くるぶし

骨折の対処や早く治す方法

腓骨骨折を繰り返さないために気をつけるべき7つの対策

腓骨骨折は子どもに多い骨折で、高いところから飛び降りた際に骨折する子どもが多いのです。子どもはくるぶし部位が成長途中で、大人とは違う骨の作りになっていて、骨折しやすいと言います。一度腓骨骨折をされた方へ、骨折を繰り返さないための対策法です。
骨折の対処や早く治す方法

くるぶしを骨折した時に試してみる5つのリハビリ方法

足のくるぶしを骨折したら、数週間ギブスを付けて生活することになるでしょう。骨折をしっかりと治すためにもギブスを付けている間は安静が必要です。無理に動かして悪化すると、ギブスの期間が無駄に長くなってしまうからです。
骨折の対処や早く治す方法

くるぶしを骨折したかも!病院に行く前にやるべき対処法

くるぶしを骨折したかもしれない時、病院に行く前に必ずやっておいたほうが良い対処法をご紹介しましょう。くるぶしは、腓骨(ひこつ)と呼ばれる足の外側にある骨の端に位置し、足首部分に出っ張っている骨の部分を指します。
タイトルとURLをコピーしました