高血圧で頭痛持ちのあなたが改善するべき7つの生活習慣

高血圧で頭痛持ちのあなたが改善するべき7つの生活習慣

日本では約1000万人の人が高血圧で治療を受けています。また、治療を受けない高血圧の人や、高血圧予備軍を合わせると、その数は4000万人にも上ります。

高血圧は今や国民の3分の1が羅漢している症状であるということです。しかし高血圧そのものは症状がわかりにくいため、自覚している数は少ないです。高血圧が元で、頭痛などの症状が出て初めて病院などに行く人が多いのです。

しかし高血圧が頭痛に発展したということは、すでに脳内で何かの症状が進行してしまっているということなので、状況は一気に深刻になっていると考えましょう。

血圧が高い状態が続くと、脳梗塞や脳浮腫などの病気に発展し、命に関わる場合があります。頭痛を伴う高血圧症の方は、早めに生活習慣を改めて血圧を正常に戻す努力をしましょう。



 

高血圧で頭痛持ちのあなたが
改善するべき7つの生活習慣

 

いびきを解消しよう


「睡眠時無呼吸症候群」という病名を聞いたことがあるでしょうか。睡眠時に激しいいびきをかく人は、睡眠時に正常な呼吸ができていない可能性があるのです。そのため眠りが浅くなり、睡眠不足による様々な病気を併発します。

高血圧症の方にこの、睡眠時無呼吸症候群の人が多くいるため、睡眠がきちんととれているかをチェックする必要があります。そして深い睡眠ができていない人は、医師と相談して治療をするべきです。

 

毎日のウォーキング


運動不足は万病のもとと言います。逆に、運動さえしておけば、大抵の病気を回避できると言っても過言ではないでしょう。いつまでも健康な若々しい体を保つためには、毎日の運動は不可欠なのです。

仕事でどんなに忙しい思いをしても、脳だけフル回転で運動をしていなければ体はどんどん不健康になります。しかし忙しい人にとって毎日の運動時間の確保は難しいですね。

そこでお勧めなのがウォーキングです。駅まで歩くなど、通勤時間を歩くようにするだけでいいのです。一日合計で10000歩くらい歩ければ上等です。毎日少しずつ工夫して、歩く時間を持ってみましょう。次第に高血圧も安定してきます。

 

適度な運動を習慣づけよう


上述したように、歩く時間を意識的に持つだけで、高血圧の改善につながります。更に体を動かす爽快感を得るために、週末などにスポーツの習慣を取り入れるといいです。

高血圧から頭痛を併発している方は、急に激しい運動をしないことだけを心がけてください。脳内の血管が細くなっている人などが、急に激しい運動をすると、血管が破裂してしまう恐れがあるからです。

高血圧で頭痛があるということは、すでに脳内の血管が細くなっている可能性があるため、激しい運動を避けるようにしましょう。テニスやサッカーなど、好きなスポーツを選択して構いませんが、激しく動き回るのではなく、リラックスして楽しむようにしてくださいね。

 

自分なりのストレス解消


高血圧で頭痛もちの方に、ストレスは大敵です。極度のストレスで脳内の血管が破裂してしまうことがあるからです。ストレスは万病の素ともいえるほどに、体に悪いことです。

ストレスをためないためにも、自分なりのストレス解消法を見つけましょう。スポーツなどの運動でもストレス解消になります。また、映画やショッピングなどでストレス解消する人も多いですね。

週末は空気のいいところに旅行に行くと、気持ちのリフレッシュになります。高血圧でお悩みの方は、是非自分なりのストレス解消法を見つけてください。

 

お風呂はぬるま湯にゆっくりと


毎日の疲れをいやすために、お風呂は最適です。体の疲れを取るためにも、心の疲れを取るためにも、お風呂タイムは欠かせません。しかし高血圧の方は、熱いお湯に長くつかることはお勧めできません。

ぬるいお湯にゆっくりと時間をかけてつかることで、全身の血管の緊張を取ることができます。熱いお湯だと逆に、血管を急にフル回転させてしまい、負担がかかるので避けてください。

 

禁煙で健康を取り戻そう


喫煙は言うまでもなく健康を損ないます。禁煙をすることで、あらゆる健康と若さを取り戻すことができます。特に高血圧症で、頭痛が頻繁に起きるという方は喫煙を控えるべきです。

タバコは嗜好品ですから、少量であれば続けてもいいのですが、中毒になって吸いすぎてしまうと大変です。そこから高血圧などの病気を併発することで、末端の血管をどんどん弱らせるからです。

高血圧の方は、医師と相談のうえ、禁煙にトライしてみるといいですね。

 

アルコールは控えめに


喫煙と同様に、高血圧に悪いのがアルコールです。アルコールは少量であれば体にそれほど害はないのですが、すでに高血圧から頭痛を併発してしまっている人には危険です。

アルコールを飲むことによって、血流が乱れて脳内の弱っている血管の梗塞などを引き起こす危険があるからです。高血圧症の方は、頭痛がある日にはアルコールを控えるようにしましょう。

 

高血圧症の方にとって、そこから併発される頭痛は悩みの種ですね。高血圧で頭痛が出るということは、すでに生命が危険に侵されている可能性があるため、決して楽観視せずにすぐにでも手を打つべきです。

禁煙や禁酒は症状が治まるまでの我慢と心得て、集中して行いましょう。症状が落ち着いて、頭痛がなくなった後に再開してもいいのですが、この機に生活からすっぱりと切り離してもいいくらいです。

適度な運動は続けられる範囲で長く行うことが大切です。また、ストレス解消は何においても最優先で行うようにしましょう。

高血圧という体質そのものが治るのには時間がかかるでしょうが、そこからくる頭痛だけなら上述した生活習慣の改善で治すことができるはずです。

 

まとめ

生活習慣を変えて、高血圧からの頭痛を改善しよう

・いびきがひどい人は病院に行こう
・毎日のウォーキングを習慣づけよう
・適度な運動をしよう
・自分なりのストレス解消法を見つけよう
・お風呂はぬるま湯にゆっくりとつかろう
・禁煙で健康を取り戻そう
・アルコールは控えめにしよう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c