友達から恋人になりたいなら必読、5つの気持ちの伝え方

友達から恋人になりたいなら必読、5つの気持ちの伝え方
好きな人と友達になるのもうれしいけれど、友達でいるよりは恋人になりたいですよね。好きな人と距離を縮めたいとがんばった結果、友達関係に落ち着いてしまったという方は多いのでは?

親しくはなったけど友達から恋人になるきっかけが分からない、友達関係の居心地のよさから告白する勇気が出ないという方もいるでしょう。

友達関係が長すぎて、二人きりになってもいまさら恋人らしいロマンチックなムードになれなかったり告白のタイミングをつかめないということもありますよね。

せっかく好きな人と親しくなったのに、好きな人と友達になっただけで満足するというのももったいない話、あと少しだけ勇気を振り絞って友達から恋人に昇格しましょう。ということで、今回は友達から恋人になりたいときの気持ちの伝え方をお伝えします。



 

友達から恋人になりたいなら必読、
5つの気持ちの伝え方

 

相手にあなたが異性(恋愛対象)だと思い出させること


好きな人との友達関係が長くなると、あなたはもちろん相手を異性として意識していますが、相手はあなたを異性として意識しなくなっていることがあります。

友達から恋人になりたいときには、告白する前にまず、相手にあなたが異性で、なおかつ恋愛対象になるのだということを思い出してもらいましょう。好きな人に女性らしい・男性らしいところを見せるとよいですね。

また、告白の前に、好きな人と少し距離をおくのもおすすめです。会わない期間を作ることで、次に会ったときに相手にとってあなたがこれまで通りの親しい友達ではなくなります。

 

相手に好意をそれとなく伝えてみること


友達から恋人になりたいとき、いきなり告白しても相手に「君をそういう目で見たことがなかった」と断られてしまいます。告白する前に、好きな人にそれとなく好意を伝えてみましょう。

「○○君、かっこいい」と相手をほめたり、相手をほめつつさらに「○○さんと結婚する男は幸せだな」など、あなた自身が相手を異性として意識していることを相手に伝えるのもおすすめです。

相手に「異性として意識しているよ」と伝えることで、相手にもあなたを異性として意識させることができます。

「友達甲斐がある」「一緒にいると楽しい」など友達としてほめるのではなく、「(異性の目から見て)かっこいい・きれいだ」というように異性としてほめたり好意を伝えてみてくださいね。

 

二人きりになること


友達から恋人になるための告白の下地ができたら、次はいよいよ告白です。告白のために、二人きりになりましょう。いつも仲の良い友達グループで行動しているのであれば、グループから好きな人を連れ出してみてくださいね。

休日に二人きりで会ったり、「あなたと二人で行きたい」とデートに誘うとよいですね。友達には悪いですが、今回だけは邪魔ものには退散してもらって、好きな人と二人きりになるチャンスを作りましょう。

 

告白を後押ししてくれるロマンチックな雰囲気を作ること


告白の成否は、相手があなたに好意を持っていることが一番の決め手ですが、それに加えて場の雰囲気や勢いも大切です。

いつもの通学路、いつもの食堂では告白にふさわしいロマンチックな雰囲気にはなりません。告白する予定だったのに、結局いつも通り、馬鹿な話をして、「はいさようなら」となるのがオチです。

こうならないためにはも、告白するときにはいつも遊びに行くところとは別の場所へ、そしてできるならロマンチックな雰囲気になれる場所に好きな人を連れていきましょう。その場所に行くだけで、相手に「今日はいつもと違うな」と気付かせることが大切です。

 

「好きです」とストレートに告白すること


ロマンチックな雰囲気を作って告白しても、そこは友達関係が長かった二人、まわりくどい告白だと相手に告白だと気付いてもらえないかもしれません。また、告白を冗談やジョークだと受け取られることもあります。

これでは、友達から恋人になることはできません。告白するときには、相手に告白だと気付いてもらえるよう、簡潔かつストレートに自分の気持ちを伝えましょう。

また、冗談やジョーク扱いにされないためには、自分からふざけたり自虐に走らないことが大切です。「好きです……なんちゃって」のような、冗談めかした告白をすると、その晩、枕を濡らすことになりますよ。

 

いかがでしたか。以上が、友達から恋人になるための気持ちの伝え方でした。友達関係が長くなればなるほど、相手があなたを異性として意識しにくくなります。異性として意識していない相手から告白されても、戸惑ってしまいますよね。

友達から恋人になりたいときには、告白する前にまず、相手にあなたが異性であることを思い出させましょう。そのうえで、ロマンチックな雰囲気の場所で二人きりになるなど、告白を後押ししてくれるシチュエーションづくりをしてみましょう。

ロマンチックな雰囲気に浸って、好きな人との間に普段とは違う空気が流れ始めたら告白のチャンス!ここまできたのに最後の最後で、告白を冗談やジョーク扱いされてはたまりません。友達から恋人になるために「好きです」のストレート勝負で告白しましょう。

まとめ

友達から恋人になるためには

・ 相手にあなたが異性(恋愛対象)だと思い出させること
・ 相手に好意をそれとなく伝えてみること
・ 二人きりになること
・ 告白を後押ししてくれるロマンチックな雰囲気を作ること
・ 「好きです」とストレートに告白すること

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c
連記事


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c