不倫の別れ際で特に気をつけるべき5つの注意事項

不倫の別れ際で特に気をつけるべき5つの注意事項
不倫関係からの別れは、きれいにきっぱり、さっぱりとしたいものですよね。なぜなら別れ方を少し間違えただけで、泥沼化したり周囲の人たちに知られてしまったりと今後の人生に悪い影響を残してしまうかもしれないから。

家族や友人からの信頼を失った挙句に孤独に陥ったり、職場でのキャリアを棒に振ってしまったりする可能性も十分ありえます。

だからと言って、もう関係を終わらせたい不倫相手と別れられないのでは本末転倒。ずるずるといつまでも引きずっているべきではありませんよね。

では、不倫の関係とはさよならして、少しでも早く次のステップに進むにはどうすればよいのでしょうか。そこで今回は不倫の別れ際に特に注意しておきたい大事なことを5つ、こっそりお伝えします。



 

不倫の別れ際で
特に気をつけるべき5つの注意事項

 

不倫の「終わらせどき」を見極めよう


どちらか、もしくは両方に配偶者がいるのが不倫ですが、多くの場合はその配偶者に知られないように逢瀬を重ねますよね。このようなときに一番問題になるのが、配偶者や周囲の人に不倫がばれてしまうこと。

お互いに不倫を終わらせ別れる決意ができているのなら良いのですが、片方に続けたい気持ちがあるときが厄介です。その上略奪婚などと考えている場合は、円満に終わらせることがとても難しくなります。思い余った不倫相手があなたの配偶者や職場にそのことをばらしてしまったら…失うものが多すぎますよね。

もし、自分はあくまで遊びのつもりだったのに相手が本気になってきているような様子が窺えるのであれば、それは不倫を終わらせ別れる時が来た合図と思ったほうが無難。そろそろ関係解消に向けて気持ちを整理し始めましょう。

 

接する時間と回数を減らそう


日陰の関係とお互いに納得して始めた不倫でも、関係が深まるにつれどんどん相手に対する要求や願望が大きくなっていきがちです。

「たとえ今は不倫でも、このまま関係を続けていけばいつか今の配偶者と別れて自分と結婚してくれるはず」などと夢を見始めてしまうことも…。そんな気持ちを抱いている相手に対し、「やっぱり家族が大事だから、不倫を終わらせて別れよう」なんて唐突に言ったらどうなるでしょうか。

相手は逆上して、収集のつかないことになりかねません。不倫関係を返上し別れようと思ったら、相手に会う頻度、電話に出る回数やメールの返信の回数を徐々に落としていきましょう。察しのいい人なら、それで分かるはずです。

 

相手との接点をなくそう


不倫相手とあまり連絡を取り合わなくなったら、相手に関するものは処分してしまいましょう。もちろん連絡先も携帯の電話帳や履歴は削除、はがきや手紙なども徹底的に処分します。

電話番号やメールアドレスを変えてしまえば、相手からの連絡を受け取ることもなくなりますね。場合によっては引っ越しも必要になるかもしれません。これは自分のためだけでなく、相手のためでもあります。

もし誘惑に負けて連絡してしまったりしたら、あなたは「1回だけ」のつもりでも、相手に変に期待を持たせてしまいかねません。

不倫である以上別れは避けては通れないもの。お互いに大事にしなければならない家族や取り戻せない時間があるのですから、心を鬼にして誘惑を振り切ってください。

 

相手のプライドを守ろう


不倫の別れ方で一番気を付けなければならないのは、相手のプライドを傷つけること。たとえば、「家族が大事だから別れて」と言えば、不倫相手のことは大事でもなんでもなかった、という意味に受け取られてしまい、一気に相手が不倫の犠牲者になった感じが出てしまいます。

相手があなたに敵対心を持つようになると、二人の関係を多くの人にばらまいたりと泥沼化の様相を呈してきますので、気持ちを逆なでするような言動は避けてください。特に、相手の気に入らない部分を不倫の別れの理由にするのは止めましょう。

 

不倫の原因を見つけ、その問題と向き合おう


あなたに配偶者がいる場合、その関係に何かしら不満があって不倫を始めたのかもしれませんね。夫や妻が自分のことを顧みない寂しさから不倫に走ったり、夫や妻以上に不倫相手との相性が良いと感じたりしているのかもしれません。

でも、そんなことをしていても何の解決にもなりません。配偶者との関係を改善する努力をせず外に快楽を求めても、しょせんそれは不倫の関係。隠し事のドキドキ感や配偶者への当てつけで、不倫相手との関係にのぼせ上っているだけなのかも。不倫相手と別れる際は、自分の中の問題に向き合って解決していく決意も必要です。

でないと、せっかく不倫を解消してもまた一時の気の迷いでよりを戻したり、新たな不倫相手を探すことになってしまいます。気持ちを強く持ち、自分の抱えた問題から逃げないようにしましょう。

 

いかがでしょうか。不倫での別れ方は普通の恋愛の場合とは異なる、ということが分かりましたね。不倫の関係と一言で言っても、ケースバイケースで皆少しずつ立場や状況が違っています。

でも2つだけ、確実に言えることは「不倫は悪いこと」と「不倫で悲しむ人がいる」ということ。あなたにはそんな気はなくても、その行為が誰かを傷つけ不幸にしている。それが不倫というものなのです。

今現在、不倫関係を改め別れを告げるべきか迷っているのなら、その関係はそろそろ潮時かもしれません。誰にも言えない関係をこそこそと続けるのではなく、誰からも祝福してもらえるパートナーを探し、また現在のパートナーとの関係を深めていけるようにしていきましょう。

まとめ

不倫関係を穏やかに解消するには

・ 不倫の「終わらせどき」を見極めよう
・ 接する時間と回数を減らそう
・ 相手との接点をなくそう
・ 相手のプライドを守ろう
・ 不倫の原因を見つけ、その問題と向き合おう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c