『彼女にしたい』と好きな人に思わせる5つの秘策

『彼女にしたい』と好きな人に思わせる5つの秘策
意中の人の彼女になりたいけど、どのようにアピールしていけばいいのかわからないあなた。好きな人に「この子を彼女にしたい!」と思わせるには、いったいどのようなアピールが望ましいのでしょうか。

男性が「彼女にしたい」と思う瞬間には、実は共通した女性の甘い罠が存在します。つまり、好きな彼と友人として上手くやっていて、「少なくとも嫌われてはいない!」という中途半端な間から、一気に「彼女」にまで昇格するために、あなたに出来ることがあるということです。

好きな人に「この子を彼女にしたい!」と思わせて、告白まで誘導させられたら、こんな嬉しいことはありませんよね。以下の5つの秘策を熟読して、意中の相手をゲットしてください!



 

『彼女にしたい』と
好きな人に思わせる5つの秘策

 

頼りなさや甘えたがり屋な一面を垣間見せる


最近では男性以上に目標意識が高く、社会的な女性が増えています。仕事もバリバリとこなすエリート女子とでもいいましょうか。そんな女性はかっこいいですが、男性ウケするかと問われれば、答えに窮します。

いつの時代も男性は、女性に「弱い」一面を求めるものです。そうすれば、自分がヒーローになって女性を助けてあげられるからです。主導権を握りたがる男の本音と言ったところでしょう。

だから意中の彼の前では「頑張り屋」のあなたは封印し、失敗してもいいので頼りない一面や、「お願いしてもいい?」などと甘えた一面を見せてください。彼も「頼られている!」と気持ちが盛り上がり、あなたのことを彼女にしたいと考えるかもしれません。

 

料理上手は大きな武器である


彼女にしたいと男性が女性に感じる一番の瞬間は、「料理が得意なことを知った時」です!これはいつの時代も鉄板の女性の魅力ランキング第一位と言ってもいいくらい、料理上手は女性の大きな武器なのです。「彼女にしたい」と好きな人に思われたければ、料理の腕を磨いてください。

料理は一朝一夕ではいきません。毎日キッチンに立つことで、段取りも味も次第に鍛錬されていくものです。料理上手の一面を彼に見せれば、大抵の男の人はあなたを求めるはずです。基本料理のレシピ本を一冊買うところから初めて、彼の胃袋を落とせるまで精進してください。

 

さりげない気配りで包容力のあるところをアピールする


グループで集まるときなどに、全員に飲み物が渡っているかを確認し、約束の時間よりも早めに到着して下準備をするなど、気配りが行き届いている人は魅力的です。

男性は、さりげない気配りができる女性を好みます。「自分」という中心が存在し、「この女なら上手に俺をサポートしてくれるのでは?」と期待するからです。男性の仕切りたがり屋の一面でもありますが、男の本質は利己的です。

のどが痛い人にさっとのど飴を渡すなど、さりげない気配りをして、気配り上手なところをアピールしてください。かゆいところに手が届く女を彼女にしたいと、多くの男性があなたに目を止めるはずです。

 

常に相手の気持ちを思いやる言動をしよう


意中の男性と対峙しているのにもかかわらず、自分の話しばかりをしている「自分大好き」女は、好みの分かれるところです。それに引き換え、いつでも相手の男性側の気持ちを汲んで会話をしてくれる女性に、多くの男性は惹かれます

常に相手の気持ちを思いやるような言動を心がけ、「自分主導」な子どもっぽい一面を控えてください。男性にとっての「彼女にしたい」はいとも簡単に「結婚したい」に発展します。結婚相手が子どもっぽい「自分大好き」女では、将来が心配になりますよね。

相手の気持ちを思いやり、発言や行動をコントロールできる大人の女性をこそ、男性は求めるものです。

 

相手のアドバイスには「でも」ではなく「はい」と答えよう


何か意見を言われたときに「でも」「だけど」「だって」と答えることはNGです。常に自分の意見を持っていて、自己主張できる女をアピールしたいのかもしれませんが、男性はあなたの意見は求めていないことがあります。ただ、聞いてほしいだけなのです。

「でも」「だって」ではなく、忍耐して「…はい」と答える習慣を身に着けてください。女性の特徴は出産などでもおなじみの「忍耐力」なのです。頭の中で反論があろうとも「はい」と男性の意見に従って、それでも長期間をかけて男性を思い通りに手のひらで転がすことのできる人が本物の「いい女」というものです。

「でも」と言いたい気持ちを飲み込んで、男性に従う姿勢を見せてみましょう。そんなあなたの姿に相手の男性は「素直に俺の意見を受け入れている!こんな女を彼女にしたい。」と考えるのです。

 

さて、意中の男性に「彼女にしたい!」と思わせるための5つの秘策を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

彼女になるために、女の手管を使えるところは使っていきたいですよね。かといって、あまり裏表のある女にもなれない。そんな普通の女性でもできるような一般的な「好かれる女性像」を中心に紹介してきました。

そして、上に書いた5つの秘策のほかに、とっておきの秘策があります。それはズバリ「笑顔」です。笑顔の素敵な女性こそ、男性は「彼女にしたい!」と願うのです。笑顔を絶やさずに、相手の気持ちを思いやり、気配りを行き届かせてください。時には甘えたり頼ったりしながら、関係が親密になってきたときに、手料理でとどめを刺すのです。

 

まとめ

『彼女にしたい』と好きな人に思わせる5つの秘策

・しっかりしすぎずに、頼りなさや甘えたがりな一面を垣間見せよう
・料理上手は大きな武器であるため、毎日料理をする習慣をつけよう
・さりげない気配りで包容力のあるところをアピールする
・自分の話しばかりではなく、常に相手の気持ちを思いやる言動をしよう
・相手のアドバイスには「でも」ではなく「はい」と答え、素直な女であるというアピールをしよう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c