困った唇のしびれを、簡単に解消する5つの方法

困った唇のしびれを、簡単に解消する5つの方法

さて、これから困った唇のしびれを簡単に解消する方法をお伝えしますが、その前に質問です。あなたは唇からしびれを感じたことはありますか?あるという方、その原因は何だと思いますか?いきなり聞かれてもわからないというあなたのために、しびれの解消法をお伝えする前に唇のしびれの原因だといわれていることについて軽くご説明いたします。

唇のしびれの原因として考えられるのは『唇の乾燥』『唇の痙攣』『気温の低下による反応』『精神的なストレス』などです。とても簡単に言えば、空気の乾燥や病気の症例、人体の反射に精神的な苦痛が原因だということですね。

簡単に挙げ連ねただけでも4種類の原因があるので、原因にあわせて有効な解消法を試す必要があります。どの理由が原因で唇のしびれが起こっているかをまず見極めなければ、有効な解消法を試すことはできませんからね。病院へ行かないのであれば原因が何であるかの判断はあなたに委ねられますので、まずは自分の唇のしびれがどんな原因で起こっているかアタリを付けてから解消法を試してみてください。



 

困った唇のしびれを、
簡単に解消する5つの方法

 

唇の乾燥によるしびれには保湿剤を活用する


唇が乾燥してピリピリしていることが原因でしびれを感じていた場合、一番有効なのは乾燥を防ぐことです。唇の乾燥なのでリップクリームを使用するのも効果的ですが、オシャレ目的の色付きリップや香りつきのものは余分なものが入っていることが多いので避けた方が無難ですね。純粋に乾燥だけを防ぐものを使用した方が副作用もないのでおすすめです。

また、塗布したあとにスーッとするものは体質的に合わない方もいらっしゃいますので、自分の体質に合ったものを選ぶようにして下さいね。そう言った意味では皮膚の保護や保湿が可能で、塗布後にスーッとひんやりするような感覚もない、ワセリンを利用するのもおススメです。

ワセリンは余計な成分が少ないのでひび、あかぎれの際も沁みることなく保湿できます。ピリピリとした唇のしびれだけでなく、あかぎれのような状態になってしまっている場合は普通のリップクリームより先にワセリンを使って様子見するといいかもしれません。

 

痙攣が起きているときは病気を疑う


しびれが続き、ピクピクと痙攣が起こっているようであれば病気を疑った方がいいかもしれません。脳梗塞の症状として、手足のしびれを含む体のしびれが起こることがあります。体のしびれなので、当然唇のしびれも脳梗塞の疑いがあります。

うつぶせになって寝ていた、虫に刺されたなどの直接的な原因もないのにしびれや痙攣が続くということは何らかの病気にかかっている可能性があります。大げさだと考えず病院へ行きましょう。

重病の場合は特に早期発見が生死を分けます。早い段階で病気を発見し治療することが長生きの秘訣だと考えても良いでしょう。健康的に生活していくために、自分のわずかな不調を見逃さないようにして下さいね。

 

気温の低下の場合はあたたかいものを摂取する


唇が紫色に変化し、ときにしびれを伴うことがあります。プールあがりの小中学生や冬場、寒い場所にいたあとになることが多いですね。状況的に考えても、寒さが原因であることは明白です。寒さが原因なのだから、対処方法もはっきりしていますよね。

この場合は放っておいても時期に回復しますが、早急に何とかしたいのであればあたたかいものを摂取するのが一番です。唇を直接あたためるのも良いですが温かい飲み物を摂取する方が身体の中からもあたたまることが出来ますのでおススメです。特に生姜の入った飲み物を飲むことでより保温効果を挙げることが出来ます。

 

ストレスの可能性があるかどうか見極める


次にご紹介するのは唇のしびれがストレスに起因している場合です。肉体的ストレスが原因であれば、身体を休めることが一番の対処法になります。

運動をしすぎたあとに筋肉が痙攣することがありますよね?さきほど痙攣している際は重病を疑った方がいいとを述べましたが、それは思い当たる原因が無い場合です。筋肉疲労が原因だとはっきりしているときはなるべくゆっくり休息をとりましょう。

肉体的なストレスが原因の場合、身体をただ休めるだけでなく良質な睡眠をとることが何よりも重要になります。睡眠不足の状態が続いていると、いくら身体を休めても回復しません。じっくり良質な睡眠をとりましょう。ただし眠りすぎると逆に身体がだるくなるのであくまでもほどほどに。

ところで、ストレスというのは肉体的なものに限りませんよね?むしろ精神的ストレスを抱えている方の方が多いのではないでしょうか。ストレスの原因が精神的なものの場合、リラックスできる状況を作ることに加え、ストレスの原因を取り除くことが必要不可欠です。

精神的苦痛というのはあらゆる病気を引き起こします。うつ病、総合失調症とまではいかなくとも、精神的なストレスが溜まっていることでさまざまな体調不良を引き起こします。あなたなりのリラックス法を発見し、日々とりいれていきましょう。

 

貧血によって唇のしびれが起きることも


最後にご紹介するのは貧血が原因の場合です。まれに貧血が原因で唇のしびれを引き起こすことがあります。早急な対処法としては横になって休むことですが、重要になってくるのは貧血が起こらないような丈夫な体つくりをすることですね。

貧血というのは血液がうすい状態になっている状態で起こります。症状が重い場合は医師を頼ると良いでしょう。軽い貧血であれば、食生活を改善することで起きなくなりますので食生活の見直しから始めましょう。貧血を起こさせないためには鉄分が必要不可欠だということはご存知ですよね?今日から鉄分を十分取り入れた食生活を心がけましょう。

あなたは食べ物の好き嫌いは多い方でしょうか。レバーやホウレンソウが嫌いでなければ、積極的に口にするようにして欲しいものです。もしも鉄分が多いとされているそれらの食べ物が嫌いな場合は『鉄分が豊富』と銘打たれている野菜や果物のジュースから鉄分を摂りいれましょう。好き嫌いが多いあなたに合った製品もどこかに販売されているはずですよ。

 

いかがでしたか。唇のしびれにも原因はいくつもありますし、対処法もそれによって異なります。自分の原因をきちんと見極めて対処することで、唇のしびれはすぐに解消させることができます。

お医者さまを頼らなければならないような病気を発症している可能性も少なからずありますが、ほとんどの唇のしびれは自分自身の力でなんとかできるものばかりです。重病の場合は医師の診察を受けるしかありませんが、そうでなければ今回ご紹介した解消法を活用して対処してみてくださいね。

乾燥やストレスは周りから全くなくすのは難しいかもしれませんが、あなたに最適な解消法をあらかじめ見つけておくことはとても重要です。対処法を把握しておくだけでそれが安心にもつながるかもしれませんので、しっかり把握しておきましょう。

 

まとめ

困った唇のしびれを、簡単に解消する5つの方法

・唇の乾燥によるしびれには保湿剤を活用する
・痙攣が起きているときは病気を疑う
・気温の低下の場合はあたたかいものを摂取する
・ストレスの可能性があるかどうか見極める
・貧血による唇のしびれは鉄分補給をする

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c