自分にピッタリの ウェディングブーケを準備する5つの方法

自分にピッタリのウェディングブーケを準備する5つの方法
ウェディングブーケは花嫁を引き立たせる大切なアイテムですが、素敵な種類が色々ありどれにするかドレス以上に選ぶのが大変ですよね。ウェディングブーケはどれも同じように見えますがそれぞれに個性があり、自分に一番似合うもので花嫁の美しさを最大限に引き出してくれるタイプが理想です。

一生に一度のイベントは全て準備万端で臨まないといけません、ドレス選び、髪型、メイク、など花嫁が頭を悩めことは色々あります。ウェディングブーケは普段使うことがないので、実際に選ぶ時になにを基準にするべきか、まったくアイデアが浮かばない人もいるでしょう。

そこで本日は結婚式のウェディングブーケを選ぶ際に、どうやって自分に一番合うタイプを選ぶか大切なポイントについてお伝えします。

 

自分にピッタリの
ウェディングブーケを準備する5つの方法

 

ドレスの形とバランスがあうブーケを選びましょう

ウェディングブーケは花嫁の手元を輝かせるだけでなく、全体像を引き立たせる役目がありますのでドレスとのバランスはとても大切ですよね。

ウェディングブーケには色々な形がありふんわり広がるドレスには丸形のラウンドブーケやオーバルブーケ、そして流れるようなキャスケードブーケがオススメです。

また最近人気があるエレガントなAラインやマーメイドラインのドレスの場合は三日月の形のクレセントブーケ、茎の部分が特徴のアームブーケなども良いでしょう。

ウェディングブーケはドレスの一部でもありますから、デザインや色などはコーディネーターに相談して決めるのも方法のひとつです。

 

特別な思い出がある花を使いましょう

ウェディングブーケは式場で簡単に選んでしまう人もいますが、皆さん色々思い出や一生に残る記念として花の種類にこだわる人も少なくありませんよね。

大好きな花や思い出がある花をブーケにプラスするのも方法のひとつ。ウェディングブーケはドレスと同様に純粋無垢を表すものとして、白がメインとなっています。最近はピンクやパープルなどのカラー系も人気があり、フェザーやリボンでアクセントをつける個性的なタイプもあります。

思い出のある花を使ったブーケは結婚式が終わった後もドライフラワーなどにして残しておくことができますので、記念になる花を選ぶ点も意識してみましょう。

 

自分の体型に合わせて形を決めましょう

ウェディングブーケは自分の体型とバランスを合わせないと、せっかくのドレス姿がしっくりこないなんてこともありますよね。

例えば身長の高い人は小さめなブーケよりもボリューム感を出して全身のバランスを合わせる点がポイント。逆に身長が低い人や痩せている人はボリュームがありすぎると手元だけが目立ってしまいます。

素敵なお花で作られたウェディングブーケはつい単体で選びがちになりますので、必ず自分の身長や体型を頭に入れて比較してください。友達や家族から贈られたブーケを使う場合は、ドレスでバランスを合わせると良いでしょう。

 

会場内の装飾を意識しましょう

結婚式は会場内があらゆるお花や装飾でとても豪華になりますよね。でも当日の主役は花嫁なので、せっかくのウェディングブーケの存在感がなくなるようではとても残念です。

テーブルに飾る花の種類、メインテーブルやゲストテーブルで使う花の雰囲気を変えるなど、会場全体とのコーディネートをすることも大切です。

あとで失敗しないためには、最初にドレスやウェディングブーケを選んでから会場の装飾について相談するとよいでしょう。自分のブーケも会場のセッティングもイメージ通りになるように、写真などを使って参考にしてください。

 

季節や値段を考慮して選びましょう

花は季節感をだす大切な役目がありますので、結婚式を行う時期に一番美しい花を選びたいですよね。どうしてもこだわる花がある場合、季節外れだと値段が高くなることも考えられます。

年間を通して入手しやすいものにはバラやガーベラなどがありますが、結婚式の日程を決める時に花の季節感を意識するのも良いでしょう。

ウェディングブーケはひとつ3万円前後のタイプが多く、高額なものになるときりがありません。結婚式はなにかとお金がかかりますのでウェディングブーケも予算に合わせる点が重要です。

季節の花は比較的安く入手できますし、お色直しでブーケを変えるかどうか、また写真撮影で使うブーケをどうするかなども考えておきましょう。

 

いかがでしたか。大切な結婚式は髪型から足元まですべて完璧にしておきたいですよね。ウェディングブーケは式場に任せてしまう人もいると思いますが、一番大切なポイントは花嫁本人が満足するものであるかどうか。

結婚式は自分が主役ですべての視線が集まっています。最高に綺麗な自分を演出するためにも、細かいアイテムにもこだわりを持つことが必要なのです。どれを選ぶべきか迷った時は、フラワーコーディネーターに相談したり友達や家族にアドバイスしてもらうのもよいでしょう。

最近はアフターブーケよばれ、式の後に花を保存する技術も進んでいます。花びらを額に入れて絵画のように長期保存することもできますので、結婚式が終わってからも楽しめるような素敵なウェディングブーケを見つけてください。

まとめ

自分にあうウェディングブーケを選ぶには

・ ドレスの形とバランスがあうブーケを選びましょう
・ 特別な思い出がある花を使いましょう
・ 自分の体型に合わせて形を決めましょう
・ 会場内の装飾を意識しましょう
・ 季節や値段を考慮して選びましょう


連記事