会話のコツを学んで人間関係を円満にする術

会話のコツを
会話がスムーズに進まない人とは人間関係がうまくいかないことがあり、逆に話が合う人とは簡単に意気投合する場合がありますよね。このようにコミュニケーションから私たちはあらゆるものを得たり失ったりしています。

目指すものは会話というツールを使い、人間関係をさらに充実させ仕事や恋愛などにもうまく生かすことです。しかし頭のなかで考えても実際に誰かと話をする瞬間、緊張や不安でうまく言葉が続かない場面もあるでしょう。

思わぬ言葉を言ってしまい相手を傷つけるような失敗もあるかもしれません。会話はちょっとしたコツを習得すると自己アピールになるだけでなく、相手との距離感を縮めさらによい関係を生み出すチャンスになります。

そこで本日は会話のスキルをアップして素敵な人間関係を築くコツをお伝えします。

自分らしい空気を流しましょう

コミュニケーションを生かしてさらに人間関係を充実させるためには、相手に自分を知ってもらうことが大切です。親しくない人ともっと密接な関係になるためには、自分を良く見せようと無理に別の自分を作りだしてはいけません。

話し上手な人は周囲にひとりは存在しますが、必ずしもその人達すべてが「話し好き」であるとは限りません。なかには会話の相手を思いやり、なんとか話題を作り出してその場を盛り上げようとする人もいるでしょう。

逆に言葉数が少なくても相手が聞きたい言葉をピンポイントで言ってくれる人もいます。会話は絶対に盛り上がるべき、という観念をまずは捨てて自分らしい空気を流してみましょう。そこで自分の性格や価値観をうまくアピールすればいいのです。

 

相手が快適に感じる環境にしましょう

二人だけの会社の休憩室、向き合ったまま話すことがなくシーンとなる瞬間がありますよね。こんな時は無理に話題を見つけるよりも、相手が快適に感じる環境を作りましょう。

たとえば前かがみになりスマホをいじっている姿、それよりも背筋をピンと伸ばして相手に向き合う姿勢のほうがいつでも話しかけていいですよ、というメッセージになります。疲れた表情や怒った顔なども相手が見えない壁を感じる原因になるでしょう。

このようなイメージをできるだけなくし、会話がスタートしやすい環境または相手が快適にリラックスできるイメージを意識してください。

 

会話の目的を正しく理解しよう

会話はそれぞれに目的やゴールがあり、正しく見極めないと場違いな展開になる恐れがあります。たとえば失恋話をする友達に、自分ののろけ話するのは相手を傷つける瞬間。

このように自分が話したい内容を考える前に、相手がどんな気持ちでいるか、なぜそのシーンでコミュニケーションが必要なのか会話の目的を正しく把握しましょう。

会社のミーティング中に関係ない話題をする、相手がまったく興味ない話題を続けるなど路線がずれてしまうのは会話力が足りない証拠です。

コンビニのレジで店員と言葉を交わす瞬間も、お客さんと店員さんという関係の上に成り立つものです。このような会話の目的やゴールを意識すると相手も快適に感じるでしょう。

 

相手に好感を示しましょう

話をしてよかった、気分がすっきりした、楽しかったというようなプラスの印象を相手に残せば、人として興味を持ちたくなります。親しくない人と近づくにはきっかけが必要ですが、会話の質によってそれが距離感をなくすチャンスになるのです。

この人ともっと仲良くなりたいと思ってもらうためには、相手に好感を残すように心がけてください。

話をじっくり聞いてくれる姿勢、ニコニコと笑顔が絶えない優しさ、関心を持ってくれるなど、話がうまいか下手よりも相手を真摯に受け止める姿勢が大切なのです。

「聞く」と「聴く」の違いを知り、相手の話を音としてでなく言葉として聴ける人になりましょう。

 

共通点を見つけ相手に一歩近づこう

人間関係を充実させるためには会話のスキルがとても重要です。もし5分間あったら話題がない人よりも楽しい人を皆さん選ぶでしょう。このように周囲から求められる人になるためには、会話でどれだけ共通点を持つかがコツになります。

同じ大学出身者、同じアーティストのファン、なんて稀な共通点でなくていいのです。考え方、嗜好、年齢、ライフスタイルなど、幅広くお互いに通じる点を探してみましょう。

 

このように会話のスキルを上達させて人間関係をスムーズにするためには、会話の「話題」でなく会話に向けた「姿勢」が大切です。

まったく共通点がない人も世の中に入るかもしれませんが、そんな場合は相手に与えるイメージを意識して笑顔で近づいてみませんか。どれほど相手に近づきたいと思っても、無表情でつまらないオーラをだしていたらとてもマイナスな雰囲気になるでしょう。

ひとことだけの挨拶も大切なコミュニケーション、そんな小さなところを大事にする人こそ、多くの人と円満に付き合える秘訣なのです。

ちょっと気になる人とコミュニケーションをとりたい場合は、まず元気よく挨拶からスタートしましょう。相手に興味を示し受け入れる姿勢もアピールしてください。


連記事