束縛を嫌う彼女の気持ちを理解し、円満に付き合う秘訣

束縛を嫌う彼女の気持ちを理解し、円満に付き合う秘訣
束縛を嫌う彼女と付き合うのは難しいですよね。あなたは四六時中ずっと一緒にいたいのに彼女はそれを嫌がる、「彼女は本当に自分を愛してくれているのだろうか」と彼女の愛情すら疑ってしまいます。

また、束縛を嫌う彼女の意志を尊重したいけれど、実際にどのように付き合っていけばよいのか分からない、彼女との距離感をどのように保てばよいのだろうかとお悩みの方も多いのでは?

束縛を嫌うからといって、恋人同士ですもの、全く会わない・連絡も取り合わないというわけにはいきませんし、彼女からの連絡を待っていたのでは、最悪、自然消滅ということもありえます。

彼女の意志を尊重した結果が自然消滅では、泣くに泣けません。ということでここでは自由人の彼女との付き合い方に悩んでいる方のために、束縛を嫌う彼女の気持ちを理解し円満に付き合う秘訣をお伝えします。



 

束縛を嫌う彼女の気持ちを理解し、
円満に付き合う秘訣

 

四六時中一緒にいたいは×、適度な距離感を守る


彼女のことがで好きであればあるほど、ずっと一緒にいたいという気持ちが大きくなりますよね。しかし、束縛を嫌う彼女の場合、「四六時中一緒にいたい」というあなたの気持ちは少しおさえて、彼女との間に適度な距離感を作るように努めた方がよいです。

人にはそれぞれパーソナルスペースがあり、いくら好きな人であっても、自分のパーソナルスペースに四六時中侵入されるのは嫌なものです。束縛を嫌う彼女は、パーソナルスペースが人よりも広めなのでしょう。

パーソナルスペースは、その名の通り、本当に「自分一人の」スペースです。「彼女が自分に心を許してくれれば、彼女のパーソナルスペースに入れてくれるはず」という考え方はだめですよ。

 

離れていた時間、何をしていたのか詮索しない


自分と一緒にいないとき、彼女がどこで何をしていたのか、誰と会っていたのか、気になりますよね。束縛を嫌う彼女に嫌われないよう、「毎日会いたい」という気持ちを我慢しているからこそ、「こっちは我慢しているのだから、何をやっていたのかくらい教えてくれてもいいじゃん」と考えてしまいがち。

しかし、束縛を嫌う彼女にとって、詮索もまた束縛の一つです。束縛を嫌うとは、つまり自由でいたいということ。詮索された途端、彼女にとっては今の自分の状態が「不自由=束縛」となってしまいます。

詮索したい気持ちはわかりますが、円満に付き合うためにはその気持ちもぐっと我慢、彼女に前日の行動を問い質すのはやめましょう。

 

「君が帰ってくるのを待っている」という忠犬ハチ公状態はやめる


「君が帰ってくるまで、いい子にして待っているワンコ」になっていませんか?束縛を嫌う彼女には忠犬ハチ公状態の彼氏もまたうっとうしいもの、特に同棲している方、おうちでいい子して彼女の帰りを待つというのはやめましょう。

毎朝「何時に帰ってくるの?」「僕の夕食はどうするの?」「駅まで迎えに行こうか」と言うのもだめ、あなたはやさしさのつもりかもしれませんが、束縛嫌いの彼女は帰りの時間を訊かれるだけで「イーッ」となるくらいイライラしてしまいます。気を付けてくださいね。

 

自分自身の生活や世界を充実させる


束縛嫌いの彼女にとって、恋人やパートナーの生活全て、世界全てが自分一色になってしまうことは重荷です。あなたが「君だけいればいい」「君が僕の全て」という状態になれば、束縛嫌いの彼女はあなたの愛情の重さ、プレッシャーに耐えかね、早晩、あなたから離れていくでしょう。

束縛嫌いの彼女と長く円満に付き合うためには、あなたは彼女に「君が全て」と言わないことはもちろんのこと、言葉だけでなく行動でもそれを示してください。自分の仕事や趣味を充実させることが大切です。

「君がいなくても僕は僕で楽しくやっているさ」という彼氏でいるようにしましょう。自分がいなくても大丈夫な彼氏を見て、やっと彼女は気兼ねなく自分の仕事や趣味を楽しむことができるのです。

 

彼女にしてもらいたいことは「義務」ではなく「お願い」で


束縛を嫌う彼女に何かしてもらうことは難しいですよね。彼氏のために自分の予定を変えたくないという彼女に頼みごとがあるときには「義務」ではなく「お願い」で、彼女に打診してみましょう。

たとえば、自分の実家に一緒に来てほしいとき。「彼女だから、パートナーだから、一緒に来るべき、来なければならない」という態度、言葉では、束縛嫌いの彼女の心を動かすことはできません。

「もしよかったら、一緒に来てくれませんか」「一緒に来てくれたらうれしい」というように、彼女に「お願い」するようにしましょう。

義務と言われればうんざりする彼女も、好きな人からの「お願い」であれば、案外あっさり「やってもいいかな」という気持ちになるものです。

実家に連れていくのなら、仏頂面の彼女ではなく、にこにこ顔の彼女を連れていきたいですよね。束縛嫌いの彼女と円満に付き合うためには、彼女に「自分の自由を侵害された」という気持ちを持たせてはだめ、彼女に頼み事をするときは言葉使いに注意しましょう。

 

いかがでしたか。

以上が、束縛を嫌う彼女の気持ちを理解し円満に付き合う秘訣でした。まずは、彼女のパーソナルスペースに土足で入り込まないようにしましょう。束縛を嫌う彼女のパーソナルスペースはあなたのそれよりもずっと広めです。

気を付けてくださいね。彼女との距離間がつかめないという方、わからないことは本人に訊くのが一番です。「どのくらいの頻度で会いたいのか」「どのくらいまで君のパーソナルスペースに入っていいのか」、彼女に直接訊きましょう。

さらに束縛を嫌う彼女と円満に付き合う為には、あなた自身も彼女と同じくらい自分の世界を充実させる必要があります。

彼女に「私が一緒にいなきゃ、遊びにも行けないの?」と心配されないように、あなたはあなたで自分の世界を楽しみましょう。お互いの生活が充実してこそ、恋人は円満に付き合うことができるのです。

 

まとめ

束縛を嫌う彼女と円満に付き合う秘訣とは

・ 四六時中一緒にいたいは×、適度な距離感を守る
・ 離れていた時間、何をしていたのか詮索しない
・ 「君が帰ってくるのを待っている」という忠犬ハチ公状態はやめる
・ 自分自身の生活や世界を充実させる
・ 彼女にしてもらいたいことは「義務」ではなく「お願い」で

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c