耳鳴りの原因になる、日常生活で見直すべき習慣とは

耳鳴りの原因になる、日常生活で見直すべき習慣とは

突然、「キーン」「ドクドク」などの耳鳴りがすると不快ですね。原因はなんだろう、何かの病気なのだろうか。と心配になる人もいるでしょう。また、耳鳴りと同時に頭痛・めまいがしたりと、他の不調と一緒に起きる事もあります。

その度に心配になり、心臓もバクバクしてしまいます。耳鳴りの原因は、病気によるものと、そうでないものがあります。大抵、10~15%程の人が耳鳴りを経験し、悩んでいいます。たまに、体内の音が耳鳴りとして、聞こえる場合もあり、人には聞こえない音が、自分にだけ断続的に、若しくは時々聞こえるのは嫌ですよね。そこで今日は耳鳴りの原因になる、日常生活で見直すべき習慣についてお伝えします



 

耳鳴りの原因になる
日常生活で見直すべき習慣とは

 

耳鳴りの原因


体内の中の音がするもの・耳の神経の故障(耳の神経の異常)・加齢によるもの(耳の器官が加齢により機能が衰えたもの)・耳の周りの障害(耳の近くの血管や血流障害によるもの)・骨格の歪み(顎や咬み合せの障害)からくるもの等があります。他にも、ヘッドホーンで長時間、大音響で音楽を聴いていたりすると、難聴になったりします。

 

耳鳴りのある病気


耳垢栓塞・外耳道炎・鼓膜炎…これらの病気は、耳鳴りがおきて聞こえが悪くなっても、治療によって、元に戻るケースです。浸出性中耳炎・慢性化膿性中耳炎・梅毒性内耳炎・外リンパ瘻・聴神経腫瘍・耳管狭窄症・耳管開放症…耳鳴りの症状が表面化する病気で、難聴を伴い、治療しても聴覚が落ちる場合があります。

 

日常生活における耳鳴り


気圧の変化・大音量の職場や音楽を長時間聴く・長時間の電話・無茶なダイエット。これらは、一時期的なものや断続的なもの、回復するもの・回復しづらいもの、難聴の原因になるもの等があります。また、ストレスによる自律神経の乱れによる耳鳴りがあります。

 

日常生活の改善すべき7つの習慣


1.適度な運動をする事。
2.生活リズムの改善を行う。
3.質の良い睡眠摂ること。
4.大音量での音を聴かない。
5.バランスの良い食生活を摂ること。
6.骨格の歪みの改善する事。
7.自律神経を乱す事のない生活を心掛ける事。

 

耳鼻咽喉科に行っても原因がない場合


耳鳴りやめまいの症状が出た場合は、耳鼻咽喉科に受診します。しかし、何も原因が見つからない場合は、ストレスが耳鳴りの引き金となる事があります。社会生活をしていれば、嫌でも大小なりともストレスを抱えています。しかし、ストレスにおける耐性や性格により、ストレス度は個人差に因ります。

過度のストレスは自律神経に影響を与えます。自律神経は活動を司る「交感神経」と神経をくつろがせ、休ませる働きをするのは「副交感神経」です。この2つの神経は、自分の意識とは無関係に交互に入れ替わり、心身の機能を調整します。ストレスは、身体の疲労や精神的に不安や悩みが大きい事で、ストレスを乱す要因とします。

また、更年期障害などのホルモンバランスの乱れも、自律神経を乱す要因となります。この状態を「自律神経失調症」と言います。不安や悩みがあると緊張状態が続きます。これは交感神経が常に働いている状態です。交感神経がずっと働いていると、身体に色々な症状が出てきます。車で言うと、オーバーヒートの状態と同様です。

心身が悲鳴をあげているのです。本来、ストレスは自覚出来ていない事が多いです。ですから、色んな症状が初めて出て、「疲れているのかな」とやっと感じるのです。この状態を放置していると、最悪、パニック障害やうつ病などに発症します。そうなると、耳鼻咽喉科から精神科や心療内科の受診となります。そこまで、酷くならない為にも、身体に異常を感じたら、休む事を心がけましょう。

 

ストレス耐性と解消


心身共に休む事も大切ですが、ストレスを上手に解消する方法を身に付けることも必要です。ストレス耐性を身に付ける事も大切です。これには、性格も関係しますが、ストレス耐性を持つ人の特徴や共通点として、プレッシャーやストレスに対して、自分なりの理解と解釈を持ち、ストレスを軽減することが出来ています。

また、脳に余計な負担を掛けずに、物の考え方や生活態度を進めていく事です。要は、ストレスやプレッシャーを自分の有利なように考える事です。良い意味で自己中心的になる事が、時には必要です。ストレス解消には、適度な運動や趣味を持つこと。気の許せる友人と旅行やドライブを楽しむこと。自分だけの時間を持つこと等々です。ストレスと上手く付き合う為には、ストレス解消が重要です。

 

以上のように、耳鳴りの原因と症状、ストレス。自律神経失調に関して、説明してきました。勿論、病気に繋がるような耳鳴りもありますが、耳鼻咽喉科に受診しても原因が見つからなければ、心身のストレスと自律神経失調症を、疑うことは理解頂けたと思います。自分では気づかいないストレスも、症状が出る頃には、心身が悲鳴を上げている状態と思って下さい。

その場合には無理をせずに心身共に休むことをオススメします。また、耳鳴りを無視することは難しいでしょうが、過度な心配や不安、気にすることで、新たなストレスが掛かってしまいます。病気でない限り、余計なストレスが掛からないように、気持ちをゆったり持つことも必要でしょう。敢えて、リラックスする時間を作るようにしましょう。

 

今日のまとめ

耳鳴りの原因をなくす為に

・規則正しい生活リズムを作ろう
・バランスの取れた食生活を心掛けよう
・ストレスを抱え込まない。上手くストレスと付き合う
・骨格の歪みを矯正しよう
・耳鳴りがするような環境にいない事・そのような環境を作らない
・自律神経を乱すような生活を送らない
・リラックスできる時間を作ろう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c