脂肪肝サプリメントを活用!生活習慣病リスクを下げる方法

脂肪肝サプリメントを活用!生活習慣病リスクを下げる方法

脂肪肝サプリメントを取り入れて、脂肪肝を治し、進行しないようにしたいものですね。脂肪肝は飲酒や食生活が原因でなる肝機能を低下させる病気です。肝臓は沈黙の臓器とも言われるので、かなり進行するまで自覚症状は出てきません。症状が進行すると、全身の倦怠感・上腹部の痛み・黄疸が現れるようになります。脂肪肝は肝細胞に中性脂肪が過剰に溜まる病気です。肝臓は本来中性脂肪をエネルギー源として貯えてくれる臓器です。

しかし中性脂肪の量が肝臓全体の5%以上になると脂肪肝と診断されます。脂肪肝を治すには食生活に気を付けて、肝臓の働きをサポートする脂肪肝サプリメントを取り入れるのも良いですね。脂肪肝は脂肪性肝炎という段階に進み、更に肝硬変、最後には肝がんに進行することもあります。それでは脂肪肝サプリメントに含まれている、脂肪肝に効く成分をお伝えします。



 

脂肪肝サプリメントを活用!
生活習慣病リスクを下げる方法

 

タウリンをサプリメントを摂ろう


脂肪肝サプリメントとしてタウリンが入っている物があります。タウリンには胆汁酸の分泌を盛んにしてくれて、肝細胞の再生を促進する働きがあります。タウリンは肝臓に蓄積されている中性脂肪の排出を助ける働きがあり、肝臓の解毒作用をサポートする働きもあります。

またタウリンは交感神経に作用して、塩分の過剰摂取による高血圧を予防する効果もあります。脂肪肝が気になったら、タウリンの入った脂肪肝サプリメントを生活の中に取りいれると肝臓のサポートになりますね。

 

オルニチンのサプリメントを摂ろう


脂肪肝サプリメントには、しじみにも含まれているオルニチンを配合したサプリメントが多くあります。オルニチンは肝臓の解毒作用をサポートする働きがあります。オルニチンは食品から取り入れようとすると、かなりの量のしじみなどを食べなければ体が必要とする量にはなりません。

なかなか食品でオルニチンを摂るのは難しいようです。オルニチンは1日に400〜1000mgの量を摂取すると、肝臓のサポート効果が期待できます。毎日の生活の中で必要な量のオルニチンを脂肪肝サプリメントで摂った方が手軽に続けやすいです。

 

亜鉛のサプリメントを摂ろう


脂肪肝サプリメントには、アルコールを分解する亜鉛が入っている物があります。アルコールを摂取した時に、人間の体はアルコールを分解する為に大量の亜鉛が必要になります。アルコールは肝臓で分解されて有毒物質を体の外へ排出します。

これらの働きには亜鉛も関わってくるので、亜鉛を摂取しなければなりません。亜鉛を多く含む食材は牡蠣ですが、食事で牡蠣を毎日摂ることは難しいですね。そういう時は脂肪肝サプリメントで亜鉛を補うのも賢い方法と言えるでしょう。

 

サポニンのサプリメントを摂ろう


脂肪肝サプリメントには、脂肪の蓄積を防ぐサポニンを含むサプリメントがあります。サポニンは、血管に付着した脂肪を洗い流したり、老化の元となる脂肪酸の酸化を防ぐ働きをします。血栓を予防したり、成人病や老化防止の効果もあります。

サポニンは大豆に含まれる栄養素で、肝機能を正常に保つ働きがあります。サポニンを摂るには、大豆や豆乳で摂れますが、毎日続けることはできない人も多いようです。毎日の生活の中でサポニンを摂るには、サポニンを含む脂肪肝サプリメントを摂ることも1つの方法です。

 

スルフォラファンのサプリメントを摂ろう


脂肪肝サプリメントには、肝臓の解毒機能に作用するスルフォラファンを配合したサプリメントがあります。スルフォラファンはブロッコリースプラウト(新芽)から発見された成分です。スルフォラファンは人間が本来備えている解毒酵素を増産し、肝臓の解毒力を強化する力があります。

1日に必要なスルフォラファンは30mgですが、ブロッコリーなら1株(230g)食べなければなりません。スルフォラファンは熱に強いですが、水溶性なので茹で汁を捨てると減ってしまいます。なかなか食事で摂ることは難しい方は、スルフォラファンを含む脂肪肝サプリメントを摂ると良いでしょう。

 

セサミンのサプリメントを摂ろう


脂肪肝サプリメントには、活性酸素を退治する作用のあるセサミンを配合したサプリメントがあります。ごまの種子に含まれるゴマリグナン類の1種がセサミンです。セサミンは肝臓まで運ばれて、直接肝臓の活性酸素を退治して、肝機能を良くする効果があります。

セサミンは1日に10mg必要で、ごまに換算すると約3000粒です。しかしごまには糖質や脂質もたくさん含まれているので、ごまを大量に食べると肥満になってしまいます。セサミンを摂取するには、脂肪肝サプリメントでセサミンを摂る方が安心かもしれません。

 

クルクミンのサプリメントを摂ろう


脂肪肝サプリメントには、肝機能の強化や胆汁の分泌を促進させるクルクミンを配合したサプリメントがあります。クルクミンはポリフェノールの1種で、ウコンなどに含まれている黄色の色素成分です。肝機能が低下すると胆汁の分泌が減り、肝臓への負担が増します。

クルクミンは胆汁の分泌を促進させ、肝臓への負担を軽減してくれます。更にクルクミンは肝臓における有害物質の分解や解毒作用を促します。実はクルクミンは水に溶けにくく、そのまま摂取しても体内への吸収があまり良くありません。高吸収型に開発されたクルクミンを配合した脂肪肝サプリメントからクルクミンを摂る方が効果的です。

 

いかがでしたでしょうか。

生活習慣病リスクを下げる為に脂肪肝サプリメントを活用する方法を紹介しました。健康診断で肝臓の数値が悪かった人は、脂肪肝にならないように気を付けたいですね。飲酒の機会が多い人や肝臓の数値が悪いまま放置している人は、脂肪肝や肝炎、肝硬変になることもあります。肝臓の数値が高かった人は、高タンパク、低カロリーの食生活に変えていくと良いでしょう。

お酒の好きな人は休肝日を作って、肝臓にかかる負担を減らしましょう。また、脂肪肝にならない為には適度に運動することも大切です。体内に脂肪を溜めないように有酸素運動を行うことが効果的です。食事ではなかなか肝臓に良い栄養素を摂れないことも多いので、脂肪肝サプリメントを摂るといいですね。肝臓の数値を良くしたい人やお酒をよく飲む人には、脂肪肝サプリメントをお勧めします。ぜひ活用してみてください。

 

まとめ

脂肪肝サプリメントを活用して生活習慣病のリスクを下げるには

・肝細胞の再生を促進するタウリン配合の脂肪肝サプリメントを摂りましょう
・肝臓の解毒作用をサポートするオルニチン配合の脂肪肝サプリメントを摂りましょう
・アルコールを分解する亜鉛を配合した脂肪肝サプリメントを摂りましょう
・脂肪の蓄積を防ぐサポニン配合の脂肪肝サプリメントを摂りましょう
・肝臓の解毒機能に作用するスルフォラファン配合の脂肪肝サプリメントを摂りましょう
・肝臓の活性酸素を退治するセサミン配合の脂肪肝サプリメントを摂りましょう
・肝機能の強化や胆汁の分泌を促進させるクルクミン配合のサプリメントを摂りましょう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c