女性心理を理解して、 心を開かせる日常会話の運び方

女性心理を理解して、 心を開かせる日常会話の運び方

女性心理を理解することで、普段のさりげない日常会話で気になる女性の心をあなたに開かせることができます。

反対に、女性心理を理解せず、むやみやたらに自分の趣味や好きなものの話を女性にしゃべり続けていたら、女性はあなたに対して心を閉ざしてしまいます。

こうなるともう女性があなたに振り向くことはありません。こうならないために、好きな女性とお近づきになりたいときには、女性心理に則った日常会話を交わすようにしましょう。

ここでは、女性心理を理解して、心を開かせる日常会話の運び方をお伝えします。会話はコミュニケーションの基本!仲良くなるための最初の一手です。ぜひ、女性心理を理解して、好きな女性との距離を縮めてください。



 

女性心理を理解して、
心を開かせる日常会話の運び方

 

会話の主役は女性!自分は脇役と心得ましょう。


女性に限らず、誰しも一番関心があるのは自分自身に対してです。なので、日常会話でも相手の話よりも自分のことを話したい、相手の悩みよりも自分の悩みを考えたいのが本音、あなたもそうですよね。

相手の話をまともに聞いている人なんてほとんどいません。これはつまり、あなたが自分のことを知ってもらおうと女性に一生懸命自分の話をしても、相手は半分も聞いていないということです。

さらに、相手は興味のない話をえんえん聞かされてうんざりしています。これでは、相手に好意を持ってもらうことはできませんよね。

日常会話で相手の心を開きたいときには、自分の話ではなく、相手の話を聞くようにしましょう。そうすることで、相手はあなたに対して気持ちよく自分語りをすることができ、あなたを「よき話し相手・よき相談相手・一緒にいて心の安らぐ人」と捉えます。こうなればもうこっちのもの、相手の心を開いたも同然ですよ。

 

自分の意見を言いつつも女性の話に共感しましょう。


女性は自分の話を相手に聞いてもらい、そのうえ相手に共感してもらうことで、満足感を得ます。なので、日常会話で女性の心を開きたいときには、女性の話に共感を示しましょう。

「そうだね」「わかるよ」と相槌を打つだけでなく、態度でも共感を示すことが大切です。相手の話が佳境に入ったら身を乗り出す、表情を作るなどの小技も盛り込んでいきましょう。

また、共感だけでは女性に好意をもってもらうことはできません。女性に「機嫌をとって、気に入ってもらおうとしている」という下心がバレバレだからです。

なので、適度に反論したり自分の意見を挟むことが大切です。このときのポイントは、話の枝葉で反論し、大局的には女性の意見に共感することです。

「君のその意見には賛同しかねるし、僕は~だと思うけれど、大筋では君の言う通りだと思うよ」というような共感の仕方がベストです。女性も共感するばかりでなく、自分の意見・考えをしっかり持った人間ということで、あなたを見直すはずですよ。

 

アドバイスは相手に求められない限り、してはいけません。


女性は日常会話の中で、しばしば愚痴や悩みを口にしますが、女性は悩みの解決は望んでいません。女性心理に「解決志向」の四文字はありません。

この女性心理を理解せず、あれやこれやと解決策を提案していると、「あれしろこれしろと指示するだけで、ちっとも私の気持ちを分かってくれない人」という評価が下ります。気を付けてくださいね。

女性が愚痴や悩みを話すときは、「こんなに大変なのにがんばっている自分」に共感してほしいだけ、解決策は全く求めていないと心得ておきましょう。

女性が悩みを話しだしたら、あなたは親身に耳を傾けてあげるだけで十分です。もし、女性の方からアドバイスを求めてきたら、そのときに初めてアドバイスをしてあげましょう。

 

日常会話の中で、さりげなく女性をほめましょう。


女性心理が求めているのは共感だけではありません。「ほめてもらう」ことも女性は大好きです。この女性心理を利用して、日常会話の中でさりげなく女性をほめるようにしましょう。

そうすることで、女性はあなたに対して好意を抱き始めますよ。とはいえ、美人に「きれいだね」とほめても、相手はほめられ慣れていますから、全く心に響きません。

反対に内面が美しい人に「性格がいいね」とほめても、相手はほめ言葉とは受け取りません。嫌味だと思われるのがオチです。なので、女性をほめるときには、その女性の長所から少し外れたポイントをほめるようにしましょう。

美人には「気が利くね」、内面が取り柄の人には「きれいな目をしているね。肌がきれいだね」、これでばっちり、女性にあなたの印象を強く残すことができますよ。

 

会話のスパイスにからかってみましょう。


女性の話を聞いて、「わかるわかる。君はがんばっているよ」と共感、ほめるだけでは、刺激的で面白味のある会話とはいえません。

女性も最初は気持ちよく話していたとしても、そのうちつまらないと感じるようになります。会話にはスパイスが必要です。女性心理を刺激するために、ときには女性をからかってみましょう。

からかうことで、女性は今まで自分に100%同意してくれていたあなたの新たな一面を見た気がして、「あれ、思ったよりおもしろい人かもしれない」と思い始めます。ぜひ、おもしろいジョークや軽妙なからかい口調で、女性心理を刺激してみましょう。

 

いかがでしたか。

以上が、女性心理を理解して心を開かせる日常会話の運び方でした。まずは、会話の主役は女性と心得ましょう。日常会話の中では、あなたは聞き役に回り、女性の話に共感したり「君はがんばっているよ」とほめるようにしましょう。

そうすることで、女性にとってあなたは「気持ちのよい会話の相手。自分の気持ちを理解してくれるよき相談相手」になります。

つまり、女性の懐に入り込むことができるのです。ある程度、女性の心を開くことができたら、次はジョークやからかいを織り交ぜながら、女性心理を刺激するおもしろい会話を展開してみましょう。

こうすることで、女性にとってあなたは「単なる聞き役ではない。おもしろい話をしてくれる人」に格上げされます。女性との日常会話をするときには、「共感・ほめる・ときには女性心理を刺激する」の三本柱を意識してみてください。

 

まとめ

女性心理を理解するには

・ 会話の主役は女性!自分は脇役と心得ましょう。
・ 自分の意見を言いつつも女性の話に共感しましょう。
・ アドバイスは相手に求められない限り、してはいけません。
・ 日常会話の中で、さりげなく女性をほめましょう。
・ 会話のスパイスにからかってみましょう。

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c