別居したからこそ復縁できる、関係を再構築する秘訣

別居したからこそ復縁できる、関係を再構築する秘訣
一度は将来を誓い合った夫婦、もし別居する事になってしまっても、いつかは復縁したいと思いますよね。とはいえ、復縁をしたくても、自分が別居を切り出されてしまった側であった場合、アプローチの仕方がわからずどうしていいか分からないことも多いでしょう。

別居をすると頭に浮かぶ離婚の二文字。しかし、相手はいきなり離婚ではなく、あえて別居という選択肢をとっているのです。別居後でも復縁して、離婚に踏み切らないための鍵がどこかに落ちているはず。

いつか再び一緒に住むことができるよう、別居中であっても復縁のために努力をしてみませんか。実は、別居をしたからこそできる、復縁に向けた解決方法もあるのです。それでは、別居後に復縁し、関係を再構築するための秘訣をお伝えします。



 

別居したからこそ復縁できる、
関係を再構築する秘訣

 

冷静になって相手の価値観を尊重する


そもそも、なぜ別居をすることになったのでしょうか。大抵は、お互いの考えがぶつかり合って譲れなくなり、別居に至っているパターンが多いはずです。

長い間一緒にいる夫婦だからこそ、相手が自分と同じ価値観を持っているような錯覚に陥って、自分の思い通りに動いてほしいと願ってしまうもの。

ですが、夫婦であっても全く別の人間ですよね。別な人間である以上、考え方が違うのは当然。相手の持つ価値観を尊重しなければ一緒にいることはできません。

顔を合わせていると、感情的になってつい自分の言い分ばかりをぶつけてしまう失敗も増えますが、距離ができると冷静になれます。

冷静でいられる時間をつくり、相手の言い分を受け止める心を持つことは復縁への第一歩です。自分を曲げられず、相手を責める気持ちがあるうちは別居からの復縁は難しくなりますよ。

 

必要以上の連絡をせず距離を保つ


相手が別居という選択肢を取った理由は、もちろん夫婦の距離を離したいからです。つまり、連絡を取ったり会いに行ったりするなどの距離を縮める行動は、相手の意思に背くことになります。

嫌なことする人を好きにはなれませんよね。恐ろしいのは、離れて暮らしたいと思われた時点で、相手が自分に嫌悪感を持っている可能性。そこで望んでいない連絡を頻繁にすると、ますます嫌われてしまう原因をつくることになりかねません。

むしろ距離を保った結果、嫌悪感が薄まり、時が解決してくれる場合もあるのが別居からの復縁ならではの解決法なのです。

ショックやさみしさで、相手に連絡をしたくなるのは仕方ないことですが、別居からの復縁を望むならここはぐっと我慢が大切。相手から求めてこない以上、自分から距離を埋めようとする行動は避けましょう。

 

行動を整理し別居に至った原因を客観的に探る


別居後に復縁できたとしても、同居後に同じ失敗を繰り返せば、今度は離婚が現実味を帯びてきます。関係を再構築した上での復縁をするためには、別居の原因と向き合わなくてはなりません。

ポイントは、きっかけとなった出来事について、言ったこと・やったことだけを振り返る点です。相手や自分にとって明確にわかるのは内側の感情ではなく、表に出ている行為や言葉。

外から判断できる材料を整理することで、客観的な原因が見えてきます。より客観的に考えられるよう、できれば紙などに書き出してみてください。相手から見たときの自分の行動を見つめる過程で、気づけなかった問題点が見えてくるはずです。

自分はこう思った、相手はこんな風に考えたに違いない、と問題を整理するのは主観的・感情的になってしまいますのでやめましょう。自分と向き合い冷静に整理する時間を設けられるのは、別居中だからこそできることです。

 

自分ができる具体的な解決法を探る


原因がわかったら、それを取り除くことが大切ですよね。別居中であれば、次の話し合いまで時間がたっぷりあるはず。別居後に復縁するかどうか、今後のことを話し合う時期に備えて、しっかり解決策を提示できるようにしましょう。

たとえ相手に主な原因がある、という結論に至っていたとしても、今変えられるのは自分のことだけ。相手にどうしてほしいか、ではなく自分がどうするかをなるべく具体的に提示できるよう心掛けるのが肝心です。

例えば「自分が家事をしない」出来事が原因だったとして、「今度から家事をします」と言っただけでは説得力がありませんよね。

相手を納得させるためには「毎日皿洗いをする」「○曜日はトイレ掃除をする」「休みの日は料理を作る」などの明確な条件を考える必要があります。

できなかった場合はどうするのか、などのペナルティもあらかじめ説明する準備をしておくと、いざというときに真剣さを訴えることができるでしょう。

 

魅力ある人間になれるよう自分を磨く


別居をしたということは、お互いに魅力を感じなくなってきているという証拠。だからこそ、別居後に復縁するためには、もう一度自分を魅力ある人間に育て上げる努力が大切です。

相手は自分のどんなところを気に入って結婚したのでしょうか。例えば「優しい人柄にひかれて結婚したいたはずなのに、結婚したら優しくなくなっていた」というのはよくある話。

過去を振り返って、自分の魅力を再確認してみるのが近道です。相手に会う機会がないからこそ、別居中に自分の価値を高めておくと、次回会ったときに惚れ直すきっかけをつくれるでしょう。

また、相手を責めず、自分の問題点ばかりを振り返っていると、心が弱ってしまいますよね。自信をもてるよう自分を磨けば、別居中の精神状態を良好に保つこともできるはずです。

 

いかがでしたか。なんとなくネガティブなイメージばかりが先行する別居。別居を経験すると落ち込みますよね。しかし、離れて暮らすことで冷静になり、一緒に住んでいた時には気づけなかった解決策を発見できるのは、別居だからこその利点なのです。

一人でゆっくり考える時間もあるので、次の話し合いに向けてイメージトレーニングもできるはず。別居からの復縁を目指す場合、一番のポイントは、相手を尊重して、自分ができる策をどんどん実行することです。

別居を経て復縁できれば、危機をともに乗り越えた成果を得ることにもなります。ピンチはチャンス。別居というチャンスをきっかけに、復縁後もよりよい関係を構築できるよう、努力していきましょう。

まとめ

別居したあとに関係を再構築する秘訣とは

・ 冷静になって相手の価値観を尊重する
・ 必要以上の連絡をせず距離を保つ
・ 行動を整理し別居に至った原因を客観的に探る
・ 自分ができる具体的な解決法を探る
・ 魅力ある人間になれるよう自分を磨く

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c