女子の人間関係で特に注意すべき5つのポイント

女子の人間関係で特に注意すべき5つのポイント
学校・会社・プライベート……とかく女子の人間関係とは難しいものですよね。女子の人間関係では、出ない杭は「何もしない」と陰口をたたかれ、出る杭は打たれ、出過ぎた杭は引っこ抜かれるので、人知れず悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

ですがこの世界で生きるには、人間関係はどうしても避けては通れません。ならば少しでも、トラブルを回避して居場所を確保するのが先決です。

ごまをすったり、誰かにすり寄ったりする必要はありませんが、かといってあまりに自分本位で物事を進めていると、距離を置かれてしまったり、最悪孤立してしまいかねません。そこで今回は、女子の人間関係で特に注意したいポイントについてお伝えします。



 

女子の人間関係で
特に注意すべき5つのポイント

 

節度ある態度を心がける


あまりに堅苦しくなることはありませんが、女子の人間関係に必要なのは一定の節度ある距離感です。女子の人間関係だからということに限らず、堅苦しすぎればかえって失礼に当たりますし、逆にフランク過ぎても馴れ馴れしい印象を与えてしまいます。

とくに会社では、たまにうっかりタメ口が出てしまったとしても、基本は敬語です。本当に基本中の基本ですよね。また、緊張などは相手にも伝わってしまいます。

いつまでも打ち解けてもらえないのも寂しいもの、それはあなた自身も同じなのではないでしょうか。最初のうちはともかく、慣れてきたら節度を保ちつつ、肩の力を抜いて、自然体で接するようにしましょう。その際は、微笑みを忘れないようにしましょうね。

 

おかげさま、の気持ちを忘れない


得意なことやうまくいったことなどではつい自己アピールしたくなったり、しなくてはいけないような気になったりするものですが、これもやりすぎれば女子の人間関係の中では煙たいと思われてしまいがち。

自己主張しすぎず調子に乗らず、謙虚にいきましょう。といっても必要以上に卑屈になることはありませんよ。女子の人間関係がうまくいかない人は、「一歩引いたところから」を心がけるようにするだけで変わってくるはずです。

例えあなたの実力が大きいとしても、やっぱりそこには誰かの協力があるものです。「おかげさま」の気持ちや感謝を忘れないようにしましょう。

 

話の基本は肯定+受容です


「でも」「だから」「だって」など、人に話に対して否定形から入る人がいますが、これは女子の人間関係ではNGです。まず相手の話を肯定するところから入りましょう。

女性は基本的に話を聞いてほしい生き物です。それを否定されれば面白くはありません。まずは受け入れ、そのうえで意見があれば伝える方が女子の人間関係は円満に行きます。

「話を聞いてくれる」と思わせることができれば、好印象を与えることができるからです。意見を言うときもあまりきつくなることがないよう、言葉選びは慎重に行うようにしましょう。考えなしに思い付くまま言って、場を白けさせてしまったなんて目も当てられませんよ。

 

頼まれごとは簡単な返事で終わらせず、具体的に考えること


ついやってしまうのが「安請け合い」。「これできる?」「わかった?」と聞かれてつい条件反射的に「はい、できます!」「わかりました!」と答えてしまうことってありませんか?ですがこれ、けっこう危険なのです。

女子の人間関係では「生返事をしている」というのは広まるのも結構早いのです。完全にこなせるならともかく、たとえ勢いで返事をしてしまっても、一度どこまで自分にできるのかを立ち止まって考えるようにし、わからないことは素直にわからないと伝えて教えを請いましょう。

これは女子の人間関係に限らず、あなた自身の信用問題にもかかわってきます。失敗する方が覚えます。恐れることはありませんが、手順などはきっちり頭に入れるべく、ちょっと慎重に考える癖をつけましょう。

 

なんでもかんでもすぐに聞かず、自分の頭でも考える


不安のあまり、また、誰かに聞いた方が確実だからとなんでもかんでもすぐに聞いていませんか?最初のうちこそ聞いて覚える必要がありますが、きちんとメモを取ったり、自分でも考えるようにしましょう。

とくに何度も同じことを聞きすぎると、女子の人間関係の中で「出来ない人」認定されてしまいます。女子の人間関係、頼ることも必要ですが、同じくらい自分で考えることも重要です。

とはいえ、大事なことを聞けず独断でつっぱしって取り返しがつかなくなるようならその前にちゃんと誰かに聞いておくようにします。加減が難しいですが、自分で考えるべきこと、誰かに聞くべきことを見極められるとよいですね。

 

いかがでしたでしょうか。こうして見てみるとちょっと委縮してしまいそうですが、あまり考え込みすぎるのもよくありません。女子の人間関係に接触するには、心配しすぎず、表情に微笑みを持たせるようにしてみましょう。

返事ははっきり、はきはきと。これだけで第一歩はばっちりです。 おかげさまの気持ちを忘れずにいれば、自然と表情や態度、言動に現れます。人間には良いところもあれば、悪いところもあるのもお互いさま。

必要以上に委縮せず、自然体で気遣いを忘れずに、自信をもって日々を乗り切っていきましょう。女子の人間関係は味方になれば心強いものですが、べったりでいる必要もありませんから、節度ある態度で接してみてくださいね。

まとめ

女子の人間関係で注意するべきこととは

・ 節度ある態度を心がける
・ おかげさま、の気持ちを忘れない
・ 話の基本は肯定+受容です
・ 頼まれごとは簡単な返事で終わらせず、具体的に考えること
・ なんでもかんでもすぐに聞かず、自分の頭でも考える

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c