嫌われる人の特徴を知って友人関係を円満にするコツ

嫌われる人の特徴を知って友人関係を円満にするコツ
嫌われる人の特徴って、普段気にすることはありませんよね。でも、友人がその特徴に見事に当てはまる人だった場合、どうしたらいいのでしょう。

自分の友人が、人から嫌われたり、悪く言われるのは、嫌なものです。とは言っても、気分が乗らないときには、その特徴的部分が気に障り、友人関係にヒビが入ってしまうことも考えられます。

普段は良いところに目を向けて、悪い部分は見ないふりをしたり、気にしないようにしていても、それが出来ない時って誰にでもあるのです。それに嫌われる人というのは、その言動が素で、相手に嫌な思いをさせてしまったということがわかりません。

そんな友人を持ってしまったからには、あなたが我慢し続けるか、相手が劇的に変わるかのどちらかしか無いのです。そこで今日は、嫌われる人の特徴を知って、友人関係を円満にする、5つのコツをお伝えします。



 

嫌われる人の特徴を知って
友人関係を円満にするコツ

 

自分のことばかり話す友人の対処法


自分のことが大好きという人、増えていますよね。もちろん自分のことが嫌いでネガティブな人よりは、良いような気がしますが、一概には言えません。

自分が大好きな人は、とにかく自分のことばかり話す人が多いのです。この場合、会話が一方通行になりやすく、聞いている人は楽しめません。この状態こそが、嫌われる人の特徴なのです。

人の話を遮ってまで自分の話をされると、会話を楽しむことなど出来ません。そんな友人と上手くやっていく方法は、相手のことをきちんと理解してあげることです。

例えば、友人の興味のあることを、自分も好きになって、具体的な質問をしてみましょう。そうすれば、きちんと会話が成り立つので、あなたがイライラすることも少なくなりますよ。

 

失敗を他人のせいにしようとする友人の対処法


失敗は成功の母と言いますが、その失敗を他人のせいにしようとしてしまう人がいますよね。嫌われる人の特徴なのですが、一緒にいた人のせいにして、責任転嫁してしまうのです。

そんな人が友人だと、あなた自身、なにかととばっちりを受けてしまいます。こういう人は、自分に自信がない人が多く、ストレスから心を守るために、自分以外のものに原因を擦り付けようとしてしまうのです。

心のバランスを保つための間違った手段を身につけてしまった友人と付き合っていくためには、深入りしないことですね。

会話は短めに。長く話せば、それだけ失敗した時に利用されてしまいます。感情的にならないことも大切です。常に穏やかに会話することで、円満な関係が保てるでしょう。

 

完璧主義の友人の対処法


完璧主義も嫌われる人の特徴と言えます。几帳面で礼儀正しく、融通がきかないので、付き合いにくいのです。そして口うるさく、周囲の人にも完璧を求めてしまう傾向にあります。

そんな友人の話は、軽く聞き流すのが上手く付き合うコツですよ。おとなしそうに見えますが、怒りっぽいので、あなたのいい加減な対応に我慢が出来なくなる可能性があるからです。

怒らせると面倒なので、何を言われても気にしないようにしてくださいね。もし長く付き合いたいのなら、自分の相談役に任命してしまいましょう。

頼られたり、相談されることが嫌いではないので、文句を言いながらも親身になってくれます。嫌われる人の特徴を理解して、細く長く付き合っていってください。

 

人の悪口ばかり言う人の対処法


人の悪口、同調してくれる人がいると、話が盛り上がりますよね。たまにはいいですが、いつも人の悪口を言っているのって、嫌われる人の特徴なんです。

常に人のあら探しをしているように見えるし、自分がいない時に悪口を言われていそうな気がしませんか。そんな友人と付き合っていく方法は、悪口に同調しないことです。

友人と一緒になって悪口を言っていると、必ずあなたの弱点になってしまいます。友人が言っていた悪口も、あなたが言っていたということになりかねません。

右から左に聞き流すくらいで、同調しなければ、あなたの前で人の悪口を言っても楽しくないからと、そういう話にならなくなるでしょう。

万が一、自分が感じていることでも、人の悪口が大好きな、嫌われる人の特徴を持った人には、絶対同調してはダメですよ。

 

やってもらって当たり前という人


嫌われる人の特徴のひとつ、やってもらって当たり前という考えの人は、意外と多くいます。「ありがとう」と言えば、それで終わりではありません。

もっとひどい場合は、お礼すら言わないのですから、嫌われて当たり前ですよね。見返りを求めないなんて、実はきれい事。やはりgive&takeの心が大切なんです。

昔から、可愛いと周囲から特別扱いされてきた人に多く、人に甘えるのがとても上手いなと本当に感心してしまいます。

そんな友人との関係を円満にするには、やってもらって当たり前というのは、間違っているということを教えてあげてください。

何を言ってるのと嫌そうな態度なら、友人関係を終わらせてしまえばいいのです。知らない間にお願いしているという状況に持ち込んでいるということに、友達は気づいていないだけ。それを教えてあげれば、友人関係がきっと円満になりますよ。

 

いかがでしたか。

嫌われる人の特徴を知りたいのは、自分がそうだと怖いからというケースが多いはず。ですが、仲は良いけど、気になる部分がたくさんあるという友人を持っている人にとっては、嫌われる人の特徴を理解することは、友人関係を今より良い状態にする為にきっと役立ちますよ。

大人になれば、状況に合わせて、付き合い方を変えていくのが当たり前です。嫌われる人の特徴を理解した付き合い方を実践すれば、ほとんどの人は、今より付き合いが楽に感じられます。

もし万が一、疎遠になってしまったとしても、忙しい日々を過ごしているあなたにとって、そんなに大きな問題ではないでしょう。

大事なのは、無理に友人関係を継続するのではなく、お互いの関係がスムーズに、そしてストレスがない付き合いにシフトしていくことです。出来ることから始めてみてください。

 

まとめ

嫌われる人の特徴の対処法とは

・ 自分のことばかり話す友人は相手のことを理解する
・ 失敗を他人のせいにしようとする友人とは穏やかに対応する
・ 完璧主義の友人には相談役になってもらう
・ 人の悪口ばかり言う人には同調しない
・ やってもらって当たり前という人には優しく教える

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c