初対面が苦手なら必読、緊張感をやわらげるテクニック

初対面が苦手なら必読、緊張感をやわらげるテクニック
初対面の人と会ったり話をするのは、何歳になっても緊張しますよね。経験を積んで初対面の人に会ったり、苦手な人とコミュニケーションをとることに慣れたと思っていても、転校や転勤、新しい職場の初出勤日には、緊張でお腹や胃が痛くなってしまいます。

ましてや初対面が苦手な方だと……胃が痛いどころの騒ぎではありません。前日から一睡もできないということもざらでしょう。

初対面の人と会うときやその前に緊張するのは仕方ないですし、未知との遭遇に身構えるのは動物の本能ですから、むしろ緊張するのが当然ともいえますが、なるべくなら初対面の緊張はできるだけ小さくしたいですよね。

初対面の緊張を小さくすると胃痛も軽減できますし、初対面での失敗も回避できます。ということで、今回は初対面が苦手な方のために、緊張感をやわらげるテクニックをお伝えします。
[ 続きを読む… ]

会社を休みたいときに社会人が守る5つの基本エチケット

会社を休みたいときに社会人が守る5つの基本エチケット
風邪やインフルエンザといった体調不良だけでなく、急な私用やなんとなくやる気が起こらない朝など、会社を休みたいと思うことってありますよね。

でも、急な休みの連絡は、なかなかしづらいもの。どうやって連絡したら良いのか悩んでしまう人も少なくないのではないでしょうか。

事前に休むことが分かっている場合には、休みに合わせて仕事を調整するなどの対応ができますが、急な休みに対応するのは困難なため、同僚や取引先などに迷惑をかけてしまうことにもつながりかねません。

その上、仕事を休む連絡のマナーさえなっていないなんてことになったら、信用はガタ落ちです。これでは、せっかく築き上げてきたものが台無しになってしまいますよね。そこで今回は、急に会社を休みたいときに守る社会人としてマナーをお伝えします。
[ 続きを読む… ]

人と関わりたくない時に最適な5つの癒しスポット

人と関わりたくない時に最適な5つの癒しスポット
人と関わりたくない時や日々のストレスや疲労を一人で癒したい時もありますよね。女子会や友達との愚痴大会でストレスを発散したり、恋人とラブラブ休日デートを満喫したり家族でお出かけするのも楽しいしストレス発散になります。

でも本当に疲れた時には、たとえ相手が気心の知れた仲であってもそばにいてほしくないもの、自分一人の時間や空間でこそ癒されます。

または、人間関係のトラブルや喧嘩、恋人との別れなどで人間不信になったり、誰かと一緒にいること自体がストレスになるということもあります。

心の底から「誰も私に近づくな」と叫びたくなるくらい人と関わりたくない時、どこで過ごすのよいのでしょうか。ということで、今回は人と関わりたくない時に最適な癒しスポットをお伝えします。
[ 続きを読む… ]

好かれる人が必ず守っている★人付き合いの5つのエチケット

好かれる人が必ず守っている★人付き合いの5つのエチケット
100人中100人に好かれる人にはなれなくても、せめて周囲の人たちから好かれる人にはなりたいものですよね。周りを見回すと、必ず1人はいる(かもしれない)「多くの人から愛される人」には実は共通点があるのです。

他人の目を気にして「あなたらしさ」をみすみす損なう必要はありませんが、ちょっとした部分に気を付けることであなたの魅力をさらに発揮できるなら、それにこしたことはないと思いませんか?

そこで今回は、好かれる人に共通しているポイントについてお伝えします。といっても、どれもこれもが、誰でもほんの少し意識すれば十分に達成できるものばかり……ですが、重要なのは継続すること。常に、となると多少なりとも努力が必要かもしれません。
[ 続きを読む… ]

もてない女にならないために日頃から注意したい5つの行動

もてない女にならないために日頃から注意したい5つの行動
もてない女にはなりたくない!とはいえ、もてる女になるために日々努力し続けるのは大変ですよね。ネイルもムダ毛の処理も時間やお金がかかるもの、もてる女になるための道のりは長く険しいものです。

それなのに、「こんなに努力しているのにも関わらずなぜかもてない」という方はいませんか。もてない女にならないために日々努力していても、日頃の行動が男性の目に好ましくないとうつってしまうと、あなたの努力は水の泡、せっかくの努力も報われません。

爪の先まで磨きあげているのに、指先一つの動きでもてない女の仲間入りするのはもったいない!ということで、今回はもてない女にならないために日頃から注意したい5つの行動をお伝えします。

努力しているのにむくわれないという方はもちろん、ネイルのケアは面倒だからせめて行動くらいは気を付けたいという方もぜひ参考にしてください。
[ 続きを読む… ]