【耳鳴り】ストレスが原因のときによく効くリラックス方法

【耳鳴り】ストレスが原因のときによく効くリラックス方法

「耳鳴り」はストレスが原因で発生するケースが大変多く報告されています。

前代未聞レベルで心労がたまりやすい現代に生きている以上は、何らかのリミットを体が感じ始めても仕方がないのかもしれません。そのため、まだ若いのに「キーン」と甲高い音の耳鳴りが聞こえてくるようになったら、耳鳴りの原因はストレス性であると考えられます。

いずれの原因にせよ、耳の中で永遠に響くように聞こえる耳鳴りは厄介でイライラするもの。これ以上ストレスをためてしまわないためにも、できるだけ早く治してしまわなければなりません。

そこで、耳鳴りの原因がストレス性であると疑われるときによく効くリラックス方法7つを解説しています。耳が不快なときの参考としてお役立てください。



 

【耳鳴り】ストレスが原因のときに
よく効くリラックス方法

 

入浴や運動で血行を促進する


耳鳴りの原因がストレスでするようになったときの応急策の一つに、「血行を良くする」というものがあります。耳の後ろ側には脳へとつながる太い血管が隠れていますが、この血管内の血流が悪くなると耳鳴りが発生します。逆に、この部分を温めてあげれば耳鳴りの症状が改善します。

お風呂に入るのも良いですし、運動するという手もあります。また耳の後ろを局所的に温めるという手もあります。

 

生姜紅茶を飲む


入浴や運動のほか、体を温めることによって耳鳴りを改善する方法として、生姜紅茶が効果的です。生姜には体を一気にポカポカと温める効能があり、耳だけでなく全身の血行を促進させることができるからです。

特に冬場には重宝する飲み物の一つです。家にストックしておいたりティーバッグをかばんの中に忍ばせておいたりして、必要なときにいつでも飲めるように準備しておくのがおすすめです。

 

ストレッチをする


耳鳴りの原因がストレスによる場合のストレッチ方法を解説いたします。まず、片方の耳に小指を入れた状態で首を右か左のどちらかに曲げてみます。効かないようであれば逆向きにひねります。

これだけでもだいぶ症状が和らぎますが、それでも効果を感じられないなら今度は逆の耳に小指を入れ、左右のどちらかに首をひねってみましょう。

 

ツボ押しをする


ストレッチと同様、ツボ押しも耳鳴り改善にはとても効果的です。いくつかツボがありますので、万が一のときのために覚えておきましょう。

まず、「聴宮(ちょうきゅう)」と呼ばれるツボです。このツボは耳の真横にあり、口を開けるとくぼみます。この部分を軽く刺激すると耳鳴りの原因がストレス性の場合の症状が緩和されます。

もう一つは、「中渚(ちゅうしょ)で」す。こちらは薬指と小指が交差する手の甲側の場所にあります。耳鳴りがするときに強めに押すと効果があります。

さらに、「太谿(たいけい)」というくるぶしにあるツボのマッサージもおすすめです。こちらも中渚と同じように、少し強めにマッサージするようにしてください。

 

睡眠不足を解決する


耳鳴りがストレスが原因で悩まされているなら、まずはストレスの大元の一つである睡眠不足を解消しなければなりません。日ごろの激務や勉強で心身ともに疲弊しているというのに休みが取れない状態にいては、ストレスがたまるのは当然です。

睡眠不足の状態が続けば続くほど自律神経が圧迫され、結果として耳鳴りなどの症状に発展してしまうのです。日常の時間配分を工夫し、十分に眠れる時間を確保するようにしてみてください。

 

病院に行く


上に挙げた5つの対処法を実践してみてもまだ治らない場合は、病院に行って医師による診断を仰ぐ必要があります。まずは耳鼻咽喉科を受診してドクターの指示を仰いでください。それでも改善されなければ自律神経失調症が疑われますので、精神科や心療内科、神経科にあたってみましょう。

いずれにせよ耳鳴りも体からの危険信号ですので、悪化する前にきちんと答えてあげてくださいね。

 

執着するのをやめる


意外なことですが、「今耳鳴りがしている」と思えば思うほど症状がひどくなったように感じられることがあります。これは執着によるものですが、執着し過ぎることによって実際の症状まで悪化するケースは少なくありません。

特に改善に向かっているときには「まだ治らない」などと考えず、治ってきていることを受け入れるようにしましょう。医師の判断を仰いだうえでポジティブに構えるのも回復への道の一つです。

 

以上、耳鳴りの原因がストレスである場合の対処法7つを解説いたしました。

「加齢による耳鳴りならまだしも、ストレスから発生する耳鳴りは放置していても自然に治る」という考えはいまだに一般的です。しかしこのような体からのSOSに応じないままでいると、難聴や聴力の喪失といった重大な病気を引き起こしかねません。

耳鳴りの原因が「ストレス性だから」と軽視せず、医師のアドバイスを得たり、他にもツボ押しやストレッチ、血行の促進などを行って症状の改善に努めたりするようにしてください。また、肉体的・精神的疲労を悪化させる睡眠不足も解消するようにしましょう。治りかけている症状に執着し過ぎるのもNGです。

あくまでいつも頑張っている自分の体と心をいたわるというスタンスで、丁寧に接するようにしてくださいね。

 

まとめ

ストレス性耳鳴りを解消するための7つの対処法

・血行と耳鳴りの深い関係を理解し、改善に役立てましょう
・ポカポカ生姜茶を飲んで耳鳴りを改善しましょう
・耳鳴り解消ストレッチに挑戦してみましょう
・聴宮や中渚など、ストレス性の耳鳴りに効くツボを覚えておきましょう
・しっかり睡眠をとってストレスを解消しましょう
・耳鼻咽頭化や精神科を受診して原因を突き止めましょう
・執着すればするほど治らなくなります

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c