嫌われる人の特徴を学んで、自分自身の行動を改善するコツ

嫌われる人の特徴を学んで、自分自身の行動を改善するコツ
嫌われる人ではなく、できれば誰からも好かれる人になりたいですよね。嫌われる人にならないために、身なりや自分の言動に気を使っている方も多いのではないでしょうか。

人付き合いでは、自分がどう思うかよりも相手からどのように思われているのかの方が気になるという方もいるでしょう。ただ、自分では嫌われないように気を付けているつもりでも、自分の無意識の言動が相手を傷つけていたり、相手に嫌われる原因になっていることもあります。

万人に愛されるというのはなかなか難しいですが、これまで無意識のうちにやっていた嫌われる原因や行動を改めることで、他人に嫌われることが少なくなりますよ。ということで、今回は嫌われる人の特徴を学んで、自分自身の行動を改善するコツをお伝えします。



 

嫌われる人の特徴を学んで、
自分自身の行動を改善するコツ

 

相手の触れてほしくないことには触れないこと


嫌われたくないのに嫌われる人は、悪意をもって他人を攻撃したりいじめたり、嫌われるようなことはしていないはずです。それなのに、嫌われるのはなぜなのか。それは、気付かないうちに相手の弱点や急所をついているからです。

いうことで、嫌われる人の特徴の一つ目は、相手の触れてほしくないことに触れること、です。悪意をもっていじわるを言うのは嫌われて当然ですが、何の気なしにあなたが話題にしたり尋ねたことでも、相手の胸にぐさりとささることがあります。

相手もあなたが悪意を持っていないことを知っているだけに、その場では笑ってやり過ごすしかありません。しかし、胸に刺さったトゲが外れることはありませんし、同じようなことが何度も続けば、相手はあなたを嫌いになります。

家族のこと、学歴のこと、見た目や体形のこと、結婚のこと、相手がコンプレックスに思っていることはあなたから触れないようにしましょう。基本的に、人はしゃべりたいことは自分からしゃべります。相手が自分から話題にしないことは触れてほしくないのだなと思った方がよいです。

 

価値観や境遇の違いに気付くこと


あなたにとっての当たり前が相手や周囲にとっては当たり前でないことがあります。価値観や境遇の違いに気付かない、気付かずに自分の価値観を相手に押し付けることも嫌われる人の特徴です。

経済的な格差、家柄、学歴、出身地など、他人同士が付き合えば境遇や価値観には必ずずれがあります。そして、これらのずれは上下に生じます。

あなたは自分が格上という意識がなく無邪気に「私と○○ちゃんは違うね」と言ったとしても、相手に格下という意識があれば、あなたの「違うね」は自慢や嫌味としてしか認識されません。

また、「ランチなら大体いくらくらい」というあなたの価値観も相手にとっては当たり前でないことがあります。このとき、相手にもプライドがありますから、前日の食事を抜いて無理やりランチ代を捻出するでしょうが、肚の中では、セレブなあなたに嫉妬していますよ。

嫌われたくないときは、自分の価値観や境遇が相手にとって当たり前とは限らないことに気付くこと!相手のことをくわしく知る前は、自分の恵まれている部分は隠しておくこと、あなたの方に金銭面に余裕があるのなら相手にまず予算をきいてから相手に合わせることが大切です。

 

自虐やネガティブ発言は控えること


自慢は嫌われるだろうと、あえて自虐やネガティブ発言ばかりしていませんか。自虐やネガティブ発言が多いことも、嫌われる人の特徴です。

理由は二つ、まず自虐やネガティブ発言ばかりする人と会話をしても楽しくないこと。そして二つ目の理由は、相手があなたよりもずっと悲惨な状況かもしれないことです。

自分よりもかわいい友達が「私、ブスだよね。ブスすぎて死にたい」なんて言ってきたら、「じゃあ、あなたよりもブスな私はどうすればいいの」とむっとしますよね。

自分が「ブス」と言われたわけではないから、友達に対していらっとするのは筋違いかもしれませんが、腹立たしい気持ちにはなります。度をこした自虐やネガティブ発言は控えましょう。

 

相手が自分のほしいリアクションをしてくれることを期待しないこと


自虐を言いながら「○○ちゃんはブスじゃないよ、かわいいよ~」という言葉を期待する、SNSに自分の子供をアップして「かわいい」と言われるのを期待する、あるいは「死にたい」とつぶやいて相手が心配してくれるのを期待する、このような「こうしたら相手はこうしてくれるだろう」というあなたの期待は、相手にとっては大きな負担です。

誰だって思ってもいないことを口にしたり仮病の心配をしてあげるのは嫌ですものね。相手のリアクションを意識的に、あるいは無意識のうちに期待すること、かまってちゃんオーラを出すことは嫌われる人の特徴です。

また、「あの子なら頼めば断らないに違いない」「あの子ならいいよと言ってくれる」という計算込みの「都合が悪かったら断ってくれてもいいんだけど」も、嫌われる原因です。

断れない人に無理をいう、そのくせ「断ってくれてもいいよ」といって、相手にも拒否権があったという建前だけを作るというのはやめましょう。

 

非常識な行動や一緒にいて恥ずかしい行動をとらないこと


「友達には迷惑をかけていないのだからいいじゃん、困るのは店員さんだけなのだし」という考え方も嫌われる人の特徴です。

友達が店員さんに横柄な態度をとったり、バイキングやドリンクバーでずるをする、たしかに自分は迷惑をかけられていないけれど、一緒にいるのは恥ずかしいし、同類とみられるのも嫌ですよね。

自分に対しては優しい友達でも、嫌いになってしまいます。人から嫌われたくないのであれば、友達や恋人、同僚に「恥ずかしい」「一緒にいたくない」という気持ちにさせないことが大切!

そのためには、友達や恋人だけに気を使うのでなく、赤の他人や世間から白い目で見られない・社会の一員として恥ずかしくない人間にならなければいけません。ポイ捨てや歩きタバコなど、モラルやルールに反する行動もだめですよ。

 

いかがでしたか。以上が、嫌われる人の特徴を学んで自分自身の行動を改善するコツでした。いじわるや悪意をもって他人と接しているわけでもないのに、なぜか嫌われるという方、ぜひ参考にしてください。

人間関係において無知や無意識は罪、嫌われても仕方ありません。知らず知らずのうちに、相手のコンプレックスに触れたり、自慢として受け取られることを口にする、自虐やネガティブ発言で相手を不快にさせたりさらに相手のコンプレックスを刺激することのないように注意しましょう。

また、相手のリアクションを期待するのも×、かまってちゃんや「いいね」のほしがりはほどほどにしてくださいね。最後に、誰しも自分の価値を下げる人とは一緒に歩きたくないものです。相手に恥をかかせる行動は慎みましょう。

まとめ

嫌われる人の特徴を学んで自分自身の行動を改善するためには

・ 相手の触れてほしくないことには触れないこと
・ 価値観や境遇の違いに気付くこと
・ 自虐やネガティブ発言は控えること
・ 相手が自分のほしいリアクションをしてくれることを期待しないこと
・ 非常識な行動や一緒にいて恥ずかしい行動をとらないこと

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c