ダイエットに簡単な運動を組み合わせて下半身をスリムにする方法

ダイエットに簡単な運動
がんばってダイエットしても下半身がなかなか細くならない、という悩みをよく聞きますよね。摂取カロリーの管理やウォーキング、ジョギングなどの王道のダイエットだけでは下半身を引き締めることにはそう簡単に結びつかないものです。

かといって、ジム通いで徹底的に激しい運動をするのは辛いし、体力的にも不安がありますよね。それでは、どうしたら下半身を効果的に引き締めることができるのでしょうか。

実は、これまでも実行していた基本的なダイエットにいくつかの簡単な運動を組み合わせれば、ずっと気にしていたぷよぷよ下半身をすっきりスリムにすることができるのです。

今までのダイエットに加えるだけで下半身の各部を引き締められる、とても簡単な運動をお伝えします。

気になる度ナンバー1!脚痩せ運動を攻略しよう

なんと言っても美脚はみんなの憧れ。ダイエットで美しい下半身を手に入れようと思っていたのに足がなかなか細くならないと嘆いている人は、この運動を試してみましょう。

1.用意するものはタオル一枚。ヨガブロックがあればそれを使用してもOKです。

2.真っ直ぐに立ち、足を握りこぶしひとつ分くらい開きます。

3.くるくると巻いて厚みを出したタオル、またはヨガブロックを太ももの間に挟み、落ちないようにお尻の筋肉をきゅっと絞めるようにして支えます。

やり方はたったこれだけ!あとはこの運動を、テレビを見ながらや台所に立ちながらなど、できるタイミングで毎日実行しましょう。

驚くことにこの運動では腹筋も鍛えることもできるので、ダイエットで下半身だけではなくくびれたウエストもゲットできるかも。毎日続けることを習慣にしましょう。

 

きゅっと上向きのお尻を手に入れよう

横に広がったり、垂れさがってしまったりと、後姿にだらしない印象を与えてしまうお尻のシルエット。せっかくダイエットしても下半身、特にお尻を鍛えないままでは、ファッションを楽しむ気持ちも半減してしまいますよね。

そこで、ヒップアップに最適な運動を伝授!今日から早速やってみましょう。

1.仰向けに寝て、両膝を立てます。腕は体のわきから少し離して伸ばし、手のひらは床に向けます。

2.お尻を持ち上げます。肩甲骨は床に付けて、そこから膝までがまっすぐ一枚の板になったように意識します。反りすぎや腰が落ち気味にならないように注意。膝が開きやすいので、できるだけ閉じるようにしましょう。

3.この状態を少しキープしてから、ゆっくり下ろします。20~30回繰り返します。

腰を上げるときも下ろすときも、ゆっくりを意識して。反動をつけると効果が薄くいうえにけがもしやすくなります。実行中は息が止まりやすいですが、ゆっくりと深い呼吸を忘れないようにしましょう。

 

大転子を引っ込めてすらりとした下半身をゲットしよう

「ダイエットして下半身もすっきりしたはずなのに、なぜか体形があか抜けない」、そんな場合は、骨盤よりも太ももの付け根の外側が張り出している可能性が…。大腿骨の上部で、外側にぽこっと出ている骨。

ここを「大転子」といいますが、骨盤がゆがんだり開いたりしていると、ここが外に張り出しやすくなります。そのままにしているとその状態で脂肪が定着してしまい、ますます横幅が目立つようになってしまうのです。

1.床に座り、両足の膝を立ててお尻の幅よりも大きめに開きます。手は体の後ろにつき、上半身を安定させます。

2.足同士の間隔を変えずに、右側に膝を倒します。

3.倒した状態を維持したまま、左の膝の上に右の足首を載せます。左側のお尻を覗き込むように上体を捻ります。この状態で30秒キープ。

その他にも、ヨガのハッピーベイビーのポーズも有効です。

 

むくみを解消してすっきりすらりとした足を作ろう

足首がきゅっと締まった足はとてもセクシー。でも、せっかくダイエットして下半身を細くしても、夕方にはむくみでパンパンになってしまっては台無しです。

一日中きれいなシルエットを保つために、むくみを簡単に解消する方法をマスターしておきましょう。

1.壁に固定された手すりなどの安定しているものにつかまって立ちます。

2.少しだけ背伸びし、両足のかかとを床から少し浮かせます。

3.精一杯背伸びできるところまで3秒ほどかけてゆっくりとかかとを上げていきます。

4.3秒ほどかけてかかとを下ろしていき、2の状態に戻ります。

5.2~4を15~20回繰り返します。

「失眠(しつみん)」「井穴(せいけつ)」「三陰交(さんいんこう)」などのツボ押しも手軽にできるのでおすすめですよ。

 

以上、ダイエットにプラスして下半身を引き締める運動でしたが、どれも今すぐ始められるものばかりでしたよね。

食事制限などのダイエットだけで下半身をバランスよく細くするのはとても難しく、「下半身が思ったより細くならない」「ほかの部分が細くなったぶん、下半身の存在感が増してしまった」などの悩みが増えてしまいがちです。

とくに下半身は生活習慣やそれまでの癖などで歪み方や筋肉の付き方が一人ひとり違うので、自分に合った運動やストレッチが必要になってくるのです。

せっかくダイエットをしたからには下半身もきれいに整えて、これまでより自信を持っていきたいもの。ご紹介した運動でもうひと頑張りして、自分史上最高のボディを手に入れましょう。


連記事