1か月で夫婦仲が変わる!仲良し夫婦を作る9つの習慣

1か月で夫婦仲が変わる!仲良し夫婦を作る9つの習慣

新婚の頃は甘い結婚生活を送れていたのに、数年経ってみると、夫婦仲が冷めてきてしまっているな…と思っている方も多いのではないでしょうか。このままだと夫婦仲が冷め切ってしまった時に、最悪の結果である「離婚」という結末になってしまうのではと恐怖さえ感じている方も多いと思います。

そこで今日は、夫婦仲を修復して仲良し夫婦になる為の9つの習慣をお伝えします。これを実践すれば、夫婦仲は確実に変わります。ではご覧ください。



 

1か月で夫婦仲が変わる
仲良し夫婦を作る9つの習慣

 


一緒にスポーツをしよう


老夫婦で早朝、一緒にウォーキングをしている人も見たことはありませんか?実はあれこそが夫婦仲を良くする秘訣だったのです。スポーツというのは、ウォーキング、ジョギングを始め、テニスや水泳などなんでもOKです。

なぜスポーツを一緒にすることで夫婦仲が良くなるかと言うと、例えば、ジョギングであれば、「家の周りを○周すれば終わり」など、目標があり、それを二人で一緒に達成することが大事なのです。同じ目標に向かって一緒に立ち向かっていくという事は二人の距離をグッと近づけ、結果、夫婦仲が良くなります。

 


スキンシップを図ろう


冷め切っている夫婦は手を繋いだり、ハグをしたりという事はないでしょう。しかし、そこをひとつ乗り越えて、最初は違和感があると思いますが、そっと肩に触れてみたり、マッサージをし合うところから始めてもいいでしょう。

やはりスキンシップを図り、体の距離が縮まるということは、心の距離も縮まるという結果をもたらしてくれます。最初は違和感あるかもしれませんが、頑張ってスキンシップを図る努力をしてみてください。

 


デートしよう


一緒に住み、夫婦としての生活を始めると、なかなか家にいることが多くなり、外に二人で外出し、デートする機会というのは減ってきてしまうものです。しかし、そこで外に食事に行ったり、映画を観たり、ちょっとした散歩でもいいので二人でデートすることを習慣にすると良いでしょう。

恋人時代の事をおのずと思い出し、「この人の事、好きだったんだよな」と淡い恋心を抱いていた時のことを思い出す良いきっかけとなるでしょう。

 


寝る時間を合わせよう


仕事の都合上などで毎日同じ時間に就寝することは難しい人も多いでしょう。しかし、週末などのお休みの日であれば可能だと思います。同じ時間にベットに入り、相手の体温、ぬくもりを感じながら眠りにつくことはとても大切なことです。

もし、その後仕事の続きなど、何かやり残したことがあれば、パートナーが眠りについた後そっと起きてすればいいのです。とにかく一緒にベットに入って横になるという習慣が大事なのです。物理的な距離は心の距離と比例するものなので、習慣づけると夫婦仲が激変するはずです。

 


共通の趣味を楽しもう


共通の趣味で知り合って、結婚に至ったというカップルも多いのではないでしょうか。それから分かるように、自分の趣味である楽しいことを相手と共有できることで、心の共有が出来るようになり、相手に好意を持つという結果になります。

冷め切ってしまった夫婦仲を取り戻すには、二人の共通の趣味を見つけて、一緒に取り組んでみてください。共有の趣味が一つもないという夫婦はいないはずです。例えば「食べる事が好き」であれば、一緒に晩御飯を作ってみるなど、方法はいくらでもあります。そこから夫婦仲を修復する糸口が必ず見つかるはずです。

 


行ってらっしゃい」「おかえり」を言おう


当たり前の事かもしれませんが、冷め切ってしまった夫婦はしっかりとこの「行ってらっしゃい」「おかえり」が言えているでしょうか。この言葉は夫婦だからこそ、一緒に寝食を共にしているからこそ言える言葉です。「おかえり」の一言から、「今日はどうだった?」など会話が自然と続き、コミュニケーションが取れるようになるでしょう。

 


とことん喧嘩しよう


わざわざ喧嘩を吹っかけてしなければならないことではないですが、些細な事でも、喧嘩に発展してしまった時は、とことん喧嘩するようにしてみてください。どちらかが我慢してなんとなく流れてしまうという事が続くと、一方の不満がどんどん溜まっていってしまったり、何も解決しないまま、分かり合えないまま終わってしまいます。

相手のことをよく理解するためにも、とことん喧嘩して、そこからお互いのことを思いやりながら解決方法を導きだしてみてください。その姿勢に相手の愛を感じるようになり、夫婦仲を修復できるようになるでしょう。

 


毎朝一緒に朝食を食べよう


まず、朝の習慣である朝食を一緒に食べることで、自然と会話へと繋がっていきます。「今日はどうするの?」「何時に仕事終わるの?」など相手のスケジュールを自然と把握できることで、安心感へとつながり、お互いに信頼関係を取り戻すことが出来るでしょう。
また、そこから自然と会話も成立するので、冷め切った夫婦仲を取り戻すための大事な要素である「会話」をこの場で確保することができます。

 


一緒にお風呂に入ろう


これは、少し冷め切った夫婦仲が修復出来てきたかな?と思ったタイミングで習慣にするといいことです。人は洋服を着ているとどうしても、心をオープンにすることができません。しかし、服を脱ぎ、裸の付き合いの中でされた会話というのはお互い本音なので、とても気持ちのいい会話をすることが出来ます。

毎日はさすがに厳しいという方は、週一回など、定期的な習慣にしてみると、夫婦仲は激変することでしょう。

 

如何でしたか。今回9つの夫婦仲を修復して仲良し夫婦になる為の習慣として例をあげましたが、突然すべてを行うのは難しいかもしれません。しかし、夫婦の中で出来そうなことからひとつひとつ習慣を増やしていってください。するとどこかで、「なんか、最近変わってきたな」と思う瞬間が必ず訪れるはずです。

相手を変える前に自分が変わることで相手を変えられることもあります。最初は恥ずかしい習慣もあると思いますが、是非、仲良し夫婦になって甘い毎日を過ごせるよう、チャレンジしてみましょう。

 

今日のまとめ

夫婦仲が変わる!仲良し夫婦を作る習慣とは

  • 一緒にスポーツをしよう
  • スキンシップを図ろう
  • デートしよう
  • 寝る時間を合わせよう
  • 共通の趣味を楽しもう
  • 「行ってらっしゃい」「おかえり」を言おう
  • とことん喧嘩しよう
  • 毎朝一緒に朝食を食べよう
  • 一緒にお風呂に入ろう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c