乾燥肌を治す方法で、辛い毎日から解放される5つの術

乾燥肌を治す方法で、辛い毎日から解放される5つの術
乾燥肌と言うと、冬のイメージが強いですが、1年中、乾燥肌を治す方法を模索しているという人が意外と多いですよね。

春は寒暖の差、夏は冷房、秋は夏場の日焼けの影響、冬は風の冷たさや暖房…肌の乾燥は1年中、気をつけなくてはいけないし、乾燥の度合いによって、とても辛い日々を送っている人がたくさんいます。

乾燥肌は、かゆみを伴うので、我慢出来ずにかいてしまい、肌に傷つくことで炎症を起こし、刺激に敏感になり、かゆみを今まで以上に感じてしまうという、負のスパイラスにはまってしまうので、注意が必要です。

頑張ってかくのを我慢したとしても、就寝中は無意識にかいてしまいますよね。そこで今日は、乾燥肌を治す方法で、辛い毎日から解放される術をお伝えします。

 

乾燥肌を治す方法で、
辛い毎日から解放される5つの術

 

食生活を見直す

バランスの良い食事をとっていれば、食生活が原因という乾燥肌を引き起こすことはありません。しかし、ダイエットや偏食、脂質の多い食事など、食生活が原因で乾燥肌になる人が増えています。

食生活が原因である乾燥肌を治す方法は、バランスの良い食事をとること、そして、肌の水分保持力が良い状態で保てるような栄養素をとることです。肌のターンオーバーの正常化の為、サバやサーモンなどの魚介類やゴマ油・紅花油に含まれている必須脂肪酸が必要です。

牛肉や豚肉、チーズなどに含まれる亜鉛は、不足すると皮膚炎や皮膚の傷が治りにくくなるので、ダイエット中は特に注意してくださいね。ビタミン類も乾燥肌を治すには大切な栄養素で、特にビタミンA・B群・C・Eは乾燥肌に重要なので、積極的に摂取するようにしましょう。

 

6時間睡眠を心がける

肌が痒くて、眠っていられない人もいますよね。その場合は、この後、お伝えする乾燥肌を治す方法を実行してから、6時間睡眠にチャレンジしてください。中には忙しくて、そんなに寝る時間がないという人もいるでしょうが、肌の再生にはしっかりと睡眠を取ることが不可欠です。

肌のターンオーバーは、約4週間必要なのですが、これには成長ホルモンの分泌が大きな手助けをしてくれます。しかし、大人の成長ホルモンは、眠っている時に分泌される為、皮膚の細胞の再生の為には、6時間睡眠が必須ということです。

特に40歳を過ぎると、4週間だったターンオーバーの期間が6週間もかかってしまいます。お肌の大敵と言われる睡眠不足は、確実に乾燥肌をひどくする要因になってしまうので気をつけましょう。

 

入浴方法を見直す

乾燥肌を治す方法として、入浴法を見直すのもおすすめです。まずはお湯の温度。熱いのが好きな方には申し訳ありませんが、38~40℃位に温度にすることで、肌の水分が減るのを防げます。

そして脱衣所は、湯上りの為に温めておけば、入浴後の温まった体が急激な温度変化を感じることが無い為、かゆみが出るのを防いでくれるでしょう。

気を付けたいのが、体をゴシゴシと洗う事。皮脂膜を落としてしまい、肌荒れの原因にもなるので、石鹸を良く泡立てて、手の平でやさしく洗ってくださいね。

その後、湯船に浸かるのは、15分以内にしないと、角質層が膨らみ、肌の保湿成分が流れてしまうので注意が必要です。後は、タオルドライをしっかりすること。水分が残っていると、乾燥しやすくなるので、ちょっとしたことですが、心がけてください。

 

全身しっかり保湿する

入浴すると、何となく肌が潤っているような気がしますが、それは気のせいなんです。だって、入浴後は、喉が渇きますよね。それだけ、体に水分が必要だということなのです。

特に体を拭いた後は、肌から水分が外に出ようとするので、化粧水を全身につけるのが良いでしょう。実は、ボディークリームやオイルをそのまま付けるよりも、先に化粧水を使用してからの方が、保湿効果が断然高いので、ぜひやってみてくださいね。

化粧水は出来るだけ、無添加でシンプルなものを使いましょう。水分を肌に吸収させ、その後、クリームやオイルでバリアすることが、乾燥肌を治す方法の中でも簡単だし、実行しやすいはずです。顔と同じように、洗った後は、化粧水+乳液やクリーム、これを習慣づけてくださいね。

 

身に着けるものはコットンやシルクにする

乾燥肌はとても敏感なので、肌に触れるものは、天然繊維がおすすめです。コットンやシルク・麻などは、自然界の植物や動物から作られている繊維なので、化学繊維と比べると、肌を乾燥させたり、静電気が起こったり、摩擦が強くなることが少ないので、普段から身に着けるものにも気を付けたいですね。

しかし、ウールは天然繊維ですが、チクチクと肌を刺激してしまう為、出来れば避けた方が良いでしょう。特に、下着や肌着、靴下などは、肌触りの良いシルクにすると、肌に触れた時の衝撃が一番少ないので、かゆくなりにくく、おすすめです。

でも、シルクはお手入れが難しく、高価なものが多いので、乾燥肌を治す方法の救済処置として、症状が辛い時に使用してみてくださいね。

 

いかがでしかた。乾燥肌を治す方法で大事なのは、肌の刺激を減らすことです。もともと、乾燥肌は、皮膚の表面が傷付きやすい為、体を洗う際や身に着ける洋服で、その傷をひどくしてしまうことがあり、それがかゆみを強くしてしまう場合があります。

乾燥肌を治す方法として、体は手の平でやさしく洗い、その後、化粧水でしっかり保湿し、乳液やワセリンなどで、肌の表面にバリアを作って、保護してあげましょう。

身に着けるものは、出来るだけコットンで肌触りの柔らかいものにし、服に付いているタグが肌に当たる場合は、取り外すようにしてください。

実は、タグの種類によっては、皮膚が擦れてしまい、かゆみなどを感じてしまうことがあります。乾燥肌を治す方法を実践している人は、タグ、ひとつにも注意が必要ということです。

まとめ

乾燥肌を治す方法とは

・ 食生活を見直す
・ 6時間睡眠を心がける
・ 入浴方法を見直す
・ 全身しっかり保湿する
・ 身に着けるものはコットンやシルクにする


連記事