痛風に良い食べ物で成人の習慣病を防ぐ5つのコツ

痛風に良い食べ物で成人の習慣病を防ぐ5つのコツ
痛風と聞くと、足の指が痛くなる辛い症状が浮かびますよね。ひどいと激痛を伴うこともあり、それが痛風に良い食べ物をとるだけで改善するのであれば、うれしいはず。

ちなみに痛風の原因は尿酸ですが、上手く排出されないと、体内に蓄積され尿酸塩の結晶が出来てしまいます。それらが足の関節などに溜まってしまい、痛風発作で痛い思いをすることになるのです。

もちろん、他の臓器にも蓄積され、成人病などを併発することも多々あります。今は、ビールなどの飲み過ぎで、プリン体を過剰摂取してしまい、若くして痛風になってしまう人も増えているんですよ。

ちなみに痛風に良い食べ物と言えば、海藻や豆腐などがありますが、食べるだけでなく、ちょっとしたことを気にかけるだけで生活習慣病まで防ぐことが出来るのです。そこで今日は、痛風に良い食べ物を取り、成人の生活習慣病を防ぐコツを5つ、お伝えします。



 

痛風に良い食べ物で
成人の習慣病を防ぐ5つのコツ

 

痛風に悪い食べ物の摂取を抑える


痛風に良い食べ物があるということは、悪い食べ物もあるということですよね。どんなに痛風に良い食べ物を積極的にとっても、悪い食べ物をたくさん食べていては、痛風は改善されません。

痛風に悪い食べ物はプリン体が多く含まれている食品なのですが、レバーやイワシの干物、干しシイタケなど、体に良いとされるものが多いのです。

その為、プリン体の摂取を以前ほど制限しないようになりましたが、痛風の人は、過剰摂取を避けるようにしましょう。

プリン体が多い食べ物を食べるときは、同時に少ない食べ物も取るようにし、総摂取量を減らすように心がけることで、食生活の見直しにもなり、成人の習慣病を防ぐことが出来ますよ。

ただし、痛風に良い食べ物の中には、お米やうどんなども含まれていますので、くれぐれも食べ過ぎないように気を付けましょう。

 

1日2ℓの水を飲んで尿酸を排出しよう


痛風の症状の改善の基本は、水をたくさん飲むことです。毎日、2ℓは飲んでください。ちなみにアルコールは水分として換算しませんから、お水や麦茶、緑茶などで取りましょう。甘い飲み物も、避けてくださいね。

尿酸値を下げるために水分を取っているのに、逆に上げてしまうことになるからです。水分をたくさん取って、尿の量を増やすことが出来れば、約7割近くの尿酸が尿と一緒に排出されるので、尿酸塩の結晶が出来にくくなります。

そして、痛風に良い食べ物と一緒に水分を多く取れば、食べ過ぎを防ぎ、成人の習慣病が自然と防げますよ。お水は、一度に大量に飲むのではなく、出来るだけ分けて飲むようにすると、食事のスピードも遅くなり、血糖値の上昇も緩やかにしてくれます。毎日、2ℓのお水を取ることを習慣にしてください。

 

アルカリ性の食品を食べて尿酸値を下げよう


尿酸は名前からも分かるように酸性です。その為、尿を中性、又はアルカリ性にしてしまえば、尿酸が溶けて排出されやすくなります。

だから、痛風に良い食べ物を食べるのと一緒に、アルカリ性の食品を意識的に取るように心がけましょう。ひじきやごぼう・バナナなどがアルカリ性の食品です。

これらは、美容と健康に良いと言われ、食物繊維が豊富なので、尿だけでなく、便秘などの解消にも効果がありますよ。コレステロールの吸収を抑制してくれたり、血糖値の急激な上昇を抑えてくれ、糖尿病などの予防にもなります。

痛風に良い食べ物を食べ、そしてアルカリ性の食品を食べることで、尿酸値が下がるだけでなく、様々な習慣病を防ぐことが出来るので、積極的に取るようにしてくださいね。

 

適度な運動を取り入れて健康になろう


習慣病の予防に運動を取り入れている人も多いでしょう。ですが、痛風の人は、運動の仕方によっては、症状を悪化させてしまうこともあるのです。

特に激しい運動は、尿酸値が高くなってしまうので、気を付けましょう。久しぶりに思いっきり運動して、自己満足している人がいますが、それもおすすめ出来ません。

痛風の改善には、継続的な適度な運動が良いのです。特に有酸素運動は、尿酸値を下げ、肥満の解消にも効果があります。逆に、無酸素運動は、早いスピードでプリン体を作って放出してしまうので、尿酸値が上昇しやすいのです。

だから、痛風に良い食べ物と適度な運動(有酸素運動)で、体重管理を行うといいですよ。数年後、今より健康である為に、適度な運動を頑張って続けていきましょう。

 

痛風に良い食べ物を知ってストレスを減らそう


痛風に良い食べ物や悪い食べ物、1日のプリン体の摂取量など、健康の為に気にすることは、悪いことではありません。きちんと管理した食生活を心がけることによって、今後のあなたの体を守ることになるからです。

しかし、それがストレスになってしまっては、元も子もありませんよ。痛風の原因の尿酸値は、ストレスを感じると、上がってしまうんからです。

痛風に良い食べ物を知って、それを上手に食事に取り入れ、自分を縛り過ぎないようにしましょう。ストレスが溜まれば、アルコールにも手が出やすくなってしまいますよね。

気にしないのは良くありませんが、気にし過ぎは絶対にやめてください。習慣病は、ストレスが原因のものが多いのです。痛風に良い食べ物を取り、ストレスを溜めないように生活することで、尿酸値を改善し、他の習慣病も防げるでしょう。

 

いかがでしたか。痛風に良い食べ物を食べているから大丈夫だと思うのは間違いだということに気付いていただけたでしょうか。

良いものをきちんと知って、あなたの生活に無理なく取り入れ、それを継続することによって、その効果がきちんと発揮されるのです。

その為に、水分をしっかり取ったり、有酸素運動をして、痛風に良い食べ物の効果をアップさせると、痛風だけでなく、他の病気も自然に予防が出来ますよ。

継続は力なりと言いますが、自分で上手く長くコントロールすることで、辛い痛みからの解放や体調を良好に保つことが可能になるのです。

それに、痛風い良い食べ物は、比較的安価なものが多く、1年中、手に入るものがほとんどですよね。経済的に負担がかかるものは続けるのが難しいですが、そういう点でも安心して、始めることが出来るのではないでしょうか。生活習慣病の予防の為にも、ぜひ始めてみてください。

まとめ

痛風に良い食べ物で生活習慣病を防ぐには

・ 痛風に悪い食べ物の摂取を抑える
・ 1日2ℓの水を飲んで尿酸を排出しよう
・ アルカリ性の食品を食べて尿酸値を下げよう
・ 適度な運動を取り入れて健康になろう
・ 痛風に良い食べ物を知ってストレスを減らそう



1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c