彼氏と結婚したい人が読む、ゴールまでの5つのステップ

彼氏と結婚したい人が読む、ゴールまでの5つのステップ
「今の彼氏は、私と結婚する気あるのかな」……コレ、恋する女性にとっては今も昔も変わらないお悩みですよね。おつきあいの期間が長かったり、あなたが結婚を意識する年齢だったりすればなおさら気になってしまうかもしれません。

ですがそんなあなたの気持ちを察して彼氏が今この瞬間にプロポーズしてくれる、とは限りません。いやむしろそうならない可能性のほうが高いのですから「彼氏に結婚する気があるのかないのか」で1人悶々とするのはいったんやめておきましょう。

本当は結婚はゴールではないのですが……ここにたどり着かなければ2人のその先が描けませんので、今回は「彼氏との結婚を意識し始めた」あなたが、まずは着実に結婚にたどり着くために必要なステップについてお伝えします。



 

彼氏と結婚したい人が読む、
ゴールまでの5つのステップ

 

まずは冷静になりましょう


最初から身もふたもないことを言いますがあえて言わせていただきましょう、「落ち着け」と!とくに彼氏と結婚したい願望が高まりすぎている人は要注意。

「なぜ結婚したいの?」という問いに「彼氏が好きだから」しか理由がないならまずは深呼吸するところから始めましょう。

あなたはどうして彼氏と結婚したいのですか?「ずっと一緒にいたいから」「他の誰かにとられてしまうのが不安」「周りに結婚する人が増えた」「年齢的に」……いろいろな理由が出てくるかもしれませんね。

しかし、結婚は恋愛の延長というよりは「別世界への入り口」です。好きな時に好きなように会える恋愛とは違って、アラも見えればボロも出る。「夫婦」「家族」となれば気持ちだって刻々と変化していきます。さらにいうなら、かわいらしく見えていた欠点が致命的な亀裂になることだってあるのです。

 

相手の都合についても考えてみましょう


大好きな彼氏と結婚したいと思うのはごくごく自然な感情ですよね。ですがそれを具現化するとなるとちょっと変わってきます。もしあなたが年齢や周りの様子などに影響されているのなら、逆パターンに思いを馳せてみましょう。

あなたが「仕事もしたい」「遊びたい」「もっと見聞を広めたい」と思っているところに彼氏からいきなり「俺が結婚したいから結婚してくれ」「子供も産んでほしい」「仕事はやめて家庭に入ってくれ」と言われたら。

断ったら「俺を愛していないのか」と険悪になられたとしたら。「私の都合は考えてくれていないのかな」と悲しくなりませんか?確かに出産・育児などの観点から、女性の方が年齢について現実的に考えるのは当然ですし、その点について理解を求めるのは悪くありません。

ですがそれを盾にとって押し付けようとするのは違いますよね。相手だって相手の人生設計があるのです。彼氏が今現在結婚を視野に入れていなくても、それが愛情の有無に直結するとは限りません。

 

以心伝心は存在しないと心得ましょう


あなたがプロポーズを待ちわびているのを察して彼氏から結婚を切り出してくれる、なんてそんな絶妙なタイミング、めったにないです!なので「延々と待ち続けるだけ」というのはやめておきましょう。

期待が焦りに代わり、不安になり、やがて苛立ちと焦りになるのが目に見えています。確実に精神衛生上よくないです。しかも肝心の彼氏には、あなたが何に苛立っているのかまず通じません。

もしも彼氏が結婚について考えが及んでいないのなら、なおさらあなたの焦りや苦しみには気づかないことでしょう。今この状態に満足しているのですから「どうしてわざわざ結婚するの?いろいろめんどくさいじゃない」とすら思うかもしれません。愛情があるなら察してくれるはずという幻想は捨ててください。

 

自分から結婚の意思を伝えたっていいのです


もちろん気持ちが盛り上がっているときに、彼氏から結婚を切り出してくれればそれに越したことはありませんよね。ですがなかなかそうはいかない場合、「別にプロポーズは男性からでなくてはいけない」わけではないというところにも目を向けておきましょう。

あなたが年齢だの体裁だのに関係なく純粋に彼氏が好きで、この先も彼氏と生きていきたいと思うから結婚したいんだと思えるならば、その気持ちはぜひとも彼氏に伝えてあげてください。

その答えがどんなものでも、あなた自身がどうして彼氏と結婚したいのかがぶれていなければ多少のショックを受けても取り乱したりすることはないはずです。

また、あなたからの問いかけによって彼氏が結婚を意識したり、逆に彼氏から言い出すきっかけになるかもしれません。具体的なプロポーズまでいかなくても「自分はこう考えている、あなたはどう?」と伝えることで関係に変化が訪れるでしょう。ですが、最終的な返答を急かしてはいけませんよ。

 

今のうちに家事スキルを磨いておきましょう


さて、ここまで長々と話を進めてきましたが……彼氏と結婚したいと具体的に出し始めたからには、最低限の家事スキルは身についていますよね?結婚は生活そのものです。

おつきあいしているときは外食などで済ませていた食事だって、結婚して以降も同じように外食・お惣菜ばかりだと懐にも体調にも影響してきますし、2人一緒に住むことになるのですから気を抜いて部屋が散らかり放題、なんてことが毎回続いたら幻滅されるのは必至です。

いくら「家事分担」といってもお互いの仕事内容によっては限度も出てくるはずですよ。料理掃除洗濯その他、最初は下手でも要領が悪くてもいつかは慣れます。

ですがやり方そのものを知らなければどうしようもありません。彼氏と結婚したいという願いがかなったあとから幻滅されないためにも、今のうちからこっそり花嫁修業に取り組んでおきましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

彼氏と結婚したいという願いを具現化する前の段階についてのお話になってしまいましたが、何事も土台が大切なのです。

まずはこの土台部分をしっかり固めてから次(彼氏に結婚を意識してもらう方法)へと進むべきでしょう。後先考えず「好きだから一緒にいるんだ!」と突っ走った結果失敗してしまうカップルのなんと多いことか。

せっかく気持ちが通じ合って結婚したのにあとからどんどんボロが出てきて、お互いに「こんなはずじゃなかった」と思うようになってしまったら悲しいですよね。

つい周りと比べると焦ることもあるかもしれませんが、あなたと彼氏、2人のペースで愛情を育んでいけばよいのです。「結婚をする選択・しない選択」「今年するのか・先延ばしにするのか」などなど人生は選択の連続、じっくり腰を据えて考えていきましょう。

 

まとめ

結婚にたどり着くためのステップとは

・ まずは冷静になりましょう
・ 相手の都合についても考えてみましょう
・ 以心伝心は存在しないと心得ましょう
・ 自分から結婚の意思を伝えたっていいのです
・ 今のうちに家事スキルを磨いておきましょう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c