コミュ障の治し方を知って克服する5つの方法

コミュ障の治し方を知って克服する5つの方法
人付き合いは難しいものですよね。誰かとコミュニケーションを取ることが苦手な状態を指すコミュ障という言葉も今では広く知れ渡っているくらい、社会にはコミュ障で悩んでいたり、「もしかしたら自分はコミュ障かもしれない……」と感じている人が多いのです。学校や会社、近所付き合いなど様々な場面で誰かとコミュニケーションを取らなければいけないシーンがありますから、コミュ障の治し方を求めている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、自分の状態やタイプに合ったコミュ障の治し方を教えてくれる人はなかなかいません。では、コミュ障の治し方にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は、コミュ障の治し方についてお話します。



 

コミュ障の治し方を知って克服する
5つの方法

 

まずは自分から声を出すことから始めよう


コミュ障の治し方を実践する時は、最初から会話の中心を目指すようなことはしなくてもいいのです。何事も初歩からの積み重ねが大切ですから、まずは自分から声を出すことを始めましょう。例えば、仕事のお昼の休憩でコンビニに昼食を買いに行ったとします。

コンビニの店員の仕事はレジを打つことですから、自分の順番が回ってきたら当たり前のようにレジを打ってもらい、会計が終わったらすぐにコンビニから出てしまうことも多いでしょう。しかし、コミュ障を治すならばレジを打ってもらう時は店員に「お願いします」と、商品を受け取ったら「ありがとう」と声を出してみましょう。知らない相手ならば緊張も少ないですから、レジの店員に限らずお店の店員は練習相手に最適です。

 

挨拶はコミュ障の治し方として効果的


店員に「お願いします」や「ありがとう」を自然に言えるようになったら次のステップに進みましょう。次のステップでは、会社や学校など自分が関わる人々を対象としてコミュ障の治し方を実践します。この時も、いきなり長く会話を続けようとするのではなく、焦らずに少しずつ前進するようにしましょう。

このステップでは、挨拶を使います。挨拶をしても無視をされたら腹が立つことだってありますが、挨拶をされて嫌な気分になる人はいませんよね。ですから、勇気を出して自分から挨拶をしてみましょう。挨拶が自然にできるようになったら、自信を持ちましょう。自分から声をかける相手が知らない人から知っている人に変わった分だけ、あなたは確実にレベルアップしているのです。

 

会話の中心にならなくてもいい!聞き役のプロを目指そう


コミュ障を治そうとする人は、会話を盛り上げられるような話題の中心の人物を目指しやすい傾向があります。これは間違いではありませんが、いきなり高いハードルを設定しても自分が苦しむだけです。会話の中でのコミュ障の治し方としては、聞き役としてのレベルアップをおすすめします。

会話の中では聞き役も重要な役目です。真剣な態度で話に耳を傾けたり、丁度いいところで相槌を打って相手の話を促したりするスキルを身に付ければ、あなたは聞き役としての役割を十分に果たしていますし、会話の中でコミュニケーションが取れているようになったと言えます。

 

誰かの話に便乗する小技を身に付けよう


コミュ障だと、自分から話題を提供して会話をすることを難しく感じますよね。しかし、無理をして自分から話題提供をしなくてもいいのです。聞き役に慣れたら、次のステップとして聞き役に加えて自分の発言を増やすことに取り組みます。

この時、自分から話題を提供しなくても誰かが提供した話題に「私も○○知ってる!」「○○さんも●●が好きだったんだね!」など便乗をしてしまえば自分から話題を提供しなくても発言することができます。こうした小技を使って、会話で発言することに慣れるのもコミュ障を治すのに効果を発揮します。

 

周囲への気配りを言葉で表現しよう


いよいよ最後のステップです。職場や学校で関わっている仲間が落ち込んでいたり、顔色が悪かったりしたら心配になりますよね。しかし、心の中で心配をしていても相手には伝わりません。

そこで、「どうしたの?」「何かあった?」など相手を気遣う一言を相手にかけてみましょう。相手は詳しいことを話したくなければ話を逸らそうとしますから、最初の一言をかけることができたらそれだけで相手に気遣っている気持ちは伝わっていますし、今までのあなたならできなかったことを成し遂げたのですからコミュ障を治せたと言えます。

 

ここまでコミュ障の治し方をお話しましたが、いかがでしたか。色んな物事の進め方と同じで、コミュ障の治し方も段階的に進めると無理なくコミュ障を治していけますよね。練習や経験もなく、いきなり運動をすると失敗したり怪我をしたりしてしまいます。コミュ障の治し方も同じです。いきなり円滑なコミュニケーションを取れるようになろうと動くのではなく、最初は自分から声を出すことから始めるのが大切です。

次に、自分から声を出すことに慣れたら次のステップに進み、会話に参加する中で聞き役としてコミュニケーションを取れるように練習します。聞き役だって、会話の中でとても大切な役割ですから胸を張っていいのです。そして、聞き役に慣れたら誰かの話題に便乗する小技を身に付けたり、周囲の人への気配りとして声を掛けるようにしましょう。こうしてコミュ障の治し方を段階的に進めてコミュ障を卒業しましょう。

 

まとめ

コミュ障の治し方を知って克服する5つの方法

・いきなりコミュ障を治そうとするのは禁物!治す時は段階的に。
・買い物をする時に「ありがとう」「お願いします」と声を自分から出してみよう。
・挨拶されて嫌な気分になる人はいない!職場や学校の人に挨拶をしてみよう。
・聞き役も会話の中で必要な役割。聞き上手になってコミュニケーションを取ろう。
・自分から話題を振らなくても大丈夫!誰かの話題に便乗しちゃおう。
・心遣いを言葉にすることで相手の心ともコミュニケーションを取ろう。

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c