スピーチのコツを学んで、あがり症を改善する秘訣

スピーチのコツを学んで、あがり症を改善する秘訣
あがり症の方にとってできれば避けて通りたいものといえば人前で話すスピーチ!避けられないのであれば、せめてスピーチのコツを学んであがり症を改善したいですよね。

また、スピーチ自体が避けられないのであれば、せめてスピーチで失敗したり人前で大恥をかくことだけは避けたい!これ以上スピーチのトラウマを増やしてあがり症を悪化させたくないという方も多いでしょう。

スピーチに成功するためには「緊張しない」「落ち着いて本番に臨む」などのメンタル面を改善するよりも、すぐに実践できるハウツーを知っておく方が早道です。

スピーチのコツを使えばスピーチで失敗せずに済むだけでなく、スピーチの成功によって自分に自信がつきあがり症を改善することができますよ。ということで、今回はスピーチのコツを学んであがり症を改善する秘訣をお伝えします。

事前にスピーチの原稿を用意し、練習すること

ぶっつけ本番では、あがり症でなくても緊張したり失敗します。あがり症の方ならなおさらですよ。スピーチに臨むときには事前の準備が大切!スピーチの原稿を用意し、何度も読んで練習しましょう。

このときのコツは、目で原稿を追うだけでなく本番同様、ちゃんと声に出して読むことです。スピーチもスポーツや踊りと同じ、体で覚えることで本番の緊張する中でも自然と口が動きます。

練習のとき、家族や友達に聞き役をしてもらうのもおすすめ!できるだけ本番に近い雰囲気や緊張の中で練習するとよいです。

 

スピーチ直前に軽く体を動かすこと

スピーチ直前、あがり症の方はすでに緊張がマックスに達しているでしょう。ドキドキが静まらない、呼吸の仕方を忘れてしまうという方も多いのでは?このとき、椅子に座ってじっとしていたのではますます緊張してしまいます。

スピーチのコツの二つ目は体を動かして緊張を和らげること!スピーチの前は緊張を和らげるために軽く体を動かしてみましょう。肩や腕を回したり、その場足踏みもおすすめです。

体を動かすことで筋肉の緊張がほぐれます。体の緊張がほぐれれば自然と精神面の緊張もやわらぎますよ。

もし可能であれば、軽く息が切れるくらいまで動いてみるのもおすすめです。切れた息が元に戻るとき、自然とリラックスした状態の呼吸のリズムになります。

 

大きな声でスピーチをすること

スピーチの一番のコツは「大きな声」です。ぼそぼそと話していたのでは、相手には聞こえません。できるだけ大きな声で話しましょう。あがり症の方や普段から声が小さい方は、スピーチ本番に向けて発声練習をするのがおすすめです。

大きな声を出すことを体に覚えさせてくださいね。大きな声は、自分自身の緊張を解くのにも効果的です。大きな声を出すことで緊張ではやくなっていた呼吸や動悸がしずまります。

また、相手が自分のスピーチを聞いてくれている、相手が自分の声に反応してくれたという確信を持つことで、スピーチの聴衆に対する恐怖心をなくすことができます。

 

ゆっくり話すこと

ゆっくり話すこともスピーチのコツの一つ、早口では相手はあなたのスピーチを聞き取ることができません。本番では緊張で早口になってしまいがちなので、練習の段階では意識的にゆっくりと話すようにしましょう。

ゆっくり話すことは自分自身の緊張を和らげる効果もあります。急かされず自分のペースでスピーチができているという自信を持つことができるからです。

また、何かに急き立てられるように早口で話して、途中で詰まったり舌を噛んだり、あるいは原稿が頭から飛んだりしたら、緊張がさらに高まりますよね。

あがり症の方はスピーチを早く終わらせたいという気持ちから早口になってしまいがちですが、あがり症だからこそゆっくり話すことが大切!スピーチの失敗を避けることができます。

 

身振り手振りをつけること

直立不動でスピーチするよりも身振り手振りをつけた方が、相手に伝わります。また、直立不動でかたまっているよりも身振り手振りで動いた方が体の緊張がほぐれます。

ということで、スピーチのコツの五つ目は身振り手振りをつけること、スピーチの最中はかたまったり縮こまっていてはだめ!身振り手振りで動くことで緊張をほぐしましょう。

身振り手振りが恥ずかしいときには表情筋を動かすことから意識するとよいです。にこっと笑う、口を大きく動かすことで、顔の緊張がほぐれます。

 

以上がスピーチのコツを学んであがり症を改善する秘訣でした。あがり症の方がスピーチで成功するためには事前の準備こそが大切!スピーチの原稿を用意し、練習しましょう。

本番さながらの練習をすることで、本番の緊張に慣れることができあがり症を改善することができます。本番直前に体を軽く動かして、緊張を和らげておくのもスピーチのコツです。

そしていよいよスピーチ本番!大きな声でゆっくりスピーチすることを意識しましょう。その方が小さい声で早口に話すよりも相手に伝わりますし、自分自身の緊張もやわらげることができます。

さらに身振り手振りをつけるのもスピーチのコツ!全身を使ってスピーチをすることで、スピーチが成功しますし、成功体験によってあがり症も改善します。

まとめ

スピーチのコツを学んであがり症を改善するためには

・ 事前にスピーチの原稿を用意し、練習すること
・ スピーチ直前に軽く体を動かすこと
・ 大きな声でスピーチをすること
・ ゆっくり話すこと
・ 身振り手振りをつけること


連記事