手のしびれの原因は?放置してはいけない病気の兆候

手のしびれの原因は?放置してはいけない病気の兆候
なんだか手のしびれを感じる、その原因はなんでしょう。そんなとき、あなただったらどうしますか?すぐに病院に行くかそのまま放っておくかの二択であればおそらく、そのまま放っておくのではないでしょうか。

確かにたかが手のしびれで病院に行くという方は少ないでしょう。多少なりともお金のかかる病院と、自然に任せることを天秤にかければ放置するという方の方が圧倒的に多いことは予想できますよね。ですが、手のしびれなんて大した原因でもないし、すぐに治まると安易に考えていると、その裏で深刻な病気が進行していたという可能性も十分にありえるのです。

片手を下に敷いて寝てしまった。重い荷物を腕に下げていた。などの手のしびれの原因として思い当たる出来事が無い方は、何らかの病気の兆候であることも視野に入れておくと良いかもしれません。

以下では先ほど述べたように腕に物理的に負荷をかけていたわけではないけれど、なぜか手のしびれを感じるというあなたに原因として発症している可能性のある病気についてお伝えします。心当たりのある方は、一度病院で受診しましょう。



 

手のしびれの原因は?
放置してはいけない病気の兆候

 

生死を分ける重篤な病気である脳梗塞


手のしびれの原因となる危険な病気、まず最初にご紹介するのは脳梗塞です。脳梗塞は脳卒中の一種にあたるということはご存知でしょうか?脳卒中とは脳の病気の中でも、血管の異常(病気)を指します。脳の血管の病気をまとめた総称と考えていただくとわかりやすいかもしれません。そんな脳の血管の病気である脳卒中ですが、この7割から8割が脳梗塞によるものであると言われているのです。

脳梗塞という単語は誰でも聞いたことがありますよね。脳梗塞が原因で亡くなってしまったという方もときどき耳にするのではないでしょうか。脳梗塞は、脳の血管が狭くなったり詰まったりすることで脳の血流が止まることを指す病気です。脳梗塞は日本人の死因第三位にランクインしている病気でもあるため、早期発見が重要です。

この脳梗塞の初期段階の症状に、手のしびれが挙げられます。良く知られている脳梗塞の兆候としては、ろれつがまわらなくなる、立ちくらみがするといったものが挙げられます。手のしびれと脳梗塞をすぐに関連付ける方は少ないかもしれませんが、実は手のしびれも脳梗塞の初期症状である可能性があることを覚えておくと早期発見につながります。

 

脳梗塞以外の脳卒中である脳出血


上記では手のしびれの原因として考えられる脳梗塞の可能性について述べさせていただきましたが、今度は脳出血についてご紹介いたします。先ほど説明したように、脳梗塞は脳の血管が詰まる病気です。脳出血はそれに対して、文字通り脳で出血が起こってしまった状態を指す病気です。

脳出血は脳梗塞以外の2・3割にあてはまる脳卒中という枠組みに入ってきます。こちらも脳梗塞と同様に、手のしびれの原因だけで脳出血だと関連付けることはあまりありませんよね。頭を打ったり衝撃を受けたりと脳から出血する原因があるならともかく、手のしびれを感じるから原因が脳出血だとは思いもしないのではないでしょうか。

しかし脳出血も最悪の場合は死に至ることがある怖ろしい病気です。手のしびれの原因が脳出血を示している可能性がある以上、継続的に症状が出ているようであれば、一度は病院へ行ってみることをおすすめします。ちなみに脳梗塞も脳出血も生活習慣病発症に関係してくるため、日々の生活でしっかり予防していきましょう。

ちなみに脳に関する病気として、脳腫瘍の可能性もわずかですが存在します。腫瘍が良性のものであれば心配はないのですが、悪性であればがんの可能性があるかもしれません。可能性としては低いですが、いずれにしても違和感がある場合は早めに検査を受けておきましょう。

 

高齢の方は後縦靭帯骨化症の疑いが


後縦靭帯骨化症。あまり耳慣れない病名ですね。この病気は比較的高齢の方に多い病気で、進行性があります。比較的高齢の方に多いと述べたとおり、若い方はあまり発症することはありません。ある程度年齢の高い方で手のしびれを感じるという方は、後縦靭帯骨化症の疑いがあるかもしれません。

この病気の主な原因は首の付け根の靭帯です。後縦靭帯骨化症という病名に『首』という単語もないせいでわかりにくいのですが、首の付け根の靭帯が後縦靭帯ですね。ここに刺のようなものができることで、手のしびれが出てしまった状態になります。

この後縦靭帯骨化症という病気は難病に指定されている病気でもありますので、身体障害者手帳を取得することができます。つまりそれだけ重い病気だという風に認識していただかなければなりません。手術をすれば多少は症状が改善することもありますが、改善しない場合もあります。手術後も手のしびれがとれなかったり、悪化して動かなくなったりする場合さえもあるのです。

この病気の怖いところは手のしびれだけでなく、足のしびれにも警戒が必要な点です。症状が手に出る場合と足に出る場合がありますので、この病気の疑いがあるときは整形外科を受診しましょう。悪化した場合は日常生活に支障が出てくることは間違いありませんので、それに合わせて福祉用具などが必要となります。

 

頚椎症とよばれる肩こり、首こり


頚椎症と呼ぶとなんだか物々しいですが、肩こりや首こりと言うとわかりやすいですね。肩こりや首こりは経験のある方も多いのではないでしょうか。

もしも肩こりや首こりを起こすことが頻繁にあるというのであれば、あなたの手のしびれの原因は腕ではなく肩や首かもしれません。一日中デスクワークだったり、肩や首を酷使するような職業に就いてはいませんか?今のあなたは肩や首がこりすぎて腕や手までもがしびれたように感じてしまっている状態です。

肩こり首こりについては絶対にこれが有効だというような治療法はありませんよね。同じ悩みを持つ方に整体やリラクゼーションサロンを紹介してもらったり、体操やストレッチを日常的に取り入れていくことで身体をほぐしてあげましょう。身体をほぐす機会が全くないという方は、ストレッチを習慣にするだけでしびれの解消に繋がるかもしれませんよ!

 

いかがでしたか。手のしびれはちょっとしたことで起こりやすいことから、放っておけば治るだろうと軽視されがちになります。とても身近な身体異常であるために、あまり大げさに考える方が少ないというのも納得できます。

ですがたかが手のしびれで病院まで行くのは馬鹿らしいと考えているあなたも、上記のような病気の可能性がある以上は一度は診察を受けてみた方がいいかもしれません。どんな病気であっても、早期発見が深刻化の分かれ目になります。

病気の兆候があったにもかかわらず放っておいて病気が進行していたりすると、後悔してもしきれませんよね。たった一つしかないあなたの身体なのですから、軽んじることなく大切にしてあげてくださいね。

 

まとめ

手のしびれの原因は?放置してはいけない病気の兆候

・生死を分ける重篤な病気である脳梗塞
・脳梗塞以外の脳卒中である脳出血
・高齢の方は後縦靭帯骨化症の疑いが
・頚椎症とよばれる肩こり、首こり

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c