友達が少ない人に共通する7つの行動パターンとは?

友達が少ない人に共通する7つの行動パターンとは?
友達が少ない人って、どうしてもネガティブなイメージがありますよね。でも、友達が少ないことを当の本人たちは、周囲の人たちが思っているほど、不自由に感じていなかったりします。

友達が少ないことを悪いことのように揶揄する人たちがいるので、一応気にはしているけれど、本人のペースや考え方があって友達を作らないという人もいるのです。友達が多い人から見ると不思議かもしれませんね。

友達が少ないのには、何かしら理由があるはずです。男性と女性でも、その様子は変わってくるようですよ。友達が多いと思っているあなたにも、意外と似たようなところがあるかもしれません。

そこで今回は、友達が少ない人に共通する7つの行動パターンとは?についてお伝えします。ちょっと踏み込んでみてください。

 



 

友達が少ない人に共通する
7つの行動パターンとは?

 

自分のタイミングを大切にする


友達が少ない人は、自分のタイミングを大切にする人が多いです。休息するにしても、食事を取るにしても、仕事をするにしても、始まりと終わらせるタイミングを自分で決めたがります。

空気を読まないわけでもないし、ルールを守らないわけでもありません。スレスレのところで、上手に自分のタイミングを大切にしています。他者に合わせて、ストレスを溜め込まないようにしているのです。

 

分析上手になりすぎる


自分のタイミングを大切にするというのにつながりますが、友達が少ない人は分析上手になります。グループの行動でも、周囲の行動をよく観察しています。そこで、自分がやるべきこと、自分がやらない方がいいことを分析しています。

基本的に群れるのを嫌うので、先読みしながら、会話の言葉も選びます。周囲から見ると、つきあいが悪いように見えますが、本人にしてみれば、頑張って、場を壊さない程度に距離を保っているのです。

 

ライブやフェス、スポーツ観戦などの一体感が苦手


友達が少ない人は、とにかく一体感が苦手です。同じように盛り上がって、同じように声を張りあげて、というのは心の底から湧き上がる思いがあるときはできるのですが、そうでないときは、しんどいのです。

ライブやフェス、スポーツ観戦などのアクティブなものだけではなく、映画鑑賞のようなものでも、自分の感じ方を優先したがるので、友達といっしょに!というスタイルには積極的ではありません。共有よりも自分だけの発見に酔いしれたいようです。

 

一人でやる趣味を持つ


友達が少ないと、やはり趣味も一人でやる趣味を選びます。ペットを飼う、読書、コレクションなど、自分の部屋でできるものです。今の社会は、インターネットを中心に繰り広げられますので、スマホがあれば何でもできる!の生活パターンになります。

 

友情より恋愛


女性に多い傾向ですが、恋愛をしていると、女性は友達よりも彼との時間を優先しますよね。それがきっかけで、女性同士の場合、友達との時間が少ないというパターンになるようです。友達と疎遠になるのかもしれませんが、こういう関係って、幸福度を判断するのは難しいですね。

 

仕事に懸けている女性


仕事に懸けている女性も友達が少ない傾向がありますよね。会社の組織なんかにいると、人間関係を作るのにかなりのエネルギーを使います。仕事によっては、なりふり構わずといった感じにもなります。ましてや女性だと、男性よりも苦労する社会というのも否めません。残念ながら。

 

人見知りタイプ


友達が少ない人の中でも、人見知りタイプの人の行動パターンは、あらゆる場面で消極的です。道を歩いているときに、知っている人を発見するとルートを変えて遠回りしたりします。また、買い物やカフェなど、お気に入りのお店が決まっていても、店員さんに覚えられてしまうと、お店を変えてしまいます。

他にも、人見知りタイプの人の行動には繊細なところが多く見られます。どんなところでも目立たないようにして、平均点の行動を取ります。それと、遠い存在が相手なら、苦手な共有も平気になります。たとえば、ネット上なら対話もできるのです。また、自分の性格とよく似ている有名人を探して好きになります。

でも、友達が多い人でも、そういうところがありませんか。度合いが違うかもしれませんが、つきあい方をついつい選んでいるところがあるはずです。友達が少ない人は、その度合いが大きいのです。

 

いかがでしたでしょうか。

以上、友達が少ない人に共通する7つの行動パターンとは?についてお伝えしました。どんなに友達が多い人でも、一人になりたいときがありますよね。友達が少ない人は、一人になりたいときが多いということなのかもしれません。友達が多い人は、自分が恵まれていると思うだけで十分幸せです。

誰もが、大人になって、家庭を持って、子どもができると、環境が一変します。年齢を重ねれば重ねるほど、学生のころとは違って、べったりとくっついている友達関係は少なくなります。

人にはそれぞれ、成り立ちがあります。よほど態度が横暴だとか、わがままだとかで孤立しているならともかく、友達が少ないというだけで、全否定することはないのでしょうね。

 

まとめ

友達が少ない人に共通する7つの行動パターンは

・自分のタイミングを大切にする
・他者の行動を観察して、分析上手になる
・一体感を求められるのが苦手
・自分の部屋でできる趣味を持つ
・友情より恋愛を優先する
・仕事に懸けている。女性は特に多い
・人見知りタイプの人の行動は繊細

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c