ゴルフ肘にならないために、やっておくべき5つの対策

ゴルフ肘にならないために、やっておくべき5つの対策

日本のゴルフ人口は今、約12万5千人ほどと言われています。この人口は年々減少しており、ゴルフが趣味だという方にとっては由々しき事態であると言えます。純粋にゴルフを始めたいと思う方が減ってしまったのもゴルフ人口の減少原因の一つではありますが、それ以外にもゴルフ肘を発症したのをきっかけにゴルフをやめてしまう方がいるという原因が挙げられます。

一人で打ちっぱなしに行くのも楽しいですが、ゴルフと言えばやっぱりゴルフが趣味だという方同士でホールをまわるのがメインですよね。下手な上司に合わせてわざと打数を伸ばすようないわゆる接待ゴルフと言われるようなものは参加する機会が減って困ることはありませんが、気の置けないゴルフ仲間が減ってしまうのは悲しいものです。

ゴルフ肘の治療法もいろいろ紹介されていますが、一番いいのはゴルフ肘にならないことです。今回はゴルフを長く楽しみたいというあなたのために、ゴルフ肘の予防法についてご説明いたします。気付いていないだけで実はあなたもゴルフ肘予備軍かも?ここで一度確認してみましょう!

[ →続きを読む… ]

ゴルフ肘にならないための自分でできるかんたん予防策

ゴルフ肘にならないための自分でできるかんたん予防策

「ゴルフ肘」とは、「ゴルフエルボー」とも呼ばれる肘の疾患のことです。「ゴルフ」と名がつくのだから、ゴルフをしている人が発症するものだと思うと、そうではありません。日常の繰り返しの動作などで、肘をよく使う場合にもゴルフ肘は発症します。

似たような肘の疾患で「テニス肘」や「野球肘」があるのですが、肘の痛める個所が微妙に違うため、区別されます。ゴルフ肘は特に、ゴルフを始めたばかりの初心者が多く発症しやすいため、ゴルフ肘にならないために、自分でできる簡単予防策をお伝えします。

また、どんな病気やけがにも言えることですが、異変に気付いたときに早期に対応することで、予後が大きく変わります。ゴルフの練習後等に、少しでも肘に異変を感じたら、すぐに対処することをお勧めします。

[ →続きを読む… ]