コミュニケーションが苦手なら読む、5つの改善術

コミュニケーションが苦手なら読む、5つの改善術
人には誰しも得手不得手があるものですが、コミュニケーションが苦手だと困る場面が多くなりますよね。水泳が苦手ならプールや海に遊びに行かなきゃいい、料理が苦手なら料理が得意なパートナーを見つけたらいいし外食やお惣菜に頼ることもできます。

でも、コミュニケーションだけは苦手だからといって避けて通ることはできません。学校でも職場でも、はたまた家庭内でもコミュニケーションは欠かせないのです。

では、コミュニケーションが苦手な人はどうやって苦手を克服して学校や職場でのコミュニケーションや人間関係に対処すればよいのか。ということで、今回はコミュニケーションが苦手な方のために、コミュニケーションの改善術をお伝えします。

挨拶から始めること

コミュニケーションとは、何もオリジナリティーや臨機応変だけが求められるわけではありません。ユーモアで笑いをとったり、含蓄のある言葉で感心されることを目指せば、コミュニケーションはとても難しいものになってしまいます。

コミュニケーションが苦手な方は、まずは型通り・お決まりの挨拶から始めましょう。朝、顔を合わせたら「おはようございます」、これ以上おもしろいことや意味のあることを言う必要はありません。

もう一言、加えるとしたら「今朝は冷えますねえ」くらいで十分!このように、型通りの挨拶から始めるとコミュニケーションのハードルはぐんっと低くなりますよ。コミュニケーションとは一種の「お約束ごと」なのです。

あなたも相手も、いつもと同じ台本をいつもと同じようになぞっていくことがコミュニケーションであり、それを続けることが人間関係を築くということなのです。

 

リラックスすること

コミュニケーションが苦手だと、他人に話しかけられたとき、つい身構えたり体に力が入ってしまいますよね。この緊張や力みは相手にも伝わります。「あっ、この人今緊張した」「話しかけた瞬間、顔がこわばった」「僕に話しかけられたくなかったのかな」と相手に気付かれてしまうのです。

そうすると、相手もあなたに対して親しみを持ったり、打ち解けた会話をしたい気持ちがなくなります。また次も話しかけようかなという気もわいてきません。

「同僚やクラスメイトと打ち解けて話せない」「何度も会って会話しているのにいつまで経ってもタメ口で話しかけてもらえない」というときには、会話そのものではなく、あなたの緊張が相手に伝わってしまっているのかもしれません。

他人と話すとき、「おもしろいことを言わなきゃ」と頭をフル回転させたり、「相手に嫌われてはいないかな」と心配になったりして緊張してしまいがちですが、頭の中であれこれ考えたり心配するのではなく、まずは体から力を抜いてリラックス!頭もあえて空っぽにして相手と向き合ってみてください。

 

相手の口元を見ること

相手と目が合うと緊張してしまいます。誰かと向き合うとき、目を合わせなきゃ失礼だからと相手の目を見てしまう。その結果、緊張したり言葉が出てこなくなったりしてしまうという方は、相手の目ではなく目より少し下、口元あたりに視線を向けてみましょう。目を合わせないことで緊張が和らぎますよ。

 

「今、考えているところ」といって自分のペースを守ること

コミュニケーションが苦手なら方の中には、会話のスピードに頭の回転が追いつかないという方も多いです。

考えがまとまらないうちに自分の意見や感想を言わなければいけないために、ぐだぐだになったり黙り込んでしまったり、あるいは自分が思ってもいないことを言ってしまってあとで落ち込んでしまうのです。こんなときには「今、考えているところ」と言って、考えをまとめる時間を作りましょう。

会話のぺースに無理して合わせるのではなく、自分のペースを守ることで、自分の意見や感想をきちんと相手に伝えることができます。自分のペースを守るのに役立つセリフをいくつか用意しておくとよいですね。「ちょっと待って」「思いついたら言うね」と言えば自分の考えをまとめる時間を作ることができます。

 

恥や失敗を忘れること

コミュニケーションが苦手な方はプライドが高くて他人に弱みを見せられなかったり、恥ずかしがり屋だったり、他人の気持ちを考えるあまり「私の一言で傷つけてしまったのでは?」「余計なお節介をしたかも」とあれこれ要らぬ心配をしてしまう。

その結果、次会ったときに気軽に話しかけることができなくなってしまうという方が多いです。また、会話の中でいちいち「こんなことを言ってもいいのかな」「相手を不快にさせないかな」「的外れな意見ではないかな」と考えてしまうのです。

そのため、言葉を発するタイミングを逃したり、自分の意見を言うことが怖くなって無口になってしまいます。コミュニケーションでは恥や失敗はつきものです。

コミュニケーションが苦手ならなおさらそう、恥をかいて当たり前なのですから、恥や失敗をいちいち覚えたり、あれこれ思い悩むのはやめましょう。

会話が終わった瞬間に、その会話のことを考えるのは終わり!会話を反芻したり脳内反省会はせず、忘れてしまうのです。忘れることで、次会ったとき気まずい思いになったり照れたり恥ずかしい気持ちになることなく、相手との会話を始めることができますよ。

 

以上がコミュニケーションが苦手な方のコミュニケーションの改善術でした。コミュニケーションの多くは、型通り・お決まりの会話です。コミュニケーションが苦手な方はまずは「型通りのコミュニケーションや会話」をマスターしましょう。

挨拶をすることから始めるのです。「おはようございます。今朝も冷えますね」、これをすらすらと言えるようになることが最初の目標です。他人と向き合ったりおしゃべりをするときに緊張したり力むのはだめ、リラックスすることを意識してみてください。

相手と目が合うと緊張しやすいので、目ではなく口元を見るとよいですよ。会話の最中は「今、考えているところ」「ちょっと待って」といって、自分のペースを守ります。

また、他人とのコミュニケーションでは恥や失敗はつきものです。恥をかいたり失敗してもすぐに忘れることでコミュニケーションの苦手意識がなくなります。

まとめ

苦手なコミュニケーションを改善するためには

・ 挨拶から始めること
・ リラックスすること
・ 相手の口元を見ること
・ 「今、考えているところ」といって自分のペースを守ること
・ 恥や失敗を忘れること


連記事