突き指の腫れを悪化させない7つの応急処置 

突き指の腫れを悪化させない7つの応急処置 

スポーツなどで突き指をしてしまった時、腫れを悪化させないためには応急処置が肝心ですよね。応急処置を適切に行わないと、痛みがなかなか治まらなかったり苦痛が長引くことになります。

初期治療を怠ったがために、治癒までの時間がものすごく長くなるというケースも多々有ります。スポーツをするのであれば特に、突き指の応急処置法は頭に入れておき、迅速に対応するべきでしょう。そこで今日は突き指の腫れを悪化させないための7つの応急処置についてお伝えします。



 

突き指の腫れを悪化させない
7つの応急処置

 

指を動かさない


突き指をしたときに、具合をみるために多少動かすことはあっても、痛みに耐えてまで腫れている個所を動かしてはいけません。ましてや、突き指を引っ張って伸ばすなど言語道断。余計に腫れあがって痛みが酷くなるので、絶対にやめてください。腫れた患部を安静に、動かさないようにすることが第一です。

 

氷で冷やす


次に、突き指をした個所を氷やアイスノンで冷やすといいでしょう。冷やすことで痛みを緩和する効果があります。また冷やすことで患部の炎症を抑え、腫れを引かせる効果もあるのです。

突き指による腫れは、内出血によるもののため、冷やすことで血流を滞らせ、それ以上腫れるのを防ぐのです。突き指になったらとにかく安静にして、まずは冷やすことを心がけましょう。

 

添え木などで固定する


突き指の腫れた部分を冷やしたら、次は患部が動かないように添え木などで固定するといいでしょう。突き指をした際に冷やすことと同じくらい大切なのが、「動かさないこと」なのです。添え木は、指に巻けるサイズで、硬いものであれば何でも代用することができます。

慌てずに添え木に適したものを用意して固定しましょう。病院に行くまでの移動の短い時間とはいえ、添え木をせずに移動すると突き指個所を動かしてしまったり、どこかへぶつけてしまったりと、更なる悪化の恐れがあります。一手間かかりますが、添え木をしてから移動しましょう。

 

手を心臓より高い位置に


突き指の腫れ部分に血液が集中することを防ぐために、突き指を下側の手を上にあげる方法を推奨する医師もいます。何も手を万歳のように高く上げなくても、心臓よりも高い位置に持ってくれば十分でしょう。

冷やすことを徹底して腫れを防げば、手を上げることはそれほど重要ではないのですが、応急処置の一つの方法として頭に入れておくべきでしょう。

 

スポーツをするときは「冷やしグッズ」を


スポーツをする際には氷やアイスノンなどの「冷やす道具」は必須と言っていいでしょう。必ず用意したうえで運動をしてください。冷やすことさえ徹底して行えば、後々におおごとにならずにすむでしょう。氷を入れて患部に当てることのできる「氷のう」もあると便利です。

スポーツで怪我したときに、迅速に患部を冷やすためのアイテムも多く出回っているため、使いやすいものを選びましょう。スプレーで冷やす方法もありますが、慣れないうちは扱いが難しく、患部以外が急激に冷えて更に痛い思いをしてしまうので、使用方法には十分注意をしましょう。

 

「引っ張って治す」は間違い!


「突き指をしたときは引っ張るといい。」とか、「突き指具合をみるために動かしてみるといい。」など、昔から言われていますが、これは大間違いです。「引っ張って治す」がなぜ普及したのかは定かではありませんが、「突いて縮んだ指を元通り伸ばす。」などの迷信から広まったとも言われています。

一度突き指になった方ならわかるでしょうが、突き指になった時に引っ張ると激痛を伴います。患部の腫れは内出血をしているせいなので、引っ張るとますます内出血がすすんでしまうでしょう。引っ張ってはかえって突き指を悪化させるため、絶対に引っ張ってはいけません。

 

出来れば近くの整形外科へ


スポーツをしている人間なら一度は突き指をしたことがあるのではないでしょうか。特にバスケットやバレーボールといった、手を使う球技では突き指は日常茶飯事です。そのため、それらのスポーツ選手は突き指を甘く見てしまう傾向にあります。「応急処置して数日経てば治る。」と決めてかかっているせいです。

しかし「突き指と思っていたら、本当は骨にひびが入っていた。」とか、「痛みが引かないと思ったら骨折していた。」などという話しも珍しくありません。そのため突き指になったときには必ず近くの整形外科へ行き、出来ればレントゲンで詳細を確認しましょう。

 

突き指の腫れを悪化させないための方法をお伝えしました。中でも一番大切と思われる「冷却」だけは、最低限きっちりとしておきましょう。

冷やして腫れが治まれば一番ですが、冷やしても安静にしても腫れも痛みも治まらない!という時は、骨折を疑ってみるといいでしょう。指一本でも腫れや痛みで使えないと、日常生活はものすごく困難になるため、早めに治しておきたいですよね。

 

今日のまとめ

突き指の腫れを悪化させない為に

・指を動かさない
・氷で冷やす
・添え木などで固定する
・手を心臓より高い位置に
・スポーツをするときは氷のうを
・「引っ張って治す」は間違い!
・出来れば近くの整形外科へ

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c