生あくびや吐き気を今すぐ抑える7つの対処

namaakubi-e1438844964424

生あくびと吐き気はよく起こる症状ですよね。原因となる病気や体調は色々考えられますが、人前で起こるとすぐに止めたくなるのが人の心理。

原因の病気によってはすぐに止まらない場合もありますが、何度も何度もあくびをする姿を他人に見られたら恥ずかしいし、吐き気があるとトイレに駈け込まなくてはならなかったり、またしばらくトイレから出られなくなったりと、とても苦しい思いをしなければならない時もあります。

そこで今日は生あくびや吐き気を今すぐ抑える7つの対処をお伝えします。



 

生あくびや吐き気を
今すぐ抑える7つの対処

 

「熱中症」水分補給をする


熱中症であくびと吐き気がある場合は、脱水症になっておりますので速やかに水分補給をしましょう。水、スポーツドリンクなどを多量に補給します。すぐに体温を下げないと全身症状が悪化しますので、両脇の下、両足の付け根の部分をアイシングして体温の上昇を防ぐことも有効です。

また、直射日光の当たる屋外、気温35度以上の時は原則運動は中止しましょう。

 

「空腹」食事をする


空腹時も脳に唯一のエネルギー源であるブドウ糖が十分にない状態なので、あくびが出たり、胃の中が何もない状態だと気持ちが悪くなり吐き気も起こります。

身体が食事をとらない事で低血糖症状になっています。1日3回の食事は定時に欠かさず取りたいですね。

 

「鉄欠乏性貧血」鉄分を含んだ食べ物を摂る


体の中の鉄の役割は赤血球の成熟には欠かせず、また、鉄は体内でヘモグロビンに変わり体中に酸素を供給します。

フライパンを鉄のフライパンに変えることも効果がありますし、カツオ、イワシ、アサリや赤貝などの魚介類、ほうれん草、小松菜、ブロッコリーなどの緑黄色野菜、レバー、豚もも肉、卵などの動物性タンパク質などに多く含まれています。

この他にも鉄の吸収を助けるビタミン類も摂る必要があるので、バランスの良い食事を摂る事も大切です。

 

「片頭痛」首筋を冷やす


皆さんの中には「頭痛持ち」という方がいらっしゃると思います。特に女性は月経との関係、また、妊娠、出産によるホルモンバランスの変化で片頭痛が起こりやすいです。

頭痛の前兆として生あくびが出たり、頭痛と共に吐き気もあったり非常につらい片頭痛ですが、首筋の部分を保冷剤をタオルなどで巻いたものなどで冷やすと拡張していた血管が収縮して頭痛が治まってきます。原因である片頭痛が治まれば、それに伴う生あくびと吐き気も治まります。

 

「糖尿病」血糖値のコントロールをする


糖尿病は高血糖になったり、低血糖になったり血液中の糖分の値が不安定です。

低血糖になった場合にあくび、身体の不快感を感じ、意識障害から糖尿病性昏睡という非常に危険な状態になる場合もあります。糖尿病になると血液中のブドウ糖をコントロールしているインスリンというホルモンが不足し血糖値のコントロールが上手にできなくなります。

1型糖尿病、2型糖尿病によっても治療法が違いますが、インスリン注射や内服薬を処方された通りに行うことは基本です。さらに運動や食習慣を改善することで糖尿病という病気になる事を予防できますので普段の生活習慣を見直すことが大切です。

 

「乗り物酔い」旅程を中断する


生あくびと吐き気は乗り物酔いの時には起こります。

乗り物酔いは予防的に乗り物酔い用の内服薬を飲んでも酔ってしまう場合があります。その場合は薬の説明書の時間以上間隔が開いていれば内服薬を追加で飲むこともできます。

できることなら窓を開ける、我慢せずに吐く、頭をなるべく動かさずに静かに休むなど方法はありますが、可能であればバス、車などの乗り物から降りることで急速に体調が良くなります。

 

「パニック発作」呼吸法を行う


パニック発作の場合にもあくびや吐き気の症状が起こります。呼吸が早くなり、浅くなります。そんな時は意識して落ち着くことが大切で、呼吸することに注意して行ってみましょう。

まず鼻からゆっくり息を吸い、口をすぼめてフーっと息を吐きます。息を吸うときもゆっくり、吐く時もゆっくり行います。発作の起きそうな時は過呼吸ぎみになっているので呼吸からゆっくり深く変えて行くようにしてみましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

生あくびと吐き気に対する対処法を7つご紹介しました。この2つの症状は様々な病気が原因で起こるもので、対処策も一様ではありません。病気も自分には身近なものや、全く関係のないものまで多岐にわたっています。

その中で実際に行える対処策をご紹介してみましたが、基本的に原因となる病気をきちんと治療することが大切で、症状だけ抑えることはいわゆる西欧医療の対症療法でしかありません。症状だけ治まればいいなどとは言わずにきちんと病気と向き合うことが大切です。

 

まとめ

生あくびや吐き気を今すぐ抑える7つの対処

・「熱中症」水分補給をする
・「空腹」食事をする
・「鉄欠乏性貧血」鉄分を含んだ食べ物を摂る
・「片頭痛」首筋を冷やす
・「糖尿病」血糖値のコントロールをする
・「乗り物酔い」旅程を中断する
・「パニック発作」呼吸法を行う

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c