脂肪肝サプリメントを上手に使って肝臓を守る6つの術

脂肪肝サプリメントを上手に使って肝臓を守る6つの術

脂肪肝サプリメントは脂肪肝にお悩みの方の救世主です。人間ドッグで脂肪肝と診断されてしまい落ち込んだ経験のある方は多いのではないでしょうか。日常的に飲酒をしていると脂肪肝になりやすいです。そのような方は脂肪肝サプリメントを活用して脂肪肝を解消させましょう。人間ドック等で脂肪肝の疑いがあると診断された方は積極的に脂肪肝サプリメントを活用してみてくださいね。

また脂肪肝サプリメントを活用して脂肪肝を未然に防ぐことも可能です。脂肪肝サプリメントは肝臓の機能を活性化し、肝臓のはたらきを回復させる効果があります。

脂肪肝になってしまうことを防止することができれば、安心して生活できるようになるだけではなく、人間ドッグの度に緊張しなくて済むようになります。脂肪肝サプリメントを活用して元気な肝臓を手に入れてくださいね。ここでは脂肪肝サプリメントを上手に使って肝臓を守る術を紹介します。

[ →続きを読む… ]

金魚運動器で体調万全!美容と健康維持に最適な理由とは?

金魚運動器で体調万全!美容と健康維持に最適な理由とは?

金魚運動器というものをご存知でしょうか。仰向けに寝た状態で足を左右に振り、金魚のような動きをアシストしてくれる器材のことを指します。金魚のような動きをすることで得られる美容や健康に関する効果が非常に多く、近年注目を集めています。

金魚運動器を使うことで体に大きな負荷をかけることなく簡単にリラックスした状態で行えるので、誰でも簡単に美容と健康の効果を得ることができます。読書やスマホをいじりながらでも簡単に行うことができるのでお試しくださいね。

また金魚運動器はダイエットにも効果があります。金魚運動器から得られる効果は多岐に渡っているので、正しく実践して多くの効果を得ていきましょう。ここでは金魚運動器で使用して美容と健康維持に最適な理由をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

宴会続きの人は要チェック!肝臓に良い食べ物ベスト10

宴会続きの人は要チェック!肝臓に良い食べ物ベスト10日常生活の中では、さまざまな場面でお酒を飲む機会がありますよね。しかし、会社関係や仲の良いお友達との歓迎会や送別会、忘年会などの宴会が続いてしまうと、ついついお酒を飲みすぎてしまうこともあるかと存じます。

身体の中に入ったアルコールを分解する働きをもつのが、みなさんもよくご存じの「肝臓」です。肝臓は、私たちの身体の右上に位置しており、肋骨に守られている大切な臓器です。その多岐にわたるその機能から、「人体の科学工場」と例えられることもしばしばです。

主な働きとして、身体の中に入った有害物質を取り除く「解毒作用」、身体に摂取された栄養素を作り替え私達の身体で使用できる状態にする「代謝作用」、脂肪の消化や吸収に必要な胆汁を作る「胆汁の作成」があります。

その中でもアルコールを摂取したときに働く機能が、「解毒作用」です。摂取されたアルコールは、肝臓へと運ばれ分解されますが、そのときに「アセトアルデヒド」という有害物質が発生します。通常、このアセトアルデヒドは、水と炭酸ガスになり身体の外へ排出されます。しかし大量に飲酒をした場合、このアセトアルデヒドは分解されず肝臓にそのまま蓄積し、肝臓病を引き起こしてしまうといわれているのです。

そうはいっても、仕事の上のお付き合いなど参加しなければいけない宴会もありますよね。そこで効果的なのが、「肝臓に良い食べ物を食べる」ということです。私達が日頃口にしている食べ物の中には、肝臓を助ける働きをする成分が含まれている物がたくさんあります。

本記事では、「肝臓に良い食べ物ベスト10」をご紹介しますので、最近宴会が続いている…という方は、ぜひ参考にしてください。

[ →続きを読む… ]

高血圧・低血圧に悩まない!血圧の平均値に今すぐ近づく7つの方法

高血圧・低血圧に悩まない!血圧の平均値に今すぐ近づく7つの方法

あなたは健康に自信がありますか?「私は元気」という人でも、ある程度年をとってきたら健康診断を受けたいものですよね。健康診断でまずすることは、血圧測定。血圧は健康のバロメーターなのです。平均値からずれている人は、少し不安になってしまのではないでしょうか。

でも、日常生活のちょっとしたことで、血圧を下げることもできるし、揚げることもできるんです。その方法をうまく取り入れると、高血圧・低血圧の悩みを解消できます。そこで今日は高血圧・低血圧に悩まない!血圧の平均値に今すぐ近づく方法についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

糖尿病の原因ワースト10とその対策方法

糖尿病の原因ワースト10とその対策方法

糖尿病はとても怖い病気ですよね。食品に含まれる糖質は、消化・分解されてブドウ糖となり、体や脳が活動するためのエネルギー源として使われます。ブドウ糖は腸で吸収されて肝臓へと運ばれ、血液に含まれて体のすみずみに届けられます。

この血液中のブドウ糖が増えすぎて、尿に糖が出る病気が糖尿病です。そして糖尿病で怖いのは、さまざまな合併症が全身にあらわれることです。

厚生労働省が実施した、平成9年の糖尿病実態調査によると、「糖尿病が強く疑われる人」は690万人にも上り、40歳以上になると5人に1人が糖尿病といわれ、今後、さらに増えることが予想されています。

今回は糖尿病になる原因とその対策をまとめてみました。若いから大丈夫と思っている方も多くいらっしゃいますが、最近では若年性の糖尿病を発症する方もいるようです。そこで今日は糖尿病の原因ワースト10とその対策方法についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]