施されていますよね。しかし、副作用を心配してステロイド剤を使用しないという流れもあるようです。

ステロイド剤は、強いものから弱いものまで幅広く処方されますが、どんな軟膏でも薄く塗るのがポイントです。塗りすぎても効果は変わりませんので、こまめに塗るのは控えましょう。アトピー性皮膚炎の場合には、湿疹の原因のものから極力避けるように心掛けることも必要です。

症状が治まってきたら、ステロイド剤の頻度をさらに減らしていくように心掛けましょう。この習慣を身につけるだけでステロイド剤を効率よく、少量を使って症状を抑えることができます。

 

食生活も湿疹の原因のひとつ


顔にできる湿疹の原因は食生活の影響しているといわれています。とくにビタミンBを摂取するように心がけてください。顔の湿疹以外にも口内炎となって現れることもありますので、バランスの整った食生活を目指しましょう。成人になってからの顔のニキビは「吹き出物」とよばれ、痕が残ればシミの原因にもなってしまいます。

脂肪を取りすぎなければ湿疹がでない、というワケではないのです。体の中からきれいにすることで、肌の状態も良くなり湿疹もきれいに治まることでしょう。食生活を整えるだけで、湿疹以外にも体のバランスが正常に働き体のだるさも解消したりと、体調不良も改善されていくのが実感できますよ。

病院では、ビタミン剤などが処方されることもありますが、できれば食生活で改善していくほうが常に意識ができるのでおすすめします。

 

ストレスを溜めない生活へ


湿疹の原因は外的要素だけではありません。疲れやストレスでも症状は悪化してしまいます。ストレスを溜めてしまうと、ホルモンのバランスが崩れてしまい代謝が悪くなっていきます。すると溜まった老廃物が湿疹となり、顔に出てきてしまうのです。体が疲れている場合も同様ですので、マッサージなどで体をほぐすことも代謝を良くする方法のひとつです。

入浴や6時間以上の睡眠時間の確保をするだけでも、体のバランスは整っていくでしょう。適度な運動も、代謝の働きを活発化させるのでおすすめです。このように、規則正しい生活スタイルを維持できるように、毎日の工夫が大切になります。・・・とは言っても、忙しい日常でうまく時間を作ることは難しいですよね。ですから、週末や帰宅時間が早いときに行いましょう。

無理に規則正しく過ごそうとすると、さらにストレスを溜めてしまう可能性も高いので、基本的に「無理をしない」ということだけは念頭において実行していきましょう。

 

いかがでしたでしょうか。顔にできる湿疹の原因は様々です。しかし、肌ケアをしっかり念入りに行うだけでも十分湿疹を撃退することができるのです。肌ストレスも湿疹の原因ですので、普段から面倒だと思わずに、丁寧に肌ケアを行なっていきましょう。そして、内側からも改善していくと、肌以外にも内臓も元気になります。

湿疹の原因で内臓が悪化しているときに症状が出ることもありますので、普段から健康管理には十分気を配るように心がけてください。軽く見られがちの顔の湿疹ですが、放置しておくと悪化してしまう恐れもありますので原因を知るために、一度皮膚科を受診することをおすすめします。

内服薬や塗り薬を処方されたら薬だけに頼らずに、肌ケアなど自分でできることも上手く取り入れて、痕が残らないような治療を取り組んでください。素肌がキレイですと、毎日もイキイキしていくのが実感できますので、湿疹など症状がでない肌作りを目指しましょう。

 

まとめ

顔にできた湿疹の原因とキレイに治す治療法

・洗顔は優しく丁寧に洗い流します
・ステロイド剤は上手に使用します
・食生活もバランスよく摂取します
・ストレスを溜めない生活が一番です

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c