人生楽しくない時、今からできる人生の変え方

人生楽しくない時、今からできる人生の変え方
人生が楽しくないと感じるのには、それぞれの理由がありますよね。子どもには子どもの事情があって、大人には大人の事情があります。また、男には男の事情があって、女には女の事情があります。

思春期のころは、将来やりたいことが見つからないということかもしれません。大人になってからは、挫折してしまって先が見えないということかもしれません。そうかと思うと、食べるものさえあれば満足だという人もいます。彼氏や彼女ができた途端に、人生が変わったりもします。

壁にぶつかっている時は、現状から抜け出すヒントやきっかけがあればいいのかもしれませんね。そこで今回は、「人生楽しくない時、今からできる人生の変え方」ということでお届けします。



 

人生楽しくない時、
今からできる人生の変え方

 

深く考えすぎる人へ


人生が楽しくないと感じることが慢性的になっている人は、深く考えすぎる人です。そうなってしまっている思考の癖、あるいは性格を変えるというのは難しいというのが実際のところですよね。生まれつき、そのような感性を持っていたのかは確かめようはありません。

しかし、何らかの体験が、あなたを深く考えすぎる人にしてしまっているのは身に覚えがあるはずです。人生が楽しくないと感じる要因になっているのは、幼少のころに心が傷ついた経験、虐待を受けていた記憶、孤児など特別な境遇、今の家族に対する不満、仕事場の理不尽な環境などです。

あえて共通点をあげるなら、人間不信ですよね。何か行動をしなければならない状況に置かれた時、深く考えすぎる人は結論を出すのが早いです。人間不信が原因となっているからです。心の傷が深ければ深いほど、何をするにしても、人生は楽しくないという結論を出すのが早いです。

先ほど述べたように、思考の癖、あるいは性格を変えるというのは難しいです。しかし、人生が楽しくないという自分から、脱却したいという思いがあるなら、人生を変えることはできます。

カウンセリングを受ける。メンタルの治療を受ける。自分と同じような境遇にある、新しい世代の人たちのために生きる。そうして、道が開けることはあります。実際に、そうして、前向きに生きている人たちもいます。大事なことは、可能性を捨てないことです。

 

反省ばかりしている人へ


人生が楽しくないと言葉にする時間もないくらいに、反省ばかりしている人もいます。ずっと、後悔の念に駆られています。生涯、反省しなければならないようなことをしたのならば、反省することもやむを得ません。

しかし、小さいできごとまで、すべて、ずっと抱え込むように悔いているはずです。あの時、あんなことを言わなければよかったと、相手が忘れてしまっていることまで反省していることもありますよね。そういう人は、言葉に対する呪縛があったりします。

自分が選んだ言葉、声にしてしまった言葉、相手に相応しくない言葉、すべてを反省してしまいます。謝罪できる人には、謝罪して回りたいとも考える傾向があります。第三者から見れば、人生が楽しくないだろうと思うのに、本人は人生が楽しくないなんてと口にできないという思うくらいにマイナス思考です。

一つだけ言えるのは、反省は、どこかで切り替えないと、その反省が無駄になってしまうということです。反省は、人生を好転させるためにあるものだからです。そして、失敗を罪と考えるなら、前向きに生きてこそ、償えるのです。人生を楽しく生きていくのは、決して悪いことではないのです。

 

出会っていない人へ


人生が楽しくないと決めつけてしまっている人もいますよね。まだ、人生が楽しいと感じることに出会っていないだけなのに・・・。すべてを知ってしまったかのように思っています。知らない領域があることを認めてしまえば、とても楽になりますよ。

特別に、ワクワクしなくてもいいんです。ちょっとだけ、知らない領域があることを思ってみてください。まだ、知らない言葉がある。まだ、知らない情報がある。まだ、想像を超えた人に出会える。そう考えるようにして、1日1日過ごしてみた時に、変化が生まれます。

その変化に誘われてみてください。これっぽちも信じていなかった運命の移り変わりを感じるようになりますよ。

 

社会のルールが嫌いな人へ


社会のルールが嫌いだと、人生なんて楽しくないですよね。何が変わればいいでしょうか?お金を稼がなければ生きていけないというシステムでしょうか?だけど、自分仕様に、社会ごとカタマイズすることはできませんよね。人生を楽しくしたいなら、最後は自分を変えるしかないですよね。

 

以上、人生楽しくない時、今からできる人生の変え方についてお伝えしました。考え方の見つめ方が中心になりましたが、すでに、ほとんどの人が気づいていることです。認めるか認めないか、あるいは受け入れるか受け入れないか、ですよね。

ある人にとっては、一時的のことかもしれません。また、ある人にとっては、長い長いトンネルになっているかもしれません。SNSでつぶやいてもリアクションがなかったり、誰かに相談しても答えが出なかったり、なかなか思う通りにはいかないです。

人生を楽しませて欲しいと、ずっと観客の身分でいたいなら、それなりの代価を払う必要があります。それは、いくらお金があっても実現しそうにはないですよね。やはり、自分で人生を楽しくするしかないのではないでしょうか。

 

まとめ

人生楽しくない時は

●自分と同じような境遇にある人たちのために生きる。
●反省は、人生を好転させるためにあると考える。
●知らない領域があることを認める。
●社会はカタマイズできないと腹を括る。

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c