別居の生活費を大幅に節約する7つのやりくり術

別居の生活費を大幅に節約する7つのやりくり術
「毎日喧嘩ばかりだった妻と別居出来てせいせいしている。」「夫の暴力から、子供と自分を守るためには別居しかなかったの」と別居したことによって、気持ちの面ではスッキリした方も多いでしょう。でもそこで一つ問題となってくるのが、金銭面ですよね。

収入は変わっていないのに、別居することにより世帯が2つになるので、経済的に厳しくなるのも当たり前、、、。共働きの家庭は、夫と妻の両方に収入がありますから「別居しても何とかやっていけている」という方もいます。けれど問題は家計の収入源は夫ただ一人で、妻は専業主婦で収入がないという場合です。

お子さまがいる場合は、妻と一緒に別居する事が多いのでお金もかかります。いくら夫から生活費を貰っていると言っても、もし離婚したときのために蓄えは残しておきたいですし・・・そう考えると残された道は「節約」しかありません。そこで今日は、別居状態の時に’生活費を大幅に節約する7つのやりくり術をお伝えします。



 

別居の生活費を大幅に節約する
7つのやりくり術

 


別居中は実家にお世話になる


別居すると決まった時点で、まず一番に決めなければいけないのが「住まい」です。生活費を大幅に節約するのであれば、実家暮らしをするのが一番です。では、ここからは妻側の立場に立ってお話ししていきます。あなたの現状はただ別居しただけで、戸籍上は妻であるために公的な補助が一切受けられません。出来るとすれば、児童手当の口座を夫から妻名義の口座に変更する位です。よっていくら生活を貰っていても、それに家賃まで発生してしまうと家計が苦しくなるのは目に見えています。もし別居が離婚に至った場合のことを考えて、出来るだけ貯金しておきたい時期でもありますので、なるべく実家に住まわせて貰って家賃分を節約すると良いでしょう。

 

別居の際、出来るだけの荷物を持ってくる


別居の際には、出来るだけ荷物を持って出てくることをオススメします。なぜなら身一つで出てきてしまうと、改めで自分と子供の衣服、生活用品、学校用品などを全て買い揃えなければいけない可能性があるからです。もちろんもう一度取りに行けたら良いのですが、中には夫のDVにあって命からがら逃げてきたという人もいるでしょう。いずれは別居を考えているという方は、普段から相手に気づかれなように荷物を別の場所に移しておくのも一つの手です。でも、特に子供のものは思い入れもあると思うので出来るだけ持ちだして来れたら良いですよね。

 

特売日にまとめ買いして冷凍


食費はかかっても、仕方ないと思っていませんか?今までは、節約など考えずにスーパーで買い物していたという方も、別居したら節約生活の始まりです。まずは、フリージングの達人になりましょう。肉や魚、野菜にいたるまで特売日に買いだめをしておくのです。下ごしらえをして、1回分ごとにまとめて冷凍すれば食費は押さえられるし、調理の手間の省けるので光熱費も節約できるのです。

 

車は出来るだけ使わない


最近ガソリン代が本当に高いですよね~。車ってなかなか乗りながら節約は出来ないので、乗らないことが一番の節約になると思います。
そこで別居生活を始めると同時に、自転車生活を続けてみるのも良いのではないでしょうか?これだけでだいぶ節約できることは間違いありません。体力もつきますし、節約にもなりますので、自転車生活オススメですよ!

 

保険料を下げる


保険料はこれからの長い人生何が起こるか分かりませんので、かけておくべきだと思います。しかし、別居生活が始まったら一度見直してみてはいかがでしょうか?毎月口座から引き落とされるので、お金を使っていると言う実感が湧きにくいかと思いますが、1年分の保険料を現金で見るときっと驚くと思います。形あるものに使うお金ではありませんので、少し損した気分にもなりますよね。保険料はランクを一つ下げても問題ないかと思います。

 

外食をしない


スーパーで家族3人分の夕食の材料を買うと、だいたい1000円~1500円内で済むかと思います。ですが、外食だとそうはいきません。
1人分で約1000円ほどかかるかと思いますので、3人の合計で約3000円となり、自宅で食べる時の倍の費用がかかってしまうのです。
ですからなるべく外食はしないで、「お家ご飯」にしたほうが経済面・健康面から見ても良いでしょう。

 

弁護士は無料相談を利用


現在別居中という事は、今後離婚について考えているという方も多いと思います。別居中には、子供の事や生活費・養育費のことなど今後について専門家に相談したいこともでてくるでしょう。でも弁護士には相談するだけでお金がかかりますので、別居中に足しげく専門家の元に通うのは金銭的に辛いという方も多いと思います。そこで法テラスなどの無料弁護士制度を利用するなどして、弁護士費用を節約することをオススメします。法テラスを利用できるかどうかは、所得制限がありますので一度問い合わせをしてはいかがでしょうか?

 

以上、別居の生活費を大幅に節約する7つのやりくり術をお伝えしました。やはり別居中はお金が出ていくことの方が多いと思います。今後別居から離婚を考えている方は、おそらくもっとお金がかかることでしょう。そこで出来るだけ節約して、今ある貯金を出来るだけ切り崩すことなく生活していくのが一番良いと思います。今日お伝えした方法は、今すぐ実践できる方法ばかりですので、是非試してみてください。

 

今日のまとめ

別居の生活費を大幅に節約する
7つのやりくり術

別居中は実家にお世話になる
別居の際、出来るだけの荷物を持ってくる
特売日にまとめ買いして冷凍
車は出来るだけ使わない
保険料を下げる
外食をしない
弁護士は無料相談を利用

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c