社会人が心得ておきたいバーでの5つのマナー

社会人が心得ておきたいバーでの5つのマナー
バーでのマナーはお酒が入るのでハメを外しやすく、後から考えるととても恥ずかしくなるような行動を取ることがありますよね。

とくに社会人はもう学生ではありませんから、大人としての品や社会常識をしっかり身に着けてバーのマナーを心得ておかないといけません。色々な人との出会いがあるバーでは、恋愛が始まることや新しい友達を作るチャンスにもなるでしょう。

逆に自分をうまくコントロールできないと、一生悔やむ失敗をする舞台にもなってしまいます。お酒を楽しみながら社会人として貴重な時間を過ごすには、自分だけでなく周囲への気配りは欠かせません。

そこで本日は、社会人として覚えておきたいバーのマナーを身につけ、お酒を快適に楽しむポイントをお伝えします。

店内の雰囲気を崩さないように意識しましょう

バーのマナーでまず覚えておきたい点はそれぞれのお店には異なる趣旨があり、音楽を楽しむジャズバーや食事が充実しているバーなどお店の魅力ともいえる特色を知っておかないといけませんよね。

共通していえるのはバーは居酒屋とは違い、こじんまりした店内で常連さんも多い点です。そのため店内は比較的静かな雰囲気が漂っていますので、大きな声で騒いだりグループで乾杯して盛り上がるようなことは避けたい点です。

合コンや会社の飲み会などグループでわいわい飲む時は居酒屋がオススメですが、バーは単独で行動したい時、もしくは少人数で静かにお酒を飲むときに選ぶとよいでしょう。

 

席は案内されるまで待ちましょう

バーのマナーはとにかく雰囲気を守りスマートに過ごすことが大前提となりますので、入店するときからちょっと心がまえしないといけません。

たとえばバーに足を一歩踏み入れ、空席があちこちにあるお店でも場所によっては常連さんように席をリザーブしている場合もありますし、予約のサインを置かずにテーブルを確保していることもあります。

初めてのバーに行く場合はどのような流れで座席に案内されるかわかりませんので、勝手に席を選んで座らず店員さんやマスターが案内してくれるまで待ちましょう。「すみません!」と大声で店員さんを呼ぶこともできれば避けたい入店マナーです。

 

カウンター席での決まりを理解しましょう

バーのマナーはカウンター席というとても高いハードルがありますが、社会人ならひとりでも恥ずかしい思いをせずにかっこよくひとりでカウンター席に座ってみたいですよね。

そんなときに覚えておきたい点がバーテンダーとの会話について。一人でカウンターに座っているのだから、話し相手になってくれてもいいだろうと思うのは大きな間違い。

お店によってはお客さんと最低限の会話しかいないところもありますし、逆に快くフレンドリーにコミュニケーションしてくれるお店もあります。

会話力や対応の仕方はバーによって違いますので、最初は気軽に天気に話をするなど相手の出方をチェックしてみましょう。くれぐれも忙しい時は仕事の邪魔にならないように配慮してください。

 

異性にしつこく話かけるのは控えましょう

1人バーのカウンターでお酒を飲んでいた時に隣の人に話しかけられて恋が始まる、なんて素敵な瞬間は一度は憧れますよね。

しかしバーという場所は一人もしくは少人数で静かでお酒の楽しむ場所ですから、異性との出会いを求めて積極的にナンパするような行動は慎まないといけません。

お店によっては女性が一人で入りやすい点を売り文句にしているバーもありますから、そんな場所で異性からしつこくされると常連客からブーイングがでることもあるでしょう。

とくに女性の一人飲みのお客さんは周囲とのからみに注意して、お互いに誤解がないように行動しましょう。

 

自分の飲酒量の限度をわきまえておきましょう

バーのマナーは社会人として絶対に守りたいのは飲酒量です。学生の飲み会とは違いバーは大人が集まるところで、泥酔するまで飲むのは周囲のお客さんや店員さんに迷惑となりますよね。

お酒が好きな人は居酒屋や立ち飲みができるところ向きで、バーのマナーを心得ている人は酔っぱらうためでなく静かに雰囲気を楽しみながらお酒をエンジョイします。

自分の飲酒量がコントロールできない恐れがある人は、人の出入りが多い居酒屋や家で飲んでいるほうが無難でしょう。

 

さて、社会人になると大人が集まる素敵なバーでお酒をかっこよく飲んでみたいと思いますよね。しかし気軽に入れないバーも多く、居心地の悪い思いをして帰ってくることもあります。

バーのマナーは社会人として、そして大人として一般常識を身に着けておかないと、緊張して飲んだお酒の味すらわからないということも。まずはバーのマナーの基本を理解してすんなり馴染めそうなお店をチョイスしてみましょう。

音楽のジャンルが自分の好みのバー、会社の近くで知り合いが良くいるバーなど、失敗のリスクを減らしてデビューしてください。お酒はどこで飲むにしてもマナーを守らないと大変迷惑になり、格式の高いバーでは入店お断りになってしまうこともあります。

まとめ

社会人のバーでのマナーとは

・ 店内の雰囲気を崩さないように意識しましょう
・ 席は案内されるまで待ちましょう
・ カウンター席での決まりを理解しましょう
・ 異性にしつこく話かけるのは控えましょう
・ 自分の飲酒量の限度をわきまえておきましょう


連記事