肩こりと頭痛の原因を知って、つらい悩みを解消する方法

肩こりと頭痛の原因を知って、つらい悩みを解消する方法
肩こりと頭痛って、同時にくることが多いですよね。ずっしりと肩が重くなって、ズキズキと頭が痛くなる時って、本当に耐えられません。額を支えるように手を当てたまま、眼を開けることもできないこともあります。シップを貼ったり、頭痛薬を飲んだりして、痛みを和らげるという人も多いのではないでしょうか。

肩こりと頭痛に悩まされる人は、毎日のように痛みに耐えながら仕事をこなさなければならない、家事をこなさなければならないという状況に追い込まれるばかりです。

肩こりと頭痛には解消するべき原因があるのかもしれません。そこで今回は、肩こりと頭痛に苦しむ人のために、肩こりと頭痛の原因を知って、つらい悩みを解消する方法についてお伝えします。



 

肩こりと頭痛の原因を知って、
つらい悩みを解消する方法

 

肩こりが酷くなると頭痛が起きる?


肩こりと頭痛は、つながりがあるのではないかと、なんとなく、思っていますよね。たいてい、肩こりに悩む人は頭痛にも悩んでいるし、頭痛に悩まされる人は肩こりに悩まされています。実際に、肩や首筋に、肩こり用のシップを貼って頭痛を治めようとする人も少なくありません。

肩こりが酷くなると頭痛が起きるのは、身体のメカニズムが関係しています。肩と頭を結ぶ筋肉が硬直することによって、肩こりと頭痛の併発ということが起きるんです。側頭筋という頭の筋肉は、後頸筋あるいは深頸筋と呼ばれる筋肉と深い関係があります。

後頸筋あるいは深頸筋は、首の後ろの付け根から肩あたりまでの筋肉です。ついでに言えば、肩甲骨あたりまでの「僧帽筋」もつながりが深いです。日ごろ、痛みに苦しむ人の中には、首、肩、肩甲骨のつながりは身に覚えがある人も多いですよね。

肩こりが酷くなると頭痛が起きるのは、首、肩、肩甲骨の筋肉が硬直することによって、血流が悪くなり、頭の筋肉も硬直するようになるというメカニズムによるものです。肩こり頭痛、緊張型頭痛、筋収縮性頭痛などと呼ばれる症状です。

 

肩こり頭痛に悩む人は姿勢が悪い?


肩こり頭痛に悩む人は姿勢が原因となります。特に、長い時間、デスクワークをしている人に多い原因です。やはり、同じ姿勢から解放されることが少ないということに尽きます。筋肉の緊張も慢性的になり、血行不良も続いてしまいますよね。

肩こり頭痛に悩まされないようにするために、座った時の姿勢を考えてみましょう。基本的には、深く腰をかけて、両足の裏が地面についている状態が理想的です。方法としては、イスの高さによる調整ということになります。あぐら座り、横座り、足を組んで座る姿勢などは、肩こりには良くない姿勢なので、注意してください。

パソコンを使用する時の姿勢は、ディスプレイの高さとデスクの高さがポイントになります。ディスプレイの高さは、視線が「水平から上に5度」から「水平から下に15度」の範囲が理想です。デスクの高さは、肘が90度になる高さが理想です。自分の姿勢と比べてみてくださいね。

自分の姿勢が悪いかもしれないと思った人は、キー操作やマウス操作で、手や腕に負担がかかっていることはありませんか?手や腕の筋肉が疲労することによっても、肩こりから抜け出しにくい状態になります。肩こり頭痛を感じる時は、手や腕の筋肉もほぐしてみてください。

歯の噛み合わせが悪い場合も、それを補うために姿勢にゆがみが生じてしまい、肩こり頭痛を引き起こす原因となります。歯の噛み合わせが心配な方は、デンタルクリニックで診てもらってください。

 

眼精疲労


休憩をとっても目の痛みが残ることがありますよね。肩こり、頭痛を伴うようにもなります。それが、眼精疲労ですね。眼球が痛いっていうような感覚を感じることもありますよね。

眼精疲労は、焦点を調整する筋肉が酷使された時に起こる症状で、読書、ゲーム、パソコン、スマホなど、眼の使い過ぎによる原因が多いです。パソコンやスマホの画面を長い時間見ている時は、遠くを見たり、眼を動かして眼の緊張を和らげたりして、定期的に眼を休めるようにしましょう。

 

緊張感によるもの


肩こり頭痛は、緊張感によるものもあります。苦手な人と同じ空間にいる、車で知らない道を走るなど、緊張する時間が続く場合です。そのような緊張が毎日のように続くと、首、肩、肩甲骨の筋肉が硬くなってしまうことがあります。湯船に浸かってリラックスするなど、緩和する時間が必要ですね。

 

以上、肩こりと頭痛の原因についてお伝えしました。パソコンとスマホが欠かせない社会となった近年、肩こりと頭痛を併発する人が増えています。ほとんどの人が姿勢の悪さと眼の酷使によるものと考えられます。

プライベートはともかく、仕事でパソコンを使う場合などは、不必要な行動を取っているわけではないので、やめることもできません。肩こりと頭痛を解消するには、緊張で硬直した筋肉をほぐすことが一番です。

効果的な入浴、マッサージ、ストレッチなどで、肩、首、肩甲骨の筋肉をケアする時間を取りましょう。眼の疲れには、蒸しタオルで温めることをおすすめします。

蒸しタオルは水で濡らしたタオルを軽く絞ってビニール袋に入れて、電子レンジでチンするだけで簡単に作れますよ。是非お試しください。

 

まとめ

肩こりと頭痛の原因とは

●首、肩、肩甲骨の筋肉が硬直することによって、頭の筋肉も硬直する。
●デスクワーク時の姿勢が悪い。
●眼の焦点を調整する筋肉が酷使された時に起こる。
●緊張感の連続も原因となる。

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c