嫌いな人との接し方を学び円満な仕事環境をつくるポイント

嫌いな人との接し方を学び円満な仕事環境をつくるポイント
職場での嫌いな人との接し方に悩んでしまうこと、よくありますよね。嫌いな人とはいえ、そこは大人同士、しかも仕事仲間ですから子供のように「嫌い」とそっぽを向いてしまうわけにはいきません。

仕事がスムーズに進まなくなってしまいますし、他の同僚にも迷惑をかけてしまいます。とはいえ、嫌いな人を好きになれというのはどだい無理な話、無理やり好きになろうとあれこれ話しかけてみた挙句、前よりも相手の嫌なところを見つけてしまったというオチもあります。

嫌いな人との接し方に悩んだときには、いかに相手とよいコミュニケーションをとっていこうか、ではなく、いかに相手との関わりを少なくしつつ仕事をスムーズに進めるかを考えるのがポイントです。そこで今日は嫌いな人との接し方を学び円満な仕事環境をつくるポイントをお伝えします。



 

嫌いな人との接し方を学び
円満な仕事環境をつくるポイント

 

相手に期待しないこと


嫌いな人との接し方で最も大切なのがこれ、「相手に期待しないこと」です。相手の能力や性格に期待しないだけでなく、相手があなたの意見に賛同してくれたり仕事に協力してくれることを最初から計算に入れずに仕事をするようにしましょう。

相手が自分を助けてくれることを期待するから裏切られたときに、相手に対する「嫌い」という感情が大きくなってしまうのです。期待しない相手であれば、いくら裏切られようと何とも思わないし、相手に思ったほどの能力がなくても「そんなものか」と諦めることができますよね。

嫌いな人との接し方に迷ったときには、無意識のうちに相手に何かを期待してしまっていることを自覚し、その期待を捨ててしまいましょう。

 

相手の欠点には「かわいそうに」と心の中で同情すること


嫌いな人との接し方で大切なことの二つ目は、「心の中で相手を自分よりも下だと思うこと」です。相手と自分が同等、もしくは相手に自分が負けていると思えば、相手のやることなすことが気になり、いちいち傷ついたり怒りが湧いてきたりと、嫌いな同じ職場にいる限り心の休まるときがありません。

これを解消するためには、「相手を自分よりも下だ」と思うことが大切!ときには、「かわいそうに」という同情の気持ちを持って、接してみましょう。自分よりも下だと思い込む根拠は何でもかまいません。嘘でもよいですよ。

たとえば、ヒステリックな女の同僚には「結婚できないからあんなにヒステリックになって、かわいそうに」と心の中で同情しておきましょう。これだけで、嫌いな人に対しても、広い心をもって接することができ、何か嫌なことを言われても、聞き流すことができます。

 

嫌いな人との会話には感情的な言葉を使わないこと


嫌いな人との接し方で大切なことの三つ目は「感情的な言葉を使わないこと」です。あなたが嫌っている相手は、高い確率で、あなたのことを嫌っています。

「相手を気に食わない」と思っている者同士が、感情的な言葉の応酬を始めると、会話はいつの間にか口論に発展してしまいますよね。手が出てしまうこともあるかもしれません。

このような口喧嘩、あるいはつかみ合いの喧嘩を避けるためには、双方、感情的にならないことが大切です。つかみ合いの喧嘩はもちろんのこと、口論も一度職場でやらかしてしまうと、その後の仕事環境に悪影響を残してしまいます。

いくら相手が気に入らないからといって、「気に入らない」「嫌い」「頭、おかしいんじゃないの」のような感情的な言葉は口にしないように気を付けてくださいね。

 

フォーマルな付き合い・うわべだけの付き合いにとどめること


嫌いな人との接し方では、深いお付き合いは禁物、うわべだけの付きあいにとどめておきましょう。話すのは、挨拶と業務連絡のみ、お互いのプライベートや「子供の出来がどうだ」とか、「週末はデートなの」というような会話はする必要はありません。

仕事に関わりのある会話だけなら、嫌いな人が相手でもなんとか平穏を保って笑顔で会話をすることができますよね。嫌いな人と接しなければいけないときには、相手に深入りせずに、うわべだけで付き合ってください。

 

相手のよいところを見つけること


会社や職場の同僚はいわば仕事だけのつながり、一人の人間として好きになる必要はありません。ただ、あなたに少しだけ気持ちの余裕があるときには、嫌いな人の長所を見つけてみてください。

嫌いな人との接し方で大切なことの五つ目は、「相手のよいところ・愛すべき点を探してみること」です。大嫌いな相手でも「意外といいところがあるじゃん」ということを一つ見つけることができれば、「大嫌い」が「嫌い」くらいにはなりますよね。

嫌いな人との接し方では、「相手に深入りせず、仕事上だけの付き合い」にとどめるのが基本ですが、気持ちや仕事に余裕のあるときにはもう一歩踏み込んで、「相手のいいところを見つけて、相手を少しでも好きになる努力をしてみること」を実践してみましょう。

 

いかがでしたか。

以上が、嫌いな人との接し方を学び円満な仕事環境をつくるポイントでした。嫌いな人との接し方では、「嫌いな人といかに接しないか」をポイントに相手との接し方を考えましょう。

相手との関わるのは、挨拶と仕事関係の話をするときだけ、プライベートや家族の話はしないようにしましょう。また、言葉遣いにも要注意!多くの場合、あなたが相手を嫌いなように、相手もあなたを嫌っています。

感情的な言葉はできるだけ口にしないように!口論になる可能性があるので気を付けてくださいね。このように、嫌いな人との接し方では「相手と極力接しない」ことが大切ですが、もしあなたに相手と仲良くなりたい・もう少し良好な関係を築きたいという気持ちがあるのであれば、相手のよいところを見つけるように努力してみてください。

仕事中よりも、昼休憩やちょっと一服してリラックスしているときの方が穏やかな気持ちになっているので、相手のよいところを見つけやすいです。

 

まとめ

仕事場で嫌いな人との接し方とは

・ 相手に期待しないこと
・ 相手の欠点には「かわいそうに」と心の中で同情すること
・ 嫌いな人との会話には感情的な言葉を使わないこと
・ フォーマルな付き合い・うわべだけの付き合いにとどめること
・ 相手のよいところを見つけること

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c