お腹痩せダイエットのコツ☆運動と便秘解消の秘法伝授!

お腹痩せダイエットのコツ☆運動と便秘解消の秘法伝授!

お腹痩せダイエットは、女性に限らず健康的な生活への第一歩です。女性の健康に関する悩みとして非常に多いのが、便秘です。便秘が続くと、肌荒れや頭痛などの症状が出てきますし、健康の源は腸が要だと言われています。古い食べ物を溜め込まない生活は、お腹痩せダイエットになり、健康な生活となるでしょう。

とは言えお腹痩せダイエットに、食事や水分の摂取を工夫している人は沢山いますが、なかなか簡単に解消しないのが、便秘。便秘の原因は様々ですが、なぜ女性が便秘になりやすい理由の一つに、女性の方が筋力が弱く、腸の運動が鈍くなることが挙げられます。

食べ物に気をつけても便秘が解消せず、お腹痩せダイエットが進まない人は、もしかしたらお腹の筋力不足が原因かもしれません。そんな人には、お腹の筋力を付ける運動で便秘を解消する、お腹痩せダイエットがおすすめです。

本記事では、お腹痩せダイエットに効果抜群の、初心者からできる下腹部を鍛えるトレーニング法を伝授します。



 

お腹痩せダイエットのコツ☆
運動と便秘解消の秘法伝授!

 

お腹痩せダイエットには、常日頃の腹式呼吸!


腹式呼吸法を身に付け、習慣にしていると腹筋が自然と強くなります。腹式呼吸法の魅力は、便秘解消によるお腹痩せダイエットに限らない点です。通常呼吸よりもカロリーを消費するために、基礎代謝がアップします。

【腹式呼吸でお腹痩せダイエット】

①真っ直ぐに立って、腹式呼吸をしながら息を吸い込んで、お腹を膨らましていきます。

②いっぱいに息を吸いこんだら、今度は息をゆっくりと吐きだしていきます。お腹の奥の方にある筋肉を意識して、お腹を引き寄せるようにギューっとお腹を凹ませていきます。

③全て息を吐き切って、限界までお腹を凹ませたら、最低でも15秒以上このままの状態をキープします。浅く息を吸ってもかまいませんので、60秒くらいまでキープできるようなるといいですね。

一日に何回かこの動作を行うだけで、腹筋を鍛えることができます。慣れてきたら簡単に、しかもいつでもできる呼吸法ですので、日常生活にこまめに取り入れて、生活習慣にしてしまいましょう。

 

きつくない腹筋運動で腹筋を鍛える


お腹痩せダイエットで効果的な、腹筋を鍛えるトレーニングは、このような方法なら、初心者でも始めやすいです。

【腹筋が弱い初心者向けのトレーニング】

①床に仰向けに寝ます。脚を肩幅くらいに広げて、膝を立てます。

②手はお腹に置きます。上半身を上げられるところまで持ち上げ、背中を丸めておへそを見ます。

③腹筋に力が入っていることを感じながら、そのまま15秒ほどキープします。この時、息を止めてしまわないようにしましょう。

腹筋の筋肉が弱い方は、無理せずに出来る秒数と回数から始めるようにし、徐々に増やしていくようにしましょう。お腹痩せダイエットの事始めとして挑戦してみましょう。

便秘がちな人の場合には、通常の腹筋運動だと1回も出来ずに挫折してしまうケースが多々あります。そんな時にはこの腹筋法から徐々に負荷を掛けて行くと、スムーズなステップアップが望めます。

 

膝の左右倒し運動で腸のぜん動運動を促す


お腹痩せダイエットに不可欠な便秘の解消では、常習していた便秘薬から離れたいところです。そのためには、腹筋運動とともに、腸を動かす工夫も加えて進めると良いでしょう。

【便秘解消に効く、膝の左右倒し運動】

①床に仰向けに寝ます。脚を肩幅くらいに広げて、膝を立てます。

②両手を横に広げ、お尻の下の方だけを浮かせるような気持ちで骨盤を立てます。尾骨を床に押し付ける気持ち行うと分かりやすいでしょう。15秒ほどキープしたら、元の状態に戻します。

③膝をゆっくりと左右どちらかに倒していきます。この時、肩が床から浮かないように気をつけましょう。倒したら10秒ほどキープして、今度は反対側に倒します。この動作を左右交互に10回から20回ほど行いましょう。

お腹周りの運動によって、腸を刺激することにより、休んでいた腸が動き出すことが多くあります。これは、膝の左右倒しで全体を適度に刺激してみる方法です。

 

お腹周りを刺激する体操で、腸の動きを活発に


腸の動きを活発にする運動は、前述した膝の左右倒し運動以外にもいくつかあります。お腹痩せダイエットに挑戦する人々の場合には、頑固な便秘に悩む人も多いので、いくつか組み合わせても良いでしょう。

【腸の動きを活発にする体操】

①床に真っ直ぐに仰向けに寝ます。片方の膝を胸に引き寄せ、肩が浮かないようにしっかりと床に肩をつけながら両手で抱え込みます。太ももでお腹をグーッと押すように、息を吐きながらしっかりと引き寄せます。

②いったん抱え込んだ手をはなしたら、今度は曲げた方の脚の膝に反対側の手だけを当てて、伸ばした脚の外側に向けて倒します。

膝に当てた手の側の肩がなるべく床に近づくようにしっかりと胸を開きましょう。もとの姿勢に戻してから、反対側にも同様に行います。

お腹痩せダイエットなら、これらの腸を適度に刺激する運動を、腹式呼吸をしながら5分から10分を目安にゆっくり行ってみてください。体全体をストレッチすることで、猫背の姿勢も改善し、内臓全体が動き出すでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。ここでお伝えしたお腹痩せダイエット方法は、便秘解消に役立つものが中心です。運動のメニューは、腹筋を鍛えて筋肉を強化して便秘体質を解消するもの、腸に刺激を与えて直接的にぜん動運動を活発にさせる運動の両方です。

お腹痩せダイエットをキッカケに、一時的に便秘が解消されれば嬉しいことです。けれども、やはり根本的に便秘傾向にある体質を、改善していくことも必要です。便秘薬に頼る毎日では、下痢と便秘を繰り返すケースも多く、生活にも支障が出てきます。

腹筋力の弱い方でも負担なく始められる内容ですので、日ごろから便秘に悩んでいる方は、今日からさっそく毎日この4つの運動メニューを取り入れてみましょう。お腹痩せダイエットも順調に進み、スッキリとしたお腹の上に、毎日を快適に過ごせます。

 

まとめ

便秘を解消してスリムなお腹を手に入れるトレーニング法

・正しい腹式呼吸法をマスターして、基礎代謝を上げる
・腹筋が弱い初心者は、ムリのないトレーニングから
・膝を左右に倒して、腸を刺激することで便秘解消に
・腸の動きを活発にするトレーニングを、ゆっくり複数行う

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c