痛風に良い食べ物を知らないと大変なことになる5つの理由

痛風に良い食べ物を知らないと大変なことになる5つの理由
痛風という言葉は知っていても、詳しくは知らないという人は多いですよね。だから痛風に良い食べ物と言っても、ピンと来ないのではないでしょうか。

ちなみに痛風とは、関節炎の一種で、血中の尿酸値が高い人がなりやすい病気です。症状で多いのは、足の親指の付け根辺りの激痛や赤く腫れてしまう関節炎で、最初は1週間もすれば自然と治まります。男性は発症する割合が高く、30歳以上の男性の1%以上は痛風と言われ、増加しているのです。

そして、最初に痛風の症状が出ても、すぐ治ってしまうものもあり、治療しないままでいると、症状が出る間隔が短くなり、他の病気を併発してしまうこともあるので気を付けたいですね。そこで今日は、痛風に良い食べ物を知らないと大変なことになる理由をお伝えします。



 

痛風に良い食べ物を知らないと
大変なことになる5つの理由

 

運動が出来ない


痛風になって、好きなお酒や食べ物を我慢するよりは、痛風に良い食べ物を知って、きちんと予防をする方が得策です。

実は、生活習慣病の予防を兼ねて、肥満の解消の為に激しい運動をしてしまうと、尿酸値が急激に上昇してしまい、痛風の発作が出てしまう可能性があります。

その為、発作の激痛を回避する為にも、ダイエット等をする前に、痛風に良い食べ物を知っておかないといけません。

ウォーキング等は、痛風発作が治まっていれば出来ますが、激しい運動は、たくさんの汗をかくため、体内の水分が減少して肝臓に負担がかかり、その結果、尿酸値が高くなってしまうので、注意が必要ですね。

痛風に良い食べ物を知り、今からでも痛風対策をしておかないと、スポーツを楽しめなくなったり、ダイエットしなくてはいけない時に出来なるので、気を付けましょう。

 

食事制限でストレスが溜まる


痛風の治療は主に食事療法なので、塩分や脂質などの摂取を抑えるように指導されます。他にも、プリン体が多く含まれる食べ物などを出来るだけ避けるようにと言われてしまう為、食べる楽しみが激減してしまうのです。

しかし、ストレスが溜まってしまうと痛風の発作が出やすくなってしまうので、食事制限を気にし過ぎるのも、よくないので、痛風に良い食べ物を知って、上手に取り入れることが出来れば、ストレスが軽減されますね。

覚えてしまえばとても便利で、まずは、痛風で控えたい食べ物を取る時に、痛風に良い食べ物を一緒に取るようにしてください。

要は、バランスが大事で、その調節の為には、きちんと痛風に良い食べ物を理解しておくことが大切です。健康の為にストレス過多にならないよう、少しだけ、勉強も必要ですね。

 

飲酒翌日の痛風発作を防げない


痛風の発作は、お酒を多量に摂取してしまった翌日に起こることが多いのですが、アルコールが尿酸を増加させるだけでなく、排出も低下させてしまうのが原因です。

特にビールはプリン体が多く含まれているので、痛風の人や予防の為には、控えめにしたいところですが、愛飲家の人にとっては飲めないのは苦痛のはず。

だったら、お酒を飲む時に、痛風に良い食べ物を食べれば、尿酸の排出を手助けしてくれるので、翌日、痛風発作の痛みで苦しむことが防げますよ。

痛風に良い食べ物を覚えておいて、酔っぱらう前に注文してしまい、食べておけば安心です。先に食べ物を胃に入れておくので、アルコールの吸収も少しは抑えられます。せっかくの楽しい時間を、後悔することが無いように、きちんと覚えておきましょう。

 

仕事に支障が出る


痛風の発作は、痛みが激しく、1週間前後続き、その後は嘘のように症状が消えてしまいますが、対策をしないでいると、年に1、2回は、激痛に襲われることになってしまいます。

痛風は、初めての発作から年数が経つほど、痛む部分の範囲が広がり、期間の間隔も短くなってくるのです。そして、一番困るのは、いつ、この発作が出るかわからないと言うこと。

仕事中に激痛が起こると、何も出来なくなってしまう為、大事な仕事に支障が出てしまいます。理由が入院するような病気であれば、周囲も仕方がないと理解を示してくれるでしょう。

しかし、痛風が原因の場合、自己管理がきちんと出来ていなくて、仕事に穴を空けてしまったという風にしか取られませんよ。

それに万が一、運転中なら、事故を起こしてしまう可能性だってあるのです。痛風に良い食べ物を、日々食べるようにして、仕事に支障を出さない様にしてくださいね。

 

糖尿病などを併発しやすい


痛風というと、生活習慣病のひとつと言われていますが、痛風と診断された場合、糖尿病の対策も一緒にしておかないと、心筋梗塞や脳梗塞などの危険が高まってしまいます。

高血圧や高脂血症などの併発も多くみられる為、健康診断で尿酸値を指摘された場合は、予防策をすぐ始めることが、あなたの今後の生活を守ることになるのです。

それに、この病気は多くの生活習慣病と密接な関係があるので、気付けば、併発していたということが多い為、出来ることから始めていきましょう。

その中でも、食はとても大切なので、痛風に良い食べ物や取り方をきちんと知っておくと、痛風の改善だけでなく、併発を防ぐことにもなる為、意識して摂取するように心がけると、高額な医療費を払わなくても済むかもしれませんよ。

 

いかがでしたか。痛風に良い食べ物を知ることは、あなたの命を守ることにもなります。オーバーだと思うのは、あなたが自分の健康を過信しているから。

どんなに元気でも、ストレスなどが原因で、痛風発作を起こしてしまう可能性があるので、仕事のストレスをお酒を飲んで晴らそうという時には、予め、痛風に良い食べ物を取り、尿酸値を上げないように気をつけて、翌朝の目覚めが痛風発作という最悪な結果を迎えることがないようにしたいですね。

要は、あなたの心がけひとつで、痛風の痛みを知ることなく、食事やお酒を楽しむ生活を送ることが出来るということを頭の片隅に置いておきましょう。

これから、痛風に良い食べ物だけでなく、生活習慣を見直し、無理のない範囲で出来ることから始めて、後悔、先に立たずということにならないよう、意識して日々を過ごしてください。

まとめ

痛風に良い食べ物を知らない怖さとは

・ 運動が出来ない
・ 食事制限でストレスが溜まる
・ 飲酒翌日の痛風発作を防げない
・ 仕事に支障が出る
・ 糖尿病などを併発しやすい



1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c