爪の病気に注意、日常生活で気を付けるべき7つの事

爪の病気に注意、日常生活で気を付けるべき7つの事

爪は女性にとっても手仕事や立ち仕事をする人にとってもとても大事な部分です。ですが爪は外界からの環境を受けやすく、すぐに爪の病気にかかりやすいことはあまり知られていません。また、爪が肥厚したり皮膚が変色しても何ともないと考えそのまま放置しマニキュアなどを塗ることで爪の病気は一気に悪化して爪を切開しなければならない状態になるのです。

そうならない為にもまずは考えられる爪の病気をきちんと知っておく必要があります。そのうえできちんと日常生活で気を付けていくことで誰でも爪の病気にかからない様にできるのです。では爪の病気とはいったい何があるのでしょうか。またどのように気を付けるべきなのでしょうか。そこで今日は症状別に考えられる爪の病気と生活で気を付ける事についてお伝えします。



 

爪の病気に注意
日常生活で気を付けるべき7つの事

 

爪白癬にならない様に爪を常に清潔に乾燥させておく


爪白癬はいわゆる爪の水虫で爪の病気の中で一番多い人が発症します。爪に白癬という菌が張り付いて、爪の色が白く濁ったり黄色くなったりします。爪白癬は市販薬ではなかなか治らない為、皮膚科受診による抗菌薬や軟膏の処方が必要です。爪白癬にならない為に生活で注意するべきことは通気性が良い靴選びが重要になります。

また、なるべくなら靴下をはかないようにし乾燥するようにしてください。靴下を通気性の良い物にして足を清潔に保てるようにカーペットや床を常に清潔に保つことも必要です。また、大浴場などでいろんな人が裸足になる場所では脱衣所で感染する事もあるので必ず足をきれいに拭いてから靴下をはく様にしてください。

 

爪に黒い線が入っているときはメラノーマの可能性がある


メラノーマは皮膚がんの一種で症状が悪化したら中々治癒するのが難しいガンですが早期発見で完治は可能です。ですのでメラノーマを疑うような黒い線や内出血のような爪の病気になったら早めに病院に受診が必要です。

生活上、気を付ける事としては皮膚がんは紫外線の当て過ぎが一番の原因と言われていますので紫外線が強い時は紫外線予防の為に日傘や帽子、サングラスをして外出する事で予防は可能です。また、紫外線の吸収を抑える様に外出前よりも外出後にビタミンが多い食事を摂ることが有効と言われているのでお勧めです。

 

女性はカビ菌に気を付ける


気づかないうちに爪の色が緑になっている人は爪が緑膿菌に感染している可能性があります。良く女性でジェルネイルをする人は気を付けた方がいい爪の病気です。ジェルネイルはマニキュアよりも長時間長持ちする為、長時間爪をネイルが覆っているので一度隙間から入ったカビ菌が爪の中で気づかないうちに繁殖していることが多くあります。

これを気づかないでいるとカビが体内に繁殖して色々な症状を引き起こします。生活上で緑膿菌にならない為に気を付ける事はまずはネイルをしない時間を持ち、爪のチェックをする必要があります。爪が弱っていると感じたら、マニキュアやジェルネイルをつけるのを辞めて爪を清潔に保つ必要があります。

 

カンジタ症にならない為に爪を日頃から切っておく


爪が凸凹(でこぼこ)になったらカンジタ症という爪の病気になっている可能性があります。カンジタ症はカンジタ菌が伸びた爪の隙間から入り込み爪の中でカンジタ菌が繁殖する事で爪が白く濁り凸凹になります。

酷い人は爪が少しずつぼろぼろに剥がれ落ちます。そうならない為に生活上気を付ける事は菌が入り込まない様に爪は短くすることが必要です。水仕事の人にかかりやすく、子供にも移りやすい為、水仕事の後は必ず手を洗いしっかりと乾かしてから手仕事を始める事が大切になります。

 

陥入爪にならない為には足に合う靴の装着を


陥入爪は爪が肥厚、変形する事で皮膚に必要以上に爪が食い込んでくる爪の病気です。これが原因で靴がうまく履くことが出来なくなり、強い痛みで長時間の歩行が困難になる事もあります。陥入爪にならない為に生活で気を付ける事は爪を適度に切って形を整える様にしてください。爪を切り過ぎても長すぎてもいけません。

変形し肥厚しない為にはなるべく爪にストレスがかからない様にする事が一番大切になります。自分の足に合った靴選びも重要になります。靴が合わないことで爪に必要以上に負担がかかり爪が変形する事もあるのです。

 

栄養不良により爪がぼろぼろにならない為に食事の改善を


栄養不良により爪に栄養がいかずに爪が徐々にぼろぼろになり爪がきちんと伸びなくなります。栄養が偏っている現代の人には意外に多い爪の病気です。体型はきちんとあるのに栄養失調で爪がぼろぼろなのです。

そうならない為にはまずは食生活を改善し栄養のバランスが取れた食事を摂ることが大切になります。また、ストレスが多い人や精神的に不安定な人もこの様な爪の状態になりやすいので気をつけてください。気づいたときには爪が一枚も残っていないと言うこともありますので。

 

貧血を改善し健康な爪に


スプーンのように爪がなっている人や少しの衝撃で爪が剥がれやすい人は鉄欠乏性貧血になっている可能性があります。その場合は爪の血行は悪くなり感染や爪の病気を起こしやすい状態になっています。

まずは貧血を改善する必要があります。食事で改善する方法はありますが、忙しい人はサプリメントで補充しなければすぐには爪の状態は改善しない可能性がありますのでそれまでは爪に負担がかからないよう、感染しない様に清潔にし、何も塗らないほうがいいかもしれません。

 

さて、爪の病気と言っても大したことは無いだろうと考えていた人はこれを読んで驚いたかもしれませんが命をも危ぶむ爪の病気が潜んでいる可能性もあるのです。また、そのような菌を常に爪につけながら家事や料理をしている可能性もあるのです。

爪のケアもきちんとしたプロにやってもらっているから大丈夫だろうと放置していたり不潔な状態を繰り返すと気づかないうちに取り返しのきかないような爪の病気にかかっている可能性もあるのです。そうならない為にも、まずは爪の清潔が一番大切です。次に大切なのが食事です。

爪が不潔な状態が続き、爪に栄養が無い状態では不健康ですぐに感染や病気を起こしやすくなるのです。そうならない様にする事で安心して生活したいですよね。自分の爪を見て症状が当てはまる人は一度皮膚科に受診する事が必要です。今は爪の病気になっていない人でもこれからならない為にも今回に事を参考にして生活で気を付けてみてください。

 

今日のまとめ

爪の病気にならないように気を付けること

・爪白癬にならないように爪を常に清潔に乾燥させておく
・爪に黒い線が入っているときはメラノーマの可能性がある
・女性はカビ菌に気を付ける
・カンジタ症にならない為に爪を日頃から切っておく
・陥入爪にならない為には足に合う靴の装着を
・栄養不良により爪がぼろぼろにならない為に食事の改善を
・貧血を改善し健康な爪に

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c