彼女欲しいときに、周囲を出し抜いてアピールするポイント

彼女欲しいときに、周囲を出し抜いてアピールするポイント
友達の結婚が続いたとき、周りが彼女と幸せそうな日々を送っているとき、彼女がいない時期が何年か過ぎたとき。特に意味もないけれどなんとなく。「彼女欲しいなー」そんな気分になるときってありますよね。

周りにちょっといいなと思う子がいない場合、まずは出会いを見つけないことには始まりません。友達に紹介してもらったり、合コンや街コンに参加してみたり、自分に自信のある方はナンパでかわいい子を口説いてみるのもありかもしれません。

いずれにしても、まずは良い人を見つけるのが先決。彼女が欲しいという気持ちだけでは出会いは訪れません。いつもと同じ毎日をだらだらと続けるのではなく、出会いの有りそうな行動を開始しましょう。

何らかの方法でいい出会いを見つけたあなた、ここからが本番です。あなたが彼女にしたいなーと思う子を彼女にするためには、周りを出し抜いてアピールしなければなりません。自分が彼女にしたいと思えるような子なら、当然他の誰かにもそう思われている可能性が高いです。

以下では彼女欲しいときに周りを出し抜いてアピールするポイントをお伝えします。しっかりポイントをおさえて行動しましょう!



 

彼女欲しいときに、
周囲を出し抜いてアピールするポイント

 

清潔感のあるコーディネートを心がける


あなたがお付き合いしたいと思っている女性は、清潔感のない服装をしていてふりむいてくれるでしょうか。答えは否です。どれほどお金持ちであろうとかっこいい見た目をしていようとも、服装がだらしない人がモテることはありません。

「彼女欲しい!」そう思っているのであればまずは清潔感のあるコーディネートと心がけることから始めましょう

人間は見た目が9割だといいます。それは単に顔のつくりが整っているかどうかということではなく、自分の魅力を最大限に引き出した格好をしているかどうかということなのです。彼女欲しい欲しいというきもちだけが先だって前のめりに行動する前に、自分の見た目にもきちんと気を遣いましょう。

特に気を遣っていただきたいのは靴です。服だけを小奇麗に整えてブランド物の時計を付けてアピールしても、靴が薄汚れていては話になりません。女性というのは細かい場所まできちんとチェックしています。襟や袖、足元まで綺麗に整えておきましょう。

 

レディーファーストを念頭に行動する


昔は亭主関白というのが当たり前でした。男性は寡黙に働き、女性は家を守るというのが当前だったのですね。

昔大ヒットした関白宣言という歌をご存知でしょうか。歌の中に妻は夫より先に起きて家のことを完ぺきにこなし、夫より後に寝なければならないという歌詞があります。ヒットしたものの男尊女卑のように聞こえるせいかだいぶ顰蹙も買ったようですが、昔の家庭のあるべき姿はまさにあの歌の内容のようなものでした。男性が彼女欲しいだなんて簡単に口にするのも昔では考えられないことでした。

しかし現代は男女平等が掲げられるようになり、夫や妻の在り方も昔とはまったく違ってきています。当然恋人に求める条件も変わっています。

今の女性は何もしてくれない男性に魅力を感じません。何も家庭のことをしないような言動のある男性では彼氏にしたいと思ってくれません。逆に自分にかいがいしく尽くしてくれる男性とこそ、付き合いたいと思うものなのです。

彼女欲しいという気持ちがあるのならば、レディーファーストを念頭に行動すれば魅力的に映るはずです

 

さりげなく視線を合わせる


あなたが付き合いたいと思っている相手がある程度身近にいる場合、できるだけさりげなく視線を合わせるようにしましょう。この行動には彼女欲しい付き合いたいという気持ちを前面に押し出してはいけません。

視線の合わせ方はなるべくさりげなく、見つめ続けるのではなくちらちら見るだけにとどめましょう。

彼女欲しいというオーラを込めてじーっと瞬きもせずに見つめ続けると、相手の女性に恐怖心を抱かせることになりかねません。どうしてあの人はこっちを睨んでいるんだろうと思われないためにも、あくまでも自然にさりげなく視線を合わせましょう。

偶然何度も視線が合ったと思わせることで彼女があなたを意識してくれるようになります。

 

連絡を頻繁にとるようにする


初歩的なポイントになりますが、周囲を出し抜くためにはやはり連絡を取ることが必要不可欠です。

使い古されたベタな手ではありますが、毎日連絡を取ってから一日連絡を途絶えさせると、相手が気になって連絡をしてくるという方法があります。恋愛の駆け引きとして必ずと言っていいほど使われる手ではありますが、それは裏を返せば使い古されるほど有効だということです。

彼女欲しいというきもちがすでに前面に出てしまっているのであれば、とりあえずは毎日連絡するようにしましょう。ベタな手段も試さないより試してみた方がいいです。

ただしここで注意していただきたいのは、相手の返事は求めないことです。彼女欲しいという気持ちを押し出すあまり相手に返事を強要すると、彼女が負担に感じてしまう可能性があります。最悪の場合、告白もしていないのにフラれる可能性さえあります。

彼女欲しいから連絡するというのは決して悪いことではありませんが、相手に当日中の返信などの見返りを求めるのはやめ得ましょう。あくまでも自分が連絡をとりたいからとっているだけで、相手の返事はあってもなくてもいいよくらいの余裕を持ちましょう。

 

相手の好きな場所に誘う


彼女欲しいという気持ちがあれば相手の情報くらいは仕入れていますよね。最初は情報が無くとも毎日連絡を取ったり話しかけたりしていれば自ずと相手の好きな場所もわかるはずです。ここは今までの情報をもとに相手に最もオッケーをもらいやすい場所に誘ってみましょう

野球観戦に全く興味が無い女の子を野球観戦に誘っても、ついて来てくれない可能性が高いです。逆に言えば、興味が無い場所にでもついて来てくれるのであれば、彼女はあなたに興味があるといえます。この段階であればあまり相手の好みは考えなくてもいいかもしれません。一思いに告白してしまいましょう。

相手の好きな場所にまったく見当がつかないという場合、選択肢を与えてきいてみるといいかもしれません。遊びに行くなら「○○と××どっちがいい?」という聞き方をすれば、よっぽど変な選択肢を与えない限りはどちらかをえらんでくれるはずです。

この質問に対して「どっちも貴方とはいきたくない」と返された場合は全く脈がありません。思い切って諦めるのも視野に入れましょう。

 

いかがでしたか。彼女が欲しいと思うあまりに一番大事な彼女の気持ちを考えずに行動してしまうと、周囲を出し抜くどころか周囲に出し抜かれて痛い思いをすることになります。

確実に両想いになれる方法なんてものはありませんが、ほんの少しポイントを押さえるだけで恋愛を有利に進めることは出来ます。彼女欲しいとがっつく前に、まずは自分の魅力を最大限に引き出せる恰好を見つけてから次の段階に進んでくださいね。

最後になりますが、一番大事なのはあなたが彼女のことをどれだけ好きで大事にしたいと思っているかということです。押しに弱い女性もたくさんいますが、それは相手の男性が自分のことを大事にしてくれる人だということ前提です。彼女のことを大切にしたいと思いながら行動すれば自然と周囲との差をつけることができるはずです。上記で紹介したポイントを押さえながらがんばってください。

 

まとめ

彼女欲しいときに、周囲を出し抜いてアピールするポイント

・清潔感のあるコーディネートを心がける
・レディーファーストを念頭に行動する
・さりげなく視線を合わせる
・連絡を頻繁にとるようにする
・相手の好きな場所に誘う

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c