やっかいなお悩み相談をする時の5つのエチケット

やっかいなお悩み相談をする時の5つのエチケット
お悩み相談をするには、相談相手にかかる負担も少しだけ頭に入れておかないといけませんよね。自分ひとりで悩みを抱えるのは精神的な負担になり、深刻な病気へ進展する可能性もあります。誰かに話を聞いてほしいと思う瞬間は、きっと誰でも一度は経験があるでしょう。

しかしお悩み相談の内容によっては話を聞かされた人がどうアドバイスしていいのかわからないこともあるのです。やっかいな内容はできれば誰かの意見を参考にして解決したいもの。でも迷惑がられてしまったら、今後の人間関係に悪い影響を与えかねません。

お悩み相談をする時はどうやってアプローチするか、相手の立場も考えてマナーを守りましょう。そこで本日はスムーズに悩み解決するためのお悩み相談のポイントをお伝えします。

相談相手になってもらう理由を説明しましょう

人には言いたくない悩みごとは世の中に色々ありますが、最終的には人の意見が必要な場面がありますよね。お悩み相談するのは、自分が信頼できる人、心が許せる人など特別な存在でないといけません。

プライバシーに関する場合は、口が軽い友達などに相談するのは絶対に避けたいものです。まずやっかいなお悩み相談をするときは、なぜその人に相談をしようと決断したのかその理由を伝えましょう。

例えば「一番私のことを理解してくれから」「経験が豊富な人だから」など、相談相手に自信を持ってもらい話をするとよいでしょう。特別な関係である点をアプローチすると、相手も真剣に悩みを聞いてくれます。

 

相手に伝わりやすいように事例を使って相談しましょう

厄介なお悩み相談は、もしかしたら悩んでいるのは自分だけで他人から見たらそれほど深刻ではないかもしれませんよね。また悩む理由や今の気持ちなど、相談相手にうまく通じない可能性もあります。悩んでいる時は感情的になりやすいので、物事を冷静に判断できなくなっています。

そんなときに誰かに相談をするには、現状を自分の立場で理解してもらったほうが解決しやすくなりますよね。やっかいな悩みは事例を使って説明したり、「もしこんな状況になったらあなたはどうする?」と相手が回答しやすいアプローチをしてみましょう。

 

アドバイスを真摯に受け止めましょう

お悩み相談をする相手は友達、家族、仕事の上司など色々なシチュエーションがありますよね。悩みごとってそれぞれの受け止め方が違いますので、相談相手によっては自分が期待するようなアドバイスをしてくれない場合もあります。

コミュニケーションがうまくいかないと、当事者の立場にはなれず的外れな回答が出ることも。でも話相手になってくれた以上、相手のアドバイスは真摯な気持ちで受け止めることが大切なマナーです。

たとえ聞きたくないアドバイスでも、自分のためを想って考えてくれているので、そんな気持ちに対しての感謝の気持ちは忘れてはいけません。

 

お悩み相談するときは相手の都合を優先しましょう

やっかいなお悩み相談は恋愛、金銭問題、法的な問題など様々ありますよね。誰かに相談をするのは解決策を探す目的がありますが、それだけでなく誰かに話をするだけで気持ちがすっきりする場合も。

どのような結果がでるかは相談するまでわかりませんが、大切なのはあくまでも人にお願いして、自分は話を聞いてもらう立場であること。

相手が忙しい時に無理やり時間をとってもらったり、相手も深刻な悩みを抱えているような場合では相談するのは負担になるだけなのです。まずは相談したい人が見つかったら、エチケットを守り相手の都合を優先して話をしましょう。

 

複雑な悩みは専門家に相談しましょう

お悩み相談を持ちかけられても、自分の知らないジャンルや経験がないことではアドバイスができない場合がありますよね。精神的な病気、借金問題、警察沙汰になるような話題など、友達に軽々しく話せない悩みごとも存在します。

このようなお悩み相談は相手が困惑する可能性がありますので、どうしても親しい人に相談をしたい時は、解決策を尋ねるのでなく話を聞いてもらうだけでも十分です。トラブルややっかいな悩みは専門家やカウンセラーに相談したほうが、適切な解決策が見つかりやすい場合もあります。

 

やはり、やっかいなお悩み相談なんてできれば自分ひとりで解決したいですよね。困っている時はひとりでも多くの人の意見を参考にして、解決の糸口を見つけるほうがメリットになる場合も。

しかし誰かれかまわず自分の悩みを相談するのは、後々に失敗することもありますので慎重に相談相手を選ばないといけません。また相手も親身になって話を聞けるように、ゆっくり時間を取りプライバシーが守れる環境を選んでください。

相談した後の経過については必ず相手にも報告をして、アドバイスしてもらったことを感謝すること。このような人とのつながりはいつ自分が逆の立場になるかわかりませんよね。エチケットを守りうまく相談を持ちかけられる人は、いずれ他の人が相談したくなる存在の人に変わっていくのです。

まとめ

お悩み相談する時のエチケットは

・ 相談相手になってもらう理由を説明しましょう
・ 相手に伝わりやすいように事例を使って相談しましょう
・ アドバイスを真摯に受け止めましょう
・ お悩み相談するときは相手の都合を優先しましょう
・ 複雑な悩みは専門家に相談しましょう


連記事