自分では気づきにくい!汗が臭いか分かる7つの方法

自分では気づきにくい!汗が臭いか分かる7つの方法
自分の汗が臭いかどうか、自分では気づきにくいのは、なぜでしょう。 それは、“自分のにおい”というのは、ずっと常に自分の周りを取り巻いているので、そのにおいを感じる感覚がマヒしてしまっているからだと考えられます。

たとえば、知人宅を訪問した際「知人宅の“家のにおい”」が気になったとしても、長い時間そこで過ごしているうちにだんだんその“家のにおい”に慣れてしまった経験がありませんか?まさにそれがその代表例です。

たまに訪れた人が、においを感じる状態であっても、ずっとその空間で過ごしている人にとっては、なかなかそのにおいを自覚できません。それと同じように、自分の体臭というのは慣れてしまって、なかなか感じにくいようです。

「自分の体臭がどれだけにおうのか、それが分かりにくい」という理由で、本来、悩みを抱える必要がない人が、「自分の体臭がきつくて、他人から非難されているのではないか?」と、体臭の悩みを抱えて、最近増加傾向にあるようです。

そこで今日は、自分では気づきにくい汗のにおいを少しでも分かる方法をお伝えします。



 

自分では気づきにくい!
汗が臭いか分かる7つの方法

 

ビニールなどでにおいを集めて、すぐに自分の鼻で吸い込む


「お昼にギョーザ食べた?」と家族に言われて初めて「あ!」っと思いだすことがありませんか?なぜ自分で食べたものなのに、気がつかないのでしょうか?これは、自分の体臭などを吸い込むことがないように、鼻のしくみが造られているため、自分のにおいには気付きにくいのです。

また、においには慣れの問題も生じます。人間の鼻は、同じにおいを長い間嗅いでいると、においを感じる部分が疲れて、においを感じなくなります。いつもかいでいるにおい、体臭などが主なのですが、鼻が慣れてしまってそのにおいを感じなくなってしまいます。

そこで自分の体臭を確認する方法、まずは、自分の体臭を感じられるように汗をかいたら、自分の体臭をビニール袋などに、においを集めて自分の鼻にもどしてあげてみてください。

 

脱いだばかりのシャツのにおいをかぐ


タイミングは、お風呂上りです。お風呂から上がった直後、自分が身につけていた洋服をにおってみてください。お風呂では体をきれいに洗い、お風呂の蒸気で、においがリセットされるので、その状態で、自分が身につけていた洋服をにおうと、ある程度、客観的に確かめることができます。

においの強さ、どんなにおいがするのか、どれだけにおうのかがよく分かると思います。特に匂ってほしいところは、脇の部分で、どのくらいにおうのか?脇からひどいにおいがして、布が黄色くなっているのなら、わきがの可能性があります。

お風呂上りまで待てないなら、汗をかいたなと思った時、または自宅に帰って着替える時などにシャツや下着に鼻を近づけてしっかりとニオイをかいでみてください。

年齢が40歳以上の方は、自分でも気づかないうちに加齢によるオヤジ臭が発生しているかも確かめてみましょう。

 

脇に汗をかいたらティッシュで拭いて、そのティッシュのにおいをかいでみる


たとえ、日ごろ自分のにおいに慣れてしまっていたとしても、脇に汗をかいたらティッシュで拭いて、そのティッシュのにおいをかいでみてください。普段の脇と鼻の距離よりもはるかに近いところで脇から発生するにおいをかぐことができるため、通常よりも強いにおいの刺激が鼻にきます。

慣れたにおいであっても、特に、わきの下には汗腺が密集しているので、自分のにおいを念入りにチェックし感じ取ることができます。

 

入浴前に、耳の後ろをティッシュでこすってにおいをかぐ


それから脇だけでなく耳の後ろのにおいもかいでみましょう。入浴前に、ティッシュで耳の後ろをこすってにおいをかぐだけです。どうですか?においはかなりきついですか?自分で審査するポイントはかなり辛口でやらないといけませんよ。

 

歯茎や舌をティッシュでこすってにおいをかぐ


この際耳の後ろをチェックすると同時に、歯ぐきや舌もティッシュでこすってにおいをかいでみてください。汗のにおいだけではなく他のにおいもプラスされているかもしれませんから。

 

家族やごくごく親しい友人などににおうか聞く


体臭を素直に指摘してくれる人ってなかなかいませんよね。いても自分以外の人から指摘されるとかなり傷つくものです。それでもやっぱり指摘してくれる人がいてくれるといいですね。

幸運にも「そういう相手がいるわ」という人は、より的確に自分のにおいについて知ることができるチャンスですから、ぜひ積極的に聞いてみましょう。

ところでもし逆に、自分が「私ってにおう?」と他人から聞かれたときに、とてつもなくにおいの強い人や自分より目上の人に、本当のことを教えてあげられますか?

 

専門医による嗅覚診断やニオイセンサーによる診断


セルフチェックのほかに、専門医による嗅覚診断やニオイセンサーによる診断が挙げられます。ニオイセンサーでは、全身の体臭の強さを測定し、わきがであるかの診断材料使います。

「他人から体臭がくさい」などと言われて専門医のところで検査してもらう人も近年多いようです。

 

いかがでしょうか。

自分の汗がどれだけにおうかどうかの確かめ方は、普段よりも“自分のにおい”をいかに自分に近づけることです。気になるところをティッシュでこすってにおいをかぐのが一番安価で、簡単で早くてわかりやすいですよね、ぜひ試してみてください。

 

今日のまとめ

自分では気づきにくい!汗が臭いが分かる7つの方法

・ビニールなどでにおいを集めて、すぐに自分の鼻で吸い込む
・脱いだばかりのシャツのにおいをかぐ
・脇に汗をかいたらティッシュで拭いて、そのティッシュのにおいをかいでみる
・入浴前に、耳の後ろをティッシュでこすってにおいをかぐ
・歯茎や舌をティッシュでこすってにおいをかぐ
・家族やごくごく親しい友人などににおうか聞く
・専門医による嗅覚診断やニオイセンサーによる診断

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c